育児で疲れてイライラ…育児ストレスへの対処法について③

No.94更新日付:2024年4月10日

子育てをしていると、なかなか言うことを聞いてくれなかったり、思い通りにいかないことも多くて、ついイライラしてしまったり感情的になってしまったりするものです。「こんな子かわいくない」「こんな子いらない」などといった気持ちになってしまい、そんな自分にまたショックを受けてしまったり、という話も実はよく聞きます。

こちらの記事では、コラムNo.92「育児で疲れてイライラ…育児ストレスへの対処法について①」、コラムNo.93「育児で疲れてイライラ…育児ストレスへの対処法について②」でお伝えした内容をもとに、より具体的なシチュエーションもまじえて、イライラせずに子どもへの理解を深めるための方法を記載しています。

6歳未満の子どもは「人間以外の不思議な生きものだ」と考え対応する

今回は「どうしてこんなことするの!」という言葉に集約できる、子どもの行動にイライラさせられる時の対応策を見つけていきましょう。

6歳未満の育児においてこの考え方は非常に重要なので、ベビーパークでのいろいろなテーマのマザーリングでも折にふれて何度もくり返しますが、どうか「6歳までの子どもは、まだ人間未満の存在だ」「人間以外の別の不思議な生きものだ」と考えてください。

もちろん比喩的な意味ではありますが、そう心得ていたほうが適切な育児の核心に近づきやすいのです。

具体的なシーンをイメージしていきましょう。
泣きやまない。引き出しの中身を出してかたづけない。周囲の物を投げる。部屋中を走り回る。指をしゃぶる。人を叩く。保育園に行きたがらない。抱っこばかりせがむ。2歳前後でもおっぱいをひんぱんに欲しがる…。

このようなことは、大人の常識に当てはめればすべて「困った行動」です。そのため、お母さんたちは「どうしてこういうことをするの!」と困り、それをやめさせる方法を一生懸命考え、悩みます。

子どもの行動を「やめさせる方法」は考えない

しかし、子どもの行動をやめさせたい時には「やめさせる方法」を考えようとしてはいけないのです。

小さい子どもは決して「相手を困らせよう」などとは考えたりしません。そして子どもの行動には必ず何か「目的」や「原因」があります。ですからやめさせる方法を探すのではなく、「この行動の目的はなんだろう?」「この行動の原因はなんだろう?」と純粋に考えることが一番大切です。

子どもの行動を叱りつけてやめさせようとすることは、例えばお腹が痛い時にその原因を取りのぞくことをせずに痛み止めだけ飲ませてごまかすのと同じことなのです。根本的な解決にはなっていませんので薬が切れたら何度でもくり返します。

小さい子どもは、自分の行動によって他人が困るということをほとんど理解できません。
2歳くらいの子ならば理解できているように見えるかもしれませんが、それはまったく大人のように論理的にわかっているわけではありません。

子どもの行動の原因や目的を考え、子どもの行動を分類してみる

子どもの行動を「困る」と感じた時には、なぜこの子がそういう行動をしているのか原因や目的を真剣に考えてみてください。そしてまず、その行動が子どもにとって「楽しそうであるか」それとも「不愉快を訴えるものであるか」のどちらかに分類してみてください。

楽しそうであれば、その行動は子どもの能力を伸ばすために必要なことであり、何らかの能力を大きく育てています。ですから、子どもがその行動をしても周囲を困らせない環境を親が作ってあげるのが最良です。

不愉快そうであれば、それは一生懸命何かを訴えています。何を訴えているのか子どもの心の声を聞き取れるように心を傾けてあげましょう

楽しそうな時も、不愉快そうな時も、常に子どものことを「まだ見たことのない不思議な生きもの」だと考えてください。

「大人」の思いこみや先入観を捨てて、子どもの様子を見る

大人の常識や思いこみによる先入観を捨てるようにしてください。

楽しそうな時、子どもの行動のほとんどは「本能を満たすための行動」です。そのほとんどが「探求反射」か「模倣反射」か「身体発達を促進する行動」です。例えば、周囲のものを手当たり次第に口に入れてヨダレをたらしているときにも、「お腹がすいたのね」などとは絶対に決めつけないようにします。

私たちとは違う生き物なのです。
そう考えれば「ああ、周りのものを調べているのね」とわかりますね。口に入れて調べているのです。ですから、何でも口に入れる行動が見られる時期は、次から次へと新しい様々な品物と出会わせてあげることが、知能発達を促進します。

もちろん、ただ与えるだけよりも親御さんがそばでものと言葉を結びつけたり、物の使い方を見せてあげる方が子どもの経験はさらに深まります。

やがて、子どもの概念と獲得済みの言葉に「食べ物」というカテゴリーが明快に意識された時、子どもはもう食べ物以外はほとんど口に入れなくなります。大体1歳3ヶ月ごろが目安でしょうか。

子どもが物を投げる時は「投げる」という身体機能がグングン発達している証拠です。ですから、この時期こそ「投げる」という動作を積極的に経験させてあげる適期なのです。逆に投げることを叱ることは「投げる」という動きの楽しみを子どもの人生から奪うことになりかねません。

やってはダメなことは、「行動による習慣づけ」で教える

しかし、投げてよいもの・悪いもののしつけはしっかり与えたいですよね。この時期は言い聞かせるという方法は得策ではありません。

「行動による習慣づけ」がすべてなのです。
ですから、投げてよいものを常にお子さまの周辺に置いておきましょう。柔らかいボール、お手玉、柔らかい材質でできたフリスビーなど、ほかにもいろいろ考えられますね。

そして、ここがベビーパークの「叱らない育児」のポイントになるのですが、投げてはいけないものについては、子どもにそれを投げるという経験をさせないことが重要です。そのためには、子どもがものを投げようとする時期お母さんができる限り子どもの近くにいて、投げてはいけないものを投げようとした時に優しくガードして投げさせないことです。怖い顔ではなく、満面の笑顔でおこなってあげてください

子どもの動きをよく見ていれば、投げるかどうか?は簡単に見抜くことができます。お母さんがそれを静止できるタイミングで止めるのです。ギリギリまで待っても止められる人は、本当に投げるギリギリで止めれば大丈夫です。そこまでギリギリは無理…という人は、子どもの腕が投げるモーションを起こした段階で腕の動きを止めてあげればよいです。

それも難しいという人は、子どもが投げたら困る何かを手にした時点で、優しく取りあげる方法を使いましょう。無理やり奪うのではなく、抵抗を感じさせないように一瞬でスムーズに取りあげるテクニックを習得しましょう。

もしも家庭の事情が許すならば、「子どもの手の届く位置に小物が一切ない部屋」を一部屋作れたら理想的です。大型家具はあっても構いませんが、子どもが片手で持ち上げられるような小さいものを一切置かない部屋を作るのです。

お母さんが子どもにピッタリついてあげられない時には、この部屋に安全なものだけ持ちこんで自由にさせておけばよいのです。

疲れた時にはこの部屋で子どもを自由にさせて、お母さんは同じ部屋のドアの前で横になって子どもが出られないように封じこんでしまえばよいでしょう。

子どもは全力で親にメッセージを送っている

泣いている時、ぐずっている時、叱る理由はどこにもありません。
子どもは全力であなたにメッセージを送っているのです。言葉でうまく表現できない気持ちを一生懸命伝えてコミュニケーションを図ろうとしているかわいい子を、どうして叱る必要があるでしょうか。

子どもの様子をたくさん観察することでメッセージが見えてくる

不快の感情を表に表さず心に溜めこむような悪習慣をつけるほうが、よっぽど子どもの将来によくないのです。子どものメッセージを正確に受け取れる技術を日々磨いていきましょう。そのためには、子どもの様子を少しでも多く観察していることです。そして子どもと同じ経験を共有することです。

子どもの感覚が理解できないのは、人生の経験量の違いによるもの

最初に子どもを「人間以外の不思議な生物」と思ってほしい、とお伝えしました。それは子どもの感覚が大人の感覚とは大きく違うからです。しかし、結局は大人も子どもも「自分がそれまで経験した範囲内」で新しい出来事を処理しようとするから、その経験量の違いが感覚の違いとなるだけなのです。

子どもの様子を観察していれば、子どもの行動の目的や原因は、数十時間以内に経験していることの中から推測できることがわかってきます。大人の常識を捨てて、子どもが短期間のうちに経験したことのみを材料に考えてみると、案外すぐに子どもの気持ちが理解できます。

まとめ:子どもの様子をたくさん観察することで、子どもの気持ちが見えてくる

正しい育児のヒントは、育児書ではなくすべて我が子の中に隠されています。基本的には子どもが笑顔で喜んでいる時、その事柄は正解です。子どもが不快を示している時、それは望ましくない事柄です。

子どもが快感や喜びを表していることはできる限り与えてあげられる工夫をし、不快を示していることは取りのぞいてやるようにします。この感覚を十分に身につけると、日常生活において我が子に腹が立つ出来事の数は相当数減ることになるでしょう。

「育児ストレスの対処」のことに興味があるなら、こちらの記事もオススメです

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/5461c7520a3c42a290d07d39f3e2b56e/NO206-%E2%91%A0.jpeg
その他

「育児ノイローゼ」ってどんな状態? なりやすい人の特徴や、予防法などをご紹介

妊娠中は、近い将来に生まれてくるお子さまのことを想って色々と考えをめぐらせたり、幸せで楽しみなものですよね。ところが実際に子どもが生まれてみると、産後の疲労とダメージのピークの中でいきなり初めての授乳や抱っこ、寝かしつけにトイレの世話と、想像を大きく超えるようなハードな毎日になってしまいます。 じゅうぶん眠ることもできないような怒涛の毎日のなかで、「こんなに子育てって大変なの?」「こんなはずじゃなかった」と、泣きたくなるような気持ちになったことのあるママは多いのではないかと思います。 赤ちゃん時代が終わっても、子育ては毎日想定外の出来事との遭遇の連続です。そんな中で気持ちがまいってしまったり、イライラしたりで、「私って育児ノイローゼなのかな?」と悩まれているお母さんも多いと思います。 こちらのコラムでは、そんな「育児ノイローゼ」について、どんな症状がみられたら要注意なのか、また予防策やなってしまった場合の対処法などをまとめています。「育児ノイローゼ」が疑われる場合、事情は色々あれど「頑張らない」ことがまず大切です。なるべく気持ちを穏やかにできるように、まずはこちらのコラムを無理のない範囲で読んでみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/1630746014464216b4be36e2d79741b6/img01.jpg
3歳~6歳の育児

もしかして育児ノイローゼ? 子育てに疲れたら~肩の力を抜く方法~

毎日家事に育児に、人によっては仕事にと世の中の親御さんはとても頑張っています。子どもは手がかかるし、家事は満足にできないし、休みの日も自分の時間はないし…本当に大変ですよね。でも、できない事ばかりに目を向けていると、どんどん気持ちが落ち込んでしまいます。上手に肩の力を抜いて、リフレッシュしましょう。こちらのコラムでは、育児に疲れたとき、育児ノイローゼになりそうな時に、上手に手と肩の力を抜くためのコツについて解説していきます。お父さん、お母さんが元気に笑顔でいてくれることが、子どもには何より嬉しいことですよ。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/d1d80ed085364a09ac8202bccb14c295/img01.jpg
その他

「ママ友」の存在がもたらすメリットと上手な付き合い方について

皆さまは「ママ友」と聞くとどのようなイメージをお持ちでしょうか? インターネットの検索で見ると「面倒くさい」「トラブル」などといったワードともに検索されていることが多いようで、どちらかというとネガティブな話題が多いように思われます。しかし、子育てをしていくにあたって「ママ友」の存在はとても心強いものにもなります。こちらのコラムでは、「ママ友」がいることのメリットや、上手な付き合い方について解説していきます。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/628b0f3d737346878022f7878fdb29c4/img01.jpg
その他

育児で疲れてイライラ…育児ストレスへの対処法について②

子育てをしていると、なかなか言うことを聞いてくれなかったり、思い通りにいかないことも多くて、ついイライラしてしまったり感情的になってしまったりするものです。「こんな子かわいくない」「こんな子いらない」などといった気持ちになってしまい、そんな自分にまたショックを受けてしまったり、という話も実はよく聞きます。こちらの記事では、コラムNo.92「育児で疲れてイライラ…育児ストレスへの対処法について①」でご説明した感情をコントロールする3つのポイントのうち、残り2つについて説明していきます。もし、まだコラムNo.92「育児で疲れてイライラ…育児ストレスへの対処法について①」が未読でしたら、そちらから順番に読んでみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/ff0f8081a6c94955a966d9a957fee595/img01.jpg
その他

育児で疲れてイライラ…育児ストレスへの対処法について①

子育てをしていると、なかなか言うことを聞いてくれなかったり、思い通りにいかないことも多くて、ついイライラしてしまったり感情的になってしまったりするものです。「こんな子かわいくない」「こんな子いらない」などといった気持ちになってしまい、そんな自分にまたショックを受けてしまったり、という話も実はよく聞きます。こちらの記事では、子育てを通じた感情のコントロールの方法について、短めのコラムで3回にわたって説明しています。まずこちらの記事を読了後、コラムNo.93「育児で疲れてイライラ…育児ストレスへの対処法について②」コラムNo.94「育児で疲れてイライラ…育児ストレスへの対処法について③」についてもよかったらご確認くださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/e7f70693256349eeac899832963e44da/img01.jpg
その他

子育てを成功させる夫婦のコツ

子どもが生まれるまでは仲良しだった夫婦が、子どもが生まれてからすっかり仲が悪くなってしまった、という話はよく聞くものです。出産、子育てと家庭環境が激変するなかで、お互いの歩み寄りがうまくいかず、こんなはずじゃなかった…、となりがちです。しかし、育児という大仕事を成功させるにはやはり夫婦の協力が不可欠です。夫婦の子育てに対する考えがしっかりと一枚岩である事は、かわいい子どもの成長にも大きく影響します。ここでは、子育てをよりよい成功に導くために夫婦はどのようにあるべきか、また良好な夫婦の子育てに対する姿勢を維持するための「コツ」について説明していきます。

その他」の新着記事

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/4defe3467990434f9c72f46d38e8a3c5/2%E4%BA%BA%E7%9B%AE%E3%81%AE%E5%AD%90%E4%BE%9B%E3%82%92%E6%8C%81%E3%81%A4%E3%81%8B%E6%82%A9%E3%82%80%E6%96%B9%E5%BF%85%E8%A6%8B%20(1).png
その他

2人目の子供を持つか悩む方必見!悩みの理由や一人っ子との違いも解説

多くの家庭で、2人目の子供を持つかどうかは大きな悩みの一つです。1人目の子育て経験を経て、2人目も欲しいけれど、再び新しい命を迎える準備ができているか、経済的、精神的な準備は整っているか、といった不安を感じる方も少なくありません。この記事では、2人目を持つことに悩む理由とその解消法に焦点を当てて、探っていきます。2人目の子供を持つか迷ったら、ぜひ悩み解決のヒントにしてみてください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/43045a81e4ea492187c0ed55686e78ac/%E6%8C%87%E3%81%97%E3%82%83%E3%81%B6%E3%82%8A%E3%81%AF%E3%81%84%E3%81%A4%E3%81%BE%E3%81%A7%E3%81%AB%E3%82%84%E3%82%81%E3%81%95%E3%81%9B%E3%82%8B%E3%81%B9%E3%81%8D%EF%BC%9F.jpg
その他

指しゃぶりはいつまでにやめさせるべき?原因から歯並びへの影響、やめさせ方まで解説

子供の指しゃぶりは、親にとってよくある悩みの一つです。この記事では、指しゃぶりの原因から歯並びへの影響、やめさせる方法までを分かりやすく解説します。いつから始まり、いつまで続くのか、そしてどのようにしてやめさせるべきかについて、詳しくお伝えします。この記事を読んで、指しゃぶりへの対処法を学び、お子さんの成長を上手にサポートしていきましょう!
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/5f019f1d12284dc9851f89ebd7b3f578/3%E4%BA%BA%E7%9B%AE%E3%80%81%E7%94%A3%E3%82%80%EF%BC%9F%E8%AB%A6%E3%82%81%E3%82%8B%EF%BC%9F.jpg
その他

「3人目、産む?諦める?」平均年齢からメリットデメリット、経済面まで!悩む方への徹底ガイド

3人目の子供を迎えるかどうか、悩んでいませんか?この記事では、3人目の子供を持つ際の平均年齢、メリット、デメリット、そして3人目を迎えた家庭のリアルな声まで、幅広くご紹介します。この記事を読んで、3人目の子供を産むべきかどうか、悩んでいる方はご自身で決める際のヒントにして下さい。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/5461c7520a3c42a290d07d39f3e2b56e/NO206-%E2%91%A0.jpeg
その他

「育児ノイローゼ」ってどんな状態? なりやすい人の特徴や、予防法などをご紹介

妊娠中は、近い将来に生まれてくるお子さまのことを想って色々と考えをめぐらせたり、幸せで楽しみなものですよね。ところが実際に子どもが生まれてみると、産後の疲労とダメージのピークの中でいきなり初めての授乳や抱っこ、寝かしつけにトイレの世話と、想像を大きく超えるようなハードな毎日になってしまいます。 じゅうぶん眠ることもできないような怒涛の毎日のなかで、「こんなに子育てって大変なの?」「こんなはずじゃなかった」と、泣きたくなるような気持ちになったことのあるママは多いのではないかと思います。 赤ちゃん時代が終わっても、子育ては毎日想定外の出来事との遭遇の連続です。そんな中で気持ちがまいってしまったり、イライラしたりで、「私って育児ノイローゼなのかな?」と悩まれているお母さんも多いと思います。 こちらのコラムでは、そんな「育児ノイローゼ」について、どんな症状がみられたら要注意なのか、また予防策やなってしまった場合の対処法などをまとめています。「育児ノイローゼ」が疑われる場合、事情は色々あれど「頑張らない」ことがまず大切です。なるべく気持ちを穏やかにできるように、まずはこちらのコラムを無理のない範囲で読んでみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/4327889783f0482f9067a4ec8c4e7737/NO199-%E2%91%A0.jpeg
その他

「メンタルリープ」って何?~その意味や起きる時期、親としてできることを解説!~

近年、育児に関する記事やニュースを読んでいると、「メンタルリープ」という言葉を目にする機会が増えています。 「メンタルリープ」とは、赤ちゃんがその成長の過程のなかで、ある時期急速に脳が発達することという意味で、その時期にさしかかると子どもの様子が変わったり、ぐずって不機嫌になったりといったことが起きるといわれています。 こちらのコラムでは、この「メンタルリープ」が起こるといわれている時期や、その時に見られる兆候や親としての対処法などを説明していきます。赤ちゃんの時は身体もそうですが、脳が非常に急速に発達する時期です。お子さまの成長の手助けになれれば幸いです。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/6adff7972f6f4063914c49f6b6186fc4/img01.jpg
その他

子どもの「公園デビュー」について ~いつ始める?注意点などを解説~

子どもの誕生から2ヶ月くらいが経つと、お出かけもできるようになり抱っこひもを使って徐々に親子でのお散歩などを楽しむ機会が増えてきます。公園で遊ぶ子どもたちを見ながら、うちの子の「公園デビュー」はいつにしようかな?と考える機会が増えてくるのもこのくらいの時期からだと思います。「公園デビュー」とは、幼い子どもが初めて公園に行く経験を指します。パパママが子どもを公園に連れて行き、子どもは遊具や自然で遊びだけでなく、お友達との出会いなど多くの体験をします。公園デビューは、子どもの成長と発達にとって重要な一歩であり、様々な面での学びや体験のよい機会となります。こちらのコラムではそんな「公園デビュー」について、いつから始めるのが適切か?、持ち物はどうしたらよいか?、また公園デビューにあたっての注意点などを簡潔にまとめています。子どもにとって公園が楽しい場所となって健康的に育つように、ぜひ参考にしてみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/296dc3ee395e498980f3ac8e281bc9de/img01.jpg
その他

「パパ見知り」って何? ~始まる時期やよくある現象、対策について解説!~

生後半年を過ぎたころから始まる「人見知り」。ママ以外の人と会うのを怖がったり、近づくのをためらったりと、親の立場としては困ってしまう時もあるかもしれません。ただし、人見知りは子どもの成長の証。自分と相手の存在を正しく認識し、他者に対する「恐怖感」を感じるということは、わが子が正常に成長していることの証明でもあります。今回は人見知りの中でも、特にパパに対しての人見知りである「パパ見知り」についてより深く見ていきます。パパを見ると怖がって泣き出したり、抱っこをされると身をよじって避けようとしたりと、パパにとってはショックな「パパ見知り」。こちらのコラムでは、「パパ見知り」によくみられる現象や対処法などを解説していきます。よかったら参考にしてください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/d1d80ed085364a09ac8202bccb14c295/img01.jpg
その他

「ママ友」の存在がもたらすメリットと上手な付き合い方について

皆さまは「ママ友」と聞くとどのようなイメージをお持ちでしょうか? インターネットの検索で見ると「面倒くさい」「トラブル」などといったワードともに検索されていることが多いようで、どちらかというとネガティブな話題が多いように思われます。しかし、子育てをしていくにあたって「ママ友」の存在はとても心強いものにもなります。こちらのコラムでは、「ママ友」がいることのメリットや、上手な付き合い方について解説していきます。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/ba88ac9d4c06417b82022f134deb8223/img01.jpg
その他

子どもの金銭感覚の育て方~幼少期からお金の勉強をする方法とメリットについて解説

昨今の世間を賑わせるお金の絡んだニュースを見て、うちの子どもにはきちんとした金銭感覚を養わせないといけない、と感じている親御さんも多いと思います。お金はよりよい人生を送るためにとても大切な道具の一つでありますが、いっぽうでお金に飲まれてしまったり、お金だけを大切にして道を誤ってしまったり、といった話は枚挙にいとまがありません。とはいえ、いつからどのように子どもにお金について教えてあげればよいのだろう?と困っている方も多いと思います。このコラムでは子どもへの金銭価格、お金の教え方について、始めるべき時期や具体的方法について説明しています。ぜひ参考にしてみてください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/5347c52eaaee41e9af8f94813f3e6adf/img01.jpg
その他

子どもの幼児期からペットを飼うことのメリットと注意点について

幼児期の子どもを持つお母さん、お父さんには、子どものためにペットを飼ってあげたい、と考えている方も少なくないと思います。子どもにとってペットを育てて生活を共にする経験は大きなものです。住宅環境によって制限はあるものの、どんなペットを飼うべきは迷いますよね。こちらのコラムでは、子どもが何歳くらいになったらペットを飼うのが適切か?ペットを飼うことにはどんなメリットがあるのか? ペットと子どもを一緒に育てる事にどんな注意点があるのか?などを解説していきます。ペット選びの前に参考にしていただけますと幸いです。
ベビーパークは
育児がもっと楽しくなる
親子教室です
「親⼦の絆」をテーマにした
お母さまのための教室

レッスン開始のお歌とごあいさつ。英語の歌を聞いてる!こうやって日常の中に英語を盛り込む事が大切なんですね!

叱らなくてもすむ育児

3歳までの子供を叱ることは百害あって一利ありません。ベビーパークで育った子供たちは叱らなくても良いのです。叱る必要がないのです。

3歳までの心や脳に
最適な育児法

3歳までの環境でお子様の土台ができあがります。言葉を話す能力も、自分の気持ちをコントロールする能力もこの期間にほとんど形成されます。

全国の教室を探す

ベビーパーク、キッズアカデミーは全国に

200教室

(2023年8月時点)

都道府県で探す

北海道・東北エリア
関東エリア
中部エリア
近畿エリア
中国エリア
四国エリア
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
九州・沖縄エリア
無料体験レッスン
受付中!

期間限定で0円(無料)にて
体験レッスンが受講できます

1
オンライン体験前説明会

約30分

0~3歳児教育の秘密や、レッスン内のアクティビティの意味について、お伝えいたします。事前に目的を知った上でアクティビティを⾏うと、その効果は素晴らしいものになります。

2
教室でのレッスン

約50分

実際に生徒さまが通われている本レッスンのクラスに参加いただき、約10分のマザーリングと約40分のレッスンをお楽しみいただきます。
マザーリングでは月齢毎の育児知識が学べます。フルレッスンでは、知能・身体・心の発達に働きかける様々なアクティビティを体験できます。

まずは体験してください。楽しい無料体験レッスン受付中♪ レッスン料最初の2ヵ月無料。入室金無料。無料体験レッスンを詳しく見る

※1 初めご入室頂く方。または退室から6ヵ月を経過して再入室される方が対象。4ヵ月目末まで通室いただく事が条件となります。
※2 体験終了当日に入室意思を頂戴した方が対象。

ベビーパーク
公式LINEアカウント

ベビーパーク
公式Instagram

公式YouTubeチャンネル

ベビーパークのYouTubeチャンネルでは、育児に関する情報や通われているお母さまのインタビューなどをアップしております。