赤ちゃんの洗濯物はいつまで別にする?正しい洗濯方法と洗剤・柔軟剤の使い方

No.249更新日付:2024年7月16日

赤ちゃんの衣類の洗い方について、普段通りの洗濯方法でいいのか迷ったことはありませんか?赤ちゃんの肌はとてもデリケートで、少しの刺激でもトラブルが起きやすいもの。そのため、赤ちゃんの衣類の洗濯方法には注意すべきポイントがあります。

この記事では、赤ちゃんの洗濯物を他の家族の洗濯物と一緒に洗うべきか、別にするべきかについての疑問に答えます。また、洗剤や柔軟剤の選び方、赤ちゃん特有の汚れの落とし方、そして肌トラブルを防ぐための洗濯のコツについても詳しく解説します。正しい知識を身に付けて、大切な赤ちゃんの肌を守りましょう。

この記事でわかること

  • 赤ちゃんの洗濯物をいつまで別洗いするか
  • 赤ちゃんの洗濯物を別に洗う理由
  • 赤ちゃんの衣類の正しい選択方法
  • 赤ちゃんの洗濯物を大人の物と一緒に洗う場合

赤ちゃんの洗濯物はいつまで別にするべき?

赤ちゃんの衣類を他の家族の洗濯物と一緒に洗うかどうかは、多くの親が悩むポイントです。ここでは、赤ちゃんの洗濯物を別にするべき理由、家族の洗濯物と一緒に洗う場合の注意点、そして具体的にいつまで別にするのが良いかについて詳しく説明します。

赤ちゃんの洗濯物を他の家族と分けるべき理由

赤ちゃんの肌は大人や他の家族に比べて非常にデリケートです。そのため、赤ちゃんの衣類は他の家族の洗濯物と分けて洗うことをおすすめします。以下に、赤ちゃんの洗濯物を分けるべき理由をいくつか挙げます。

理由①肌トラブルの予防

赤ちゃんの肌は敏感で、洗濯物に残る洗剤や柔軟剤の成分によって肌トラブルが起きやすいです。大人用の衣類には香料や化学物質が含まれていることが多く、これが赤ちゃんの肌に刺激を与える可能性があります。赤ちゃんの衣類は専用の洗剤を使用し、他の家族の衣類とは分けて洗うことで肌トラブルを予防できます。

理由②衣類の清潔を保つ

赤ちゃんの衣類は頻繁に汚れるため、特に清潔に保つことが大切です。他の家族の衣類と一緒に洗うと、外出時に着いた汚れやバクテリアが移ってしまう可能性があります。また、赤ちゃん用の衣類には有害な化学物質の基準が厳しく設定されていますが、大人の新しい衣類にはこれらの物質が含まれている場合があります。特に新しい衣類は、赤ちゃんの衣類と一緒に洗わないほうが安心です。

理由③洗剤の使い分け

赤ちゃんの衣類には、刺激の少ない洗剤を使用することをおすすめします。赤ちゃんの肌は大人よりも敏感なので、赤ちゃん用の洗剤は特別に作られています。大人の衣類と一緒に洗うと汚れの種類や量が異なるため、赤ちゃん用洗剤の効果が十分に発揮されないことがあります。専用の洗剤を使用して赤ちゃんの肌に優しい洗濯を行うためにも、衣類を分けて洗うのがいいでしょう。

目に見えないバクテリアや洗剤などの成分が問題なんだね!赤ちゃんに直接触れる物だから、安心安全に管理してあげたいですね♪

家族の洗濯物と一緒に洗う場合の注意点

赤ちゃんの衣類は分けて洗うのがおすすめですが、様々な事情で難しい場合もあると思います。赤ちゃんの洗濯物を他の家族の衣類と一緒に洗う場合は、以下の注意点を守るようにしましょう。

  • 肌に優しい洗剤を選ぶ

洗剤は、赤ちゃんの肌に優しいものを使用してください。家族の洗濯物と一緒に洗う場合は、特に汚れがひどいものや新品の衣類だけ事前に取り除き、赤ちゃん用の肌に優しい洗剤を使って洗いましょう。一般的な洗剤よりも刺激が少なく、香料や着色料が含まれていないものがおすすめです。家族全員の衣類に使用する洗剤を赤ちゃん向けのものに統一することで、肌トラブルを避けることができます。

  • すすぎをしっかり行う

洗濯時には、すすぎをしっかりと行うことが重要です。洗剤の残留物が衣類に残らないように、通常よりも多めにすすぎを行いましょう。洗剤が赤ちゃんの肌に直接触れるリスクを減らすことができます。

  • 洗濯機の清潔を保つ

洗濯機自体も定期的に掃除し、清潔を保つことが重要です。洗濯槽に汚れやカビが付着していると、洗濯物にそれが移ってしまう可能性があります。洗濯機を清潔に保つことで、赤ちゃんの衣類をより安全に洗うことができます。

赤ちゃんの洗濯物を別にするのはいつまで?

赤ちゃんの洗濯物を別にする期間については、明確な決まりはありませんが、一般的には新生児から、肌が強くなる1歳~2歳頃まで分けて洗うことが推奨されています。肌の状態や個別の環境に応じて、親が判断することが大切です。

赤ちゃんの肌が少しずつ強くなり、洗剤や柔軟剤に対して問題がなくなったと感じたら、家族の洗濯物と一緒に洗うことを検討しても良いでしょう。ただし、常に赤ちゃんの肌の状態に注意を払い、肌トラブルが発生した場合は再び分けて洗うことをおすすめします。

2歳頃まで別洗いした方が良いというのは期間としても長いと思われた方も多いかもしれませんね。お子さんの肌トラブルなどを確認してあげるようにしましょう♪

赤ちゃんの衣類の正しい洗濯方法

赤ちゃんの衣類は、ミルクや食べこぼしなどでどうしても汚れやすいものです。ここでは、赤ちゃん特有の汚れの落とし方や刺激の少ない洗剤の選び方、そして柔軟剤の使用について、詳しく解説します。正しい洗濯方法で赤ちゃんの衣類を清潔に保ちましょう。

赤ちゃん特有の汚れの落とし方

赤ちゃんの衣類は、食べこぼしやよだれ、ミルクの吐き戻しなどでよく汚れます。これらの汚れは、放置すると取れにくくなるので、早めの対応が大切です。以下に、赤ちゃん特有の汚れを効果的に落とす方法を紹介します。

  • ミルクやよだれの汚れ

ミルクやよだれの汚れは、汚れたらすぐに冷水で軽くすすぐと落ちやすいです。その後、中性洗剤を使って軽くもみ洗いし、通常の洗濯を行います。こうすることで汚れが衣類に染み込む前に取り除くことができます。

  • 食べこぼしの汚れ

食べこぼしの汚れには油分やタンパク質が含まれていることが多いです。まず、ティッシュや柔らかい布で余分な食べ物を取り除きます。次に中性洗剤を直接汚れに塗り、数分置いてからぬるま湯で洗い流します。その後、通常の洗濯を行うことで汚れが落ちやすくなります。

  • うんちやおしっこの汚れ

うんちやおしっこの汚れは、まず固形物を取り除き、冷水でしっかりすすぎます。次に、酵素系洗剤を使って浸け置き洗いを行い、その後、通常の洗濯を行います。酵素系洗剤はタンパク質を分解する効果があるため、これらの汚れを効果的に落とせます。

刺激の少ない洗剤の選び方

赤ちゃんの衣類を洗う際には、肌への刺激を最小限に抑えるために、低刺激性の洗剤を選ぶことが大切です。以下のポイントを参考にしてください。

  • 無香料・無着色の洗剤

香料や着色料が含まれていない洗剤を選びましょう。これらの成分は赤ちゃんの肌に刺激を与える可能性があるため、無香料・無着色のものが安心です。

  • 中性洗剤

中性洗剤は肌に優しく、汚れを効果的に落とします。赤ちゃんの衣類には、特に中性洗剤を使用することをおすすめします。

  • 天然成分の洗剤

天然成分を使用した洗剤も、肌に優しい選択肢の一つです。オーガニック成分を使用しているものや、アレルギー誘発物質が含まれていない洗剤を選ぶと良いでしょう。

柔軟剤の使用はOK?

赤ちゃんの肌が敏感であるため、基本的に柔軟剤の使用は控えた方が良いでしょう。一般的な柔軟剤の主成分は合成界面活性剤で、洗濯後もこれらの分子が衣類に残るように作られています。そのため、赤ちゃんの衣類には使用しないほうが安心です。どうしても使用したい場合は、以下の点に注意して使用してください。

  • 無香料の柔軟剤

無香料の柔軟剤を選びましょう。香料は赤ちゃんの肌に刺激を与えることがあるため、無香料のものが安心です。

  • 使用量を守る

柔軟剤の使用量を守ることも大切です。使用量が多すぎると、衣類に残留物が残りやすくなり、これが肌トラブルの原因になることがあります。

赤ちゃんの肌トラブルを防ぐための洗濯のコツ

続いて、赤ちゃんの肌トラブルを防ぐための洗濯のコツを解説します。洗剤の使用量とすすぎの重要性、乾燥の方法、そして衣類の素材と選び方について学び、赤ちゃんの肌を健やかに保ちましょう。

洗剤の使用量とすすぎの重要性

赤ちゃんの衣類を洗濯する際には、洗剤の量とすすぎがとても大切です。洗剤が多すぎたり、すすぎが足りないと衣類に残ってしまい、赤ちゃんの肌に刺激を与えてしまいます。以下に具体的なポイントを説明します。

  • 適切な洗剤の使用量

赤ちゃんの衣類を洗う際は、洗剤の使用量に気をつけましょう。一般的には通常の半分から2/3程度で十分です。また、低刺激性の赤ちゃん用洗剤を使うことで、肌への影響を抑えられます。

  • すすぎを十分に行う

すすぎの際は、洗剤が衣類に残らないようにしっかり行う必要があります。すすぎを2回行うと、洗剤の残りを確実に取り除けます。特に、赤ちゃんの肌着は肌に直接触れるため、すすぎの回数を増やすと安心です。

乾燥の仕方

赤ちゃんの肌トラブルを防ぐため洗濯後の乾燥方法もチェックしておきましょう。以下にいくつかのポイントを紹介します。

  • 天日干し

天日干しは自然な乾燥方法で、紫外線による殺菌効果も期待できます。太陽の光を浴びることで、細菌やカビの繁殖を防ぎ、清潔な状態を保つことができます。ただし、直射日光が強すぎる場合は衣類が傷むことがあるため、日陰で干すか、短時間だけ直射日光に当てるようにしましょう。

  • 室内干し

雨の日や花粉の多い季節など、外で干すのが難しい場合は室内干しも選択肢の一つです。室内干しの場合は、風通しの良い場所に干すことが重要です。扇風機や除湿機を使って空気を循環させることで衣類が早く乾き、カビの発生を防ぐことができます。

  • 乾燥機の使用

乾燥機を使用する場合は低温設定を選びましょう。高温で乾燥させると、衣類が縮んだり素材が傷んだりする可能性があります。

衣類の素材と選び方

赤ちゃんの衣類の素材選びも、肌トラブルを防ぐためには重要です。以下に、赤ちゃんの肌に優しい素材と選び方のポイントを紹介します。

  • 綿素材

綿素材は通気性が良く、肌に優しいため、赤ちゃんの衣類に最適です。汗を吸収しやすく、肌に刺激を与えないので、肌トラブルを防ぐ効果があります。オーガニックコットンを選ぶと、より一層肌に優しいです。

  • 無添加・無漂白の素材

無添加や無漂白の素材は、化学物質が含まれていないため、赤ちゃんの肌に安心です。化学物質は肌に刺激を与えることがあるので、可能な限り自然な状態の素材を選びましょう。

  • 柔らかい繊維

柔らかい繊維の衣類は、赤ちゃんのデリケートな肌にとって快適です。硬い繊維や粗い素材は肌に摩擦を起こしやすく、肌トラブルの原因となることがあります。衣類を選ぶ際には手触りの良い柔らかい素材を選びましょう。

まとめ

この記事では、赤ちゃんの洗濯物をいつまで別に洗うべきか、そしてその理由や正しい洗濯方法について詳しく解説してきました。赤ちゃんの衣類を清潔に保ち、肌トラブルを避けるための方法について参考になったでしょうか。

これらの知識をぜひ明日からの育児に取り入れ、大切な赤ちゃんの肌を守りながら快適な生活を送ってください。正しい洗濯方法で、赤ちゃんの健やかな成長を支えていきましょう。



#ベビーパーク #キッズアカデミー #TOEZアカデミー #幼児教室 #親子教室 #幼児教育 #知育 #知能教育 #英語育児 #哺乳瓶 #哺乳瓶の消毒 #方法 #衛生管理 #赤ちゃん

「子どもの健康」のことに興味があるなら、こちらの記事もオススメです

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/e632e9d5fda64b5880bd4ca260067361/toddler-pacifier.jpg
子どもの健康

おしゃぶりは平均いつまで使う?使い続けるリスクとやめるための8ステップ

子どもが安心して眠るために使用しているおしゃぶりですが、いつまで使うべきか、また使い続けることでどのようなリスクがあるのか、悩んでいる親御さんは多いでしょう。この記事では、おしゃぶりを使用する月齢の平均と目安、使用し続けることによるリスクについて詳しく解説します。そして、おしゃぶりをやめさせるための8つのステップも紹介します。この記事を通じて、おしゃぶりの使用についての不安や疑問を解消し、おしゃぶりをやめさせるための知識と方法を得ることができます。お子さんの健康と成長をサポートし、安心しておしゃぶりを卒業できるよう、ぜひ参考にしてください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/13595e854f654b179ea72b67bf12df6f/autism-blocks.jpg
子どもの健康

自閉症の赤ちゃんの特徴とは?早期発見のための視線の動きと育児のヒント

自閉症の赤ちゃんを育てている、もしくはその可能性を感じている親や育児関係者にとって、早期発見と適切なサポートはとても大切です。自閉症は早期に発見することで、必要な支援や療育を受ける機会が増え、その子どもの発達を最大限にサポートすることができます。この記事では、自閉症の赤ちゃんに見られる特徴や早期発見のためのポイント、療育や具体的なサポートの方法についても解説します。ぜひ最後まで読んでその子にとって最適な育児方法を見つけてください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/212b7e99b6be4425a54688d576a2fe5f/baby-massage.jpg
子どもの健康

ベビーマッサージで発達をサポートしよう!効果や時期・やり方や注意点を解説

ベビーマッサージという言葉、聞いたことがありますか?ベビーマッサージは、親子の深い絆を育むだけでなく、赤ちゃんの健康と発達に良いとされています。この記事では、ベビーマッサージの具体的な効果や最適なタイミング、基本的なやり方、そして注意点について詳しく解説します。初心者の方でも安心して始められる内容ですので、ベビーマッサージに興味がある方や具体的な方法を知りたい方は、ぜひご覧ください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/d4af2bc80eb347bba890a6bc3f2631da/star-teeth%E2%80%90hardening.jpg
子どもの健康

歯固めはいつからいつまで使う?歯並びへの影響やおしゃぶりとの違い・選び方も解説

赤ちゃんの成長に伴い、小さな歯が生えてくるのは多くの親にとって喜ばしい瞬間です。しかし、赤ちゃんの歯に関するアイテムの一つ「歯固め」は、いつから何のために使うのか疑問に思ったことはありませんか?この記事では、歯固めの基本的な役割から効果、安全な使い方までを詳しく解説します。歯固めに関する疑問を解消し、赤ちゃんのお口の健康を守るためぜひ最後までご覧ください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/f47eca0d70944162a7ea3133ecddffaa/baby%20brushing%20teeth.jpg
赤ちゃんの育児

赤ちゃんの歯磨きはいつから始める?ガーゼや歯ブラシの使用方法や嫌がる時の解決策まで徹底解説!

親にとって、赤ちゃんの健康は何よりも大切です。赤ちゃんに初めて小さな乳歯が生えてきたとき、その成長を喜ぶと共に、歯磨きについての疑問も出てくるのではないでしょうか。この記事では、赤ちゃんの歯磨きをいつから始めれば良いのか、そしてどのようにして進めれば良いのか、分かりやすく説明します。使用するべきツールや、赤ちゃんが歯磨きを嫌がる場合の対処法についてもご紹介。赤ちゃんの歯磨きに関してよくある疑問を解消し、健康な歯を育む第一歩を踏み出しましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/2291b6ac9899493289c1c9758c9aa3af/%E3%82%AB%E3%82%A6%E3%83%97%E6%8C%87%E6%95%B0%E3%81%A8%E3%81%AF%EF%BC%9F%E8%B5%A4%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93%E3%81%AE%E8%82%A5%E6%BA%80%E3%81%AE%E5%88%A4%E6%96%AD%E5%9F%BA%E6%BA%96%E3%83%BB%E5%B9%B4%E9%BD%A2%E5%88%A5%E6%A8%99%E6%BA%96%E5%80%A4%E3%80%81%E8%82%A5%E6%BA%80%E4%BA%88%E9%98%B2%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6%E8%A7%A3%E8%AA%AC%20(1).jpg
赤ちゃんの育児

カウプ指数とは?赤ちゃんの肥満の判断基準・年齢別標準値、肥満予防について解説

健康な体を維持するためには、適切な体重管理が大切です。特に成長期にある赤ちゃんにとって、体重と身長のバランスを見ることは重要な健康管理方法の一つとなります。この記事では、赤ちゃんの健康状態を把握するための重要な指標であるカウプ指数について詳しく解説します。カウプ指数を理解することで、赤ちゃんの健康管理に役立てていきましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/bd7fa0f925b242eb977655d9720be0b3/img01%20(5).jpg
その他

「低身長症」って本当ですか?~情報に振り回されすぎない判断を~

「低身長症」という言葉を最近よく目にするようになりました。我が子の伸長が健全に伸びてほしいというのは、すべての親に共通する自然な願いだと思います。現在「低身長」とされた子どもに対して成長ホルモンによる治療がおこなわれています。しかし、世間では過剰に「低身長」を心配するあまりに、本当に治療が必要な状況ではない子どもにも、副作用に関するデータが十分とはいいがたい薬を投与しているケースも見受けられます。こちらのコラムでは、「低身長症」にまつわる現状と客観的な事実について掲載しています。過度に心配しすぎず、落ち着いて両親で考えてみる手助けになれば幸いです。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/fd299927b2de49298326a919e85a1518/img01.jpg
その他

気になる子どもの「指しゃぶり」~やめさせるタイミングと注意点について解説~

生後数ヶ月たった頃から見られ始める「指しゃぶり」。指しゃぶりしながら寝ている赤ちゃんの姿はかわいく、ついそのうち直るだろうと思いつつ見とれてしまったりするものですね。いっぽうで子どもの歯並びや言語の発達に影響すると聞き、心配になるお母さんも多いと思います。こちらのコラムでは、子どもの「指しゃぶり」について、いつから始まるのか、どのような影響が子どもにあるのか、やめさせる際の注意点ややめさせるべき時期など詳細に解説しています。子どもの「指しゃぶり」について気になる方はぜひ参考にしてみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/2f42c6aa031841a4a966789e6b391195/img01.jpg
1歳~3歳の育児

幼児期における「白砂糖」摂取の弊害について

近年「白砂糖は健康によくない」という記事や評判をひんぱんに目にするようになったと感じます。健康に気を使っている方は、肥満防止のために白砂糖を控えめにしている人も多いと思います。では、特に幼児期の子どもが白砂糖を過剰に摂取するとどうなるのでしょうか? こちらの記事では、特に幼児期の子どもが早い段階から白砂糖を過剰に摂取してしまうことの弊害について、虫歯予防の観点や健康の観点から説明しています。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/77219cd1a960441c97ae07a55ec6bd41/img01%20(8).jpg
その他

子どもの身長を健康的に伸ばすために

近年、日本の平均身長の伸びが止まっている、というニュースをよく目にすることがありますが、子どもの身長を高くしてあげたい、子どもの身長が低くないか心配…、と子どもの身長について何らかの心配や思いのあるお母さまは多いと思います。子どもの身長は遺伝ももちろん大きく関わりますが、生活習慣や環境による影響も大きく、親が適切な生活習慣を子どもに教えてあげられることで、子どもは健康的に成長し身長も伸びていきます。こちらのコラムでは、子どもの身長を健康的に伸ばすために、幼少期から定着すべき必要な生活習慣を4つに大別し解説していきます。

赤ちゃんの育児」の新着記事

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/3306b4dbb5bf438fa8cd6c7291e704eb/baby-bottle-being-sterilized.jpg
授乳・母乳育児

哺乳瓶消毒はいつまでやるべき?殺菌のコツや消毒卒業のタイミングを解説!

哺乳瓶の消毒は、赤ちゃんの健康を守るために欠かせない日常的なケアですが、いつまで続けるべきなのでしょうか?この記事では、哺乳瓶の消毒が必要な理由から、効果的な消毒方法、さらには消毒をやめる適切なタイミングについても詳しく解説します。衛生管理を正しく行うための方法と、安心して育児を楽しむための知識を身につけましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/2946ac13591641c7836736bd5cc63c73/baby-rolling-over-and-looking-happy.jpg
発達段階

赤ちゃんの寝返りはいつ頃から?兆候や注意点・親ができるサポート法も解説

赤ちゃんが初めて寝返りをする瞬間は、親にとってとても感動的な出来事です。寝返りは赤ちゃんの成長の大切なステップであり、その時期や兆候、注意点をよく知ることが大切です。この記事では、赤ちゃんが寝返りを始める一般的な時期や、寝返りをする前のサインについて詳しく説明します。また、寝返りを助けるための具体的な方法や、寝返りを始めたときに親が気をつけるべきポイントについても紹介します。赤ちゃんの成長をサポートするための情報を知り、安心して育児を楽しみましょう!
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/212b7e99b6be4425a54688d576a2fe5f/baby-massage.jpg
子どもの健康

ベビーマッサージで発達をサポートしよう!効果や時期・やり方や注意点を解説

ベビーマッサージという言葉、聞いたことがありますか?ベビーマッサージは、親子の深い絆を育むだけでなく、赤ちゃんの健康と発達に良いとされています。この記事では、ベビーマッサージの具体的な効果や最適なタイミング、基本的なやり方、そして注意点について詳しく解説します。初心者の方でも安心して始められる内容ですので、ベビーマッサージに興味がある方や具体的な方法を知りたい方は、ぜひご覧ください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/d040a4efbe764334953c3cbedc41d95d/baby%E2%80%90sleeping%E2%80%90on%E2%80%90back.jpg
赤ちゃんの育児

赤ちゃんの理想的な睡眠時間は何時間?寝不足のサインや上手な寝かしつけ方法も解説

赤ちゃんの成長と健康に、十分な睡眠は欠かせません。しかし、「赤ちゃんの理想的な睡眠時間は何時間なのか?」、「どのような睡眠リズムを作るのが良いのか?」といった疑問を抱えている親御さんも多いでしょう。この記事では、月齢別の睡眠時間の目安や理想的な睡眠リズムの作り方、赤ちゃんの寝不足のサイン、そして上手な寝かしつけ方法について詳しく解説します。赤ちゃんの健やかな成長に役立つ情報をお届けしますので、ぜひ最後までご覧ください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/76a552ff49164bfda05d696b4bf004de/smiling%E2%80%90baby-wearing-a-hood.jpg
赤ちゃんの育児

赤ちゃんの寝返り返りはいつから始まる?練習のポイントや安全対策を解説

赤ちゃんの成長は驚くべきもので、毎日新しい発見があります。その中でも寝返りができるようになることは、多くの親が待ち望む大きな一歩です。しかし寝返りが出来て嬉しい反面、寝返りしたうつぶせ状態から元の状態に戻る「寝返り返り」はいつからできるようになるの?と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。この記事では、寝返り返りの一般的な時期やその兆候、練習のポイント、安全な環境作りのコツなどを詳しく解説します。ぜひこれを読んで、赤ちゃんの成長のサポートに役立ててください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/0a7f82d57e7547a29abbc71dd3d20615/shy%E2%80%90baby.jpg
赤ちゃんの育児

赤ちゃんの人見知りはいつから始まる?兆候や特徴、対処法を解説

赤ちゃんの成長過程で多くの親が経験する「人見知り」。初めての親にとっては、赤ちゃんの人見知りがいつから始まるのか、またどのように対処すべきか悩むことも多いでしょう。この記事では、赤ちゃんの人見知りの時期や理由、対処法について詳しく解説します。赤ちゃんの健やかな成長を見守るためのヒントになる情報をお伝えしますので、是非最後までご覧ください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/9c331303739840b29fa7dda48d6687f4/baby%E2%80%90with%E2%80%90eyes%E2%80%90closed.jpg
赤ちゃんの育児

赤ちゃんが首を左右に振るのはなぜ?その意味や理由を解説します

赤ちゃんが首を左右に振ると、その行動に戸惑う親御さんも多いでしょう。首を振る行動が激しかったりあまり頻繁だったりすると「首を振るのは異常?」「いつまで続くの?」といった疑問を持つ親も少なくありません。この記事では、赤ちゃんが首を振る理由や注意すべきポイント、対応方法について詳しく解説します。赤ちゃんの首振り行動の背景にある理由をお伝えします。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/9c75fe264a754244a07f627388d36537/zuribai%E2%80%90baby.jpg
赤ちゃんの育児

赤ちゃんのずり這いはいつから?平均的な時期の目安や前兆・練習方法までガイド

赤ちゃんの成長の中で、多くの親が心待ちにするのが「ずり這い」の時期です。ずり這い(ずりばい)は、赤ちゃんが自分の力で移動し始める最初のステップであり、発達の重要な節目です。親として日々赤ちゃんの成長を間近で見ていると、「ずり這いはいつから始まるのか?」、「お座りとどちらが先なのか?」、「早い子と遅い子の違いは?」といった様々な疑問が出てくるのではないでしょうか。この記事では、ずり這いの平均的な時期やその前兆、ずり這いをしない場合の練習方法などについて詳しく解説します。これを読んで、赤ちゃんの成長に関する不安や疑問を解消し、自信を持ってサポートできるようになりましょう!
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/50ec53247f10477291dff6d42d6c9085/breast-milk-jewelry.jpg
赤ちゃんの育児

乳児の断乳マニュアル!赤ちゃんもママも快適なやり方とタイミングを解説

断乳は母親にとって大きなチャレンジであると共に、赤ちゃんの成長にとっても重要なステップになります。この記事では、断乳の正しいやり方やタイミングについて詳しく解説します。断乳と卒乳の違いから断乳のおすすめ時期や断乳中のママのおっぱいケア方法など、具体的で役に立つアドバイスをお伝えします。断乳をスムーズに進めるためのコツやパパとの協力方法も紹介しますので、初めての断乳に不安を感じているママも安心して実践できる内容です。ぜひこのガイドを参考にして、赤ちゃんと一緒にスムーズな断乳を目指しましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/68a0baf9b99e4bb4838e9e162aa3a147/when-stop-formula-transition-baby.jpg
赤ちゃんの育児

赤ちゃんのミルクはいつまで必要?適正タイミングや量の減らし方などスムーズにやめる方法をご紹介

子育ての中で「赤ちゃんにミルクはいつまで与えるべきか」という疑問を抱える親御さんは少なくないでしょう。特に初めての育児では、ミルクのやめるタイミングや適切なフォローアップミルクの選び方が分からず、不安を感じることも少なくありません。この記事では、赤ちゃんの成長に合わせたミルクの与え方や、スムーズにミルクを卒業するための方法をわかりやすくご紹介します。赤ちゃんの成長に合ったミルクのあげ方を理解し、安心して次のステップに進むことができるようになるでしょう。
ベビーパークは
育児がもっと楽しくなる
親子教室です
「親⼦の絆」をテーマにした
ママ・パパのための教室

レッスン開始のお歌とごあいさつ。英語の歌を聞いてる!こうやって日常の中に英語を盛り込む事が大切なんですね!

叱らなくてもすむ育児

3歳までの子供を叱ることは百害あって一利ありません。ベビーパークで育った子供たちは叱らなくても良いのです。叱る必要がないのです。

3歳までの心や脳に
最適な育児法

3歳までの環境でお子様の土台ができあがります。言葉を話す能力も、自分の気持ちをコントロールする能力もこの期間にほとんど形成されます。

全国の教室を探す

ベビーパーク、キッズアカデミーは全国に

200教室

(2024年5月時点)

都道府県で探す

北海道・東北エリア
関東エリア
中部エリア
近畿エリア
中国エリア
四国エリア
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
九州・沖縄エリア
無料体験レッスン
受付中!

期間限定で0円(無料)にて
体験レッスンが受講できます

1
オンライン体験前説明会

約30分

0~3歳児教育の秘密や、レッスン内のアクティビティの意味について、お伝えいたします。事前に目的を知った上でアクティビティを⾏うと、その効果は素晴らしいものになります。

2
教室でのレッスン

約50分

実際に生徒さまが通われている本レッスンのクラスに参加いただき、約10分のマザーリングと約40分のレッスンをお楽しみいただきます。
マザーリングでは月齢毎の育児知識が学べます。フルレッスンでは、知能・身体・心の発達に働きかける様々なアクティビティを体験できます。

まずは体験してください。楽しい無料体験レッスン受付中♪ レッスン料最初の2ヵ月無料。入室金無料。無料体験レッスンを詳しく見る

※1 初めご入室頂く方。または退室から6ヵ月を経過して再入室される方が対象。4ヵ月目末まで通室いただく事が条件となります。
※2 体験終了当日に入室意思を頂戴した方が対象。

ベビーパーク
公式LINEアカウント

ベビーパーク
公式Instagram

公式YouTubeチャンネル

ベビーパークのYouTubeチャンネルでは、育児に関する情報や通われているお母さまのインタビューなどをアップしております。