【0~3歳まで年齢別】子どもの室内遊びの方法とメリットをご紹介

No.111更新日付:2024年2月13日

天候や体調などの関係で、室内遊びが多くなってしまう時もありますよね。動画を見たり、お気に入りのおもちゃで遊んだりと楽しく過ごす方法はあるものの「ずっと室内で遊んでいてもいいのかな」と心配になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで本記事では、室内でできる遊びとそのメリットを0〜3歳まで年齢別にご紹介します。実は、室内遊びも子どもの成長にとっては欠かせない大切な経験です。この記事を参考に、日常の遊びにプラスで取り入れてみてください。

子どもの室内遊びは、室外遊びと同じくらい大切

室内遊びと室外遊びでは、筋肉や思考の発達に与える影響が異なります。そのため、室内遊びは室外遊びと同じくらい大切です。どちらかだけをおこなうのではなく、両方ともバランスよく取り入れていきましょう。

室内遊びは指先や脳を使っておこなうものが多く、小さな筋肉や柔軟な思考の発達が期待できます。一方で室外遊びは、走ったりジャンプしたりと体を大きく動かすことが多く、大きな筋肉を育てるのに効果的です。

なお室内・室外問わず、遊びの際は親やお友達と一緒に楽しむことで、他者への関心やコミュニケーション能力といった社会性も育ちます。

子どもの社会性について詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にご覧ください。
コラムNo.67「子どもの社会性を育てるために幼児期にできること

0歳児におすすめの室内遊び

0歳児の室内遊びには、マット遊びやリズム遊びがおすすめです。生後6カ月ごろになると、自分で手足を活発に動かせるようになります。ハイハイができるようになり行動範囲も広がるため、自由に動き回る楽しさを味わえるようにしてあげることが大切です。

マット遊びでは、ハイハイして目的のおもちゃを取りに行ったり、傾斜を登ったりします。簡単な遊びではありますが、楽しく動き回りながら体の使い方を学べます。

リズム遊びでは子どもが好きな音楽をかけ、リズムに合わせて自由に体を動かすことを楽しみましょう。

振り付けは決めなくても大丈夫です。親も一緒に楽しむと、子どももより一層楽しく過ごしてくれます。

0歳児が室内遊びをすることのメリット

0歳児が室内遊びをするメリットは、3つあります。

1つめは、両親とのスキンシップを通してお互いの信頼感が高まること。

2つめは、おもちゃや音楽に触れることで五感を育めること。

3つめは、体を動かす楽しさを感じられることです。

体を動かしたり他者と触れ合ったりすることで刺激が加わり、脳や体、感情の発達も促せます。成長が目まぐるしい時期のため、成長の様子に合わせて遊び方を工夫するとよいでしょう。

1歳児におすすめの室内遊び

1歳児におすすめの室内遊びは、玉入れやまねっこ遊び、シール貼りなどです。この頃になると、走ったり投げたりと全身を使って動けるようになります。また「ママ」「ワンワン(犬)」など簡単な単語が言えるようになるなど言葉も多くなるため、好奇心をくすぐるような遊びがいいでしょう。

玉入れでは子どもの手で持てる大きさのボールを用意し、大きめのカゴに向かって投げ入れます。自分の力でボールをカゴに入れることで、子どもは達成感を味わえます。

まねっこ遊びでは、まず親が動物や絵本のキャラクターの動きをまねしてみましょう。親が楽しんでいると、子どもの「やってみたい」という気持ちを引き出しやすいからです。身近な動物や子どもが好きなキャラクターのまねをしてみると、盛り上がります。

シール貼りは、犬や猫、うさぎなど好きなものの台紙にシールを貼り付ける遊びです。指先の運動になるだけでなく、オリジナルの作品作りも楽しめます。

1歳児が室内遊びをすることのメリット

1歳児が室内遊びをするメリットは、指や手、体の動かし方を学ぶことができることと、身近なものに対して興味関心が持てることの2つです。

例えば、シール遊びではシールを貼ったり剥がしたりするなど、指先を動かす力が必要です。またいろんな色のシールを見ることで、色に興味を持つきっかけにもなります。

遊ぶ際のポイントは、身近な物や人に対して「これは何かな?」「どうやって使うのかな」といった興味・関心を持てるよう工夫することです。繰り返し遊んでいるうちに、物の名前や使い方を自然と覚えていくでしょう。

2歳児におすすめの室内遊び

2歳児の室内遊びには、折り紙や紙飛行機、新聞紙遊び、ダンスなどがおすすめです。この頃には、歩く、走るなどの基本的な動きに加え、階段の上り下りといった応用的な動きもできるようになります。また指先もうまく使えるようになってくるため、発達を促せるような遊びを行ってみてください。

折り紙では角を揃えて折ったり、折り目をつけたりと少し細かい作業も意識しながら行うとよいでしょう。うまくできるようになってきたら、好きに折るだけでなく紙飛行機を作って飛ばしたりするより楽しめます。

新聞紙遊びは、新聞紙を好きなだけ子どもにちぎって遊んでもらうというシンプルな遊びです。小さく破った新聞紙は、ままごとに使ったり製作に使ったりできるので、子どもの想像力を活かしながら遊びを発展させることもできます。

ダンスでは好きに体を動かすだけでなく、好きなダンスや親の踊りをまねするのもよいでしょう。さまざまな動きができるようになってくるので、いろんな動作を楽しんでくれるはずです。

2歳児が室内遊びをすることのメリット

2歳児が室内遊びをするメリットは、4つあります。

1つめは、体の発達を促進できること。

2つめは、同じ歳の子と短時間の遊びを楽しめること。

3つめは、自分で遊びに参加する自発性を養えること。

4つめは、ゲームをすることで達成感を味わえることです。

ジャンプしたり小さくかがんだりと体を大きく動かすだけでなく、指先を使った細かい作業も挑戦することで体全体の発達を満遍なく促せます。

また理解力がつき言葉も増えてくるため、しっぽ取りやフルーツバスケットなど簡単なルールのあるゲームもおすすめです。友達に対する興味・関心も持ち始めるため、同じ歳の友達と一緒に遊ぶのもよいでしょう。友達の様子を見て、「やってみたい!」と思う気持ちが芽生えるなど、刺激をもらえます。

3歳児におすすめの室内遊び

3歳児の室内遊びには、手押し相撲やブロック・積み木遊び、だるまさんがころんだ、ごっこ遊びなどがおすすめです。体の使い方や力の入れ方をはじめ、大きい・小さい、長い・短いといった簡単な比較ができたり、空間認知力がついたりする時期だからです。

手押し相撲は、肩幅に足を広げて立ち、手のひらで押し合う遊びです。どちらが先に相手のバランスを崩せるか勝負します。

3歳ごろから見立て遊びもできるようになるため、ブロックや積み木を使って想像力や表現力を育むのもよいでしょう。

「おままごと」といったごっこ遊びも、子どもの言葉や考える力を育てるための大切な遊びです。

「おままごと」がどのように発達に関わるのかを詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。
コラムNo.83「大切な「ごっこ遊び」、2種類のおままごとの遊び方について

3歳児が室内遊びをすることのメリット

3歳児が室内遊びをするメリットは、友達と同じ場所でイメージを共有しながら遊ぶ楽しさを味わえることと、集団生活のルールやマナーなどの社会性が身につくことの2つです。

同じルールやイメージのもとで一緒に遊ぶ体験は、相手の考えや思いに気付いたり、自分の思いを伝えたりするよい機会です。親や兄弟、友達などと一緒に楽しめる遊びを考えてあげましょう。

3歳児の理解力についてもっと知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。
コラムNo.31「3歳児の理解力の目安は?子どもの理解力を伸ばす方法は?

室内遊びで気を付けるべきポイント

室外とは違い、室内という限られた空間だからこそ気をつけなければならないこともいくつかあります。怪我なく思いっきり楽しむためにも、注意するべき点を押さえておきましょう。

ここからは室内遊びで気をつけるべきポイントを3つ説明しますので、室内遊びの際の参考にしてください。

安全に配慮する

室内には棚や机、階段などさまざまな物が置いてあるため、安全面への配慮が必要です。転倒した際に危なくないよう鋭い角にカバーをつけたり、机を移動させたりして安全な環境を整えましょう。

また雨の日には湿度が高まり、床が滑りやすくなります。いつも以上に転倒しやすくなるため、マットやカーペットを敷くなど滑りにくくなるよう工夫してあげてください。

その他にもおもちゃの小さな部品を誤飲してしまったり、テンションが高くなって走り回った結果、友達と衝突してケガをしたりする恐れもあります。誤飲や友達との距離感、危ない遊び方になっていないかは、注意して見るようにしましょう。

子ども同士のケンカやトラブルに注意する

室内遊びでは思いっきりエネルギーを発散させることが難しいため、子どもも徐々にストレスを感じるようになります。その結果、子ども同士のケンカやトラブルも起こりやすくなるのです。

室内でも気分を変えながらいろんな遊びができるよう、室内遊びのレパートリーを増やしておくとよいでしょう。わくわくするような遊びができれば、子どもたちのストレスも軽減できます。

状況に合わせて難易度やルールを変える

一緒に遊ぶ子どもやその時の状況に合わせて、ゲームのルールを変えることも大切です。同じ年齢でも、月齢によってはできることに差が生じたり、ルールの理解が困難だったりする場合があるからです。

また初めてする遊びが難しすぎると、子どもたちは興味を持てません。一般的な遊び方以外にも柔軟にアレンジし、遊びの難易度を調整しましょう。ルールを決める際には、同じ遊びをする子どもたちが理解しやすく、みんなで楽しく遊べるかどうかを考えてみてください。

まとめ:室内遊びは子どもの成長に欠かせないもの

室内遊びは、室外遊びと同じくらい子どもの成長には欠かせないものです。室外遊びでは体を大きく動かすことで大きな筋肉の発達を促しますが、室内遊びでは指先や脳を使って小さな筋肉や柔軟な思考を育みます。また親やお友達と一緒に遊ぶことで、集団行動やコミュニケーション能力といった社会性も身につきます。

室内で遊ぶ時は、安全面や友達とのトラブル、遊びの難易度に気をつけましょう。ケガなく思いっきり楽しめる環境があれば、室内遊びが続いても子どもはストレスを溜めずに楽しく過ごせます。

室内遊びでお悩みの場合は、本記事で紹介した遊びにもぜひチャレンジしてください。年齢や子どもの発達状況に合わせて、さまざまな室内遊びを楽しみましょう。

「遊び・遊び方」のことに興味があるなら、こちらの記事もオススメです

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/091e57e94df54e66a5ce1c8f5fecf936/img01.jpg
3歳~6歳の育児

外遊びで心も体も健康に育てる

お子さまは外遊びをしていますか?子どもの外遊びにはたくさんのメリットがあります。暑すぎたり、大雨が続く日もありますが、天気のいい日にはどんどん外に出て遊びましょう!今回は、外遊びのメリットと年齢別の遊びをご紹介します。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/6cda1cff434f4a2d8c85342f0fb23ea9/img01.jpg
3歳~6歳の育児

お絵描きで脳育しよう! ~子どもがお絵描きをすることのメリットや親の心構えを紹介~

子どもの頃、ノートや教科書のすきまに落書きをしたことはないでしょうか。お絵描きって楽しかったですよね。実は、お絵描きをすることで脳を鍛えられるって知っていましたか? なぜ絵を描くことで脳を鍛えられるのか。その仕組みとポイントをお伝えします。お父さん、お母さんもお子さまと一緒に脳トレしましょう!
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/ae60605965f844a28808d75199e3827d/img01.jpg
3歳~6歳の育児

3~6歳児の室内遊び:簡単な「実験」で好奇心の芽を育てよう

 3歳くらいになると、「なんで?」と聞いてくることが多くなります。それは、知能が発達してきた証拠。子どもが身の回りのことに興味を持ち始めたタイミングで、さまざまな体験をさせてあげることが大切です。今回は、自宅で簡単にできる実験を年齢別にご紹介します。お父さん、お母さんも一緒に楽しみながら、たくさんの発見をさせてあげましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/33fb7379381744aa9a5f1aa3ceb981f9/img01.jpg
3歳~6歳の育児

雨の日も!【年齢別】室内でもできる運動遊び

雨や暑さが続くと、外に出るのが億劫になってしまいますよね。でも、おうちの中でゴロゴロテレビを見ているだけではお子さまのエネルギーを発散できなくて、夜なかなか寝てくれません。お絵描きも、粘土遊びももう飽きた。つまんない!となってしまったら、おうちの中で体を動かして遊びましょう。ストレスも発散できて、体力もつき、夜もしっかり寝てくれる。3~6歳児向けの一石三鳥の室内遊びをご紹介します。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/fd90222c444344f3895ccaba638c4bee/img01%20(19).jpg
赤ちゃんの育児

0歳児との遊び方がわからない…具体的な遊び方や注意点をご紹介!

出産して赤ちゃんとの生活が始まると、「たくさん遊んであげたい!」と思う一方で、授乳やオムツ替え、寝かしつけなどで1日があっという間に過ぎていきます。「あまり赤ちゃんと遊んでないような気がする」「赤ちゃんの成長は大丈夫かな」と不安になってしまうママも多いです。とくに0歳児は泣いていることも多いので、機嫌の良いときにたくさん遊んであげるとよいでしょう。そこで、意思の疎通がまだまだこれからの0歳児と、どういう遊びをしたら良いのか悩んでいるママに向けて、具体的な遊び方や注意点をご紹介します。ママとの遊びは、0歳児の成長にとってとても大切な経験になります。ぜひ参考にして、日々の暮らしに取り入れてみてください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/bd2134052fe04833a76373f3ade61b45/img01.jpg
1歳~3歳の育児

大切な「ごっこ遊び」、2種類のおままごとの遊び方について

子どもはだいたい1~2歳から「ごっこ遊び」を始めるものです。この「ごっこ遊び」は、想像力や表現力、言葉の発達など子どもの成長にとって非常に重要であるといわれています。この記事では特にごっこ遊びの典型である「おままごと遊び」に特化して、年齢ごとの「おままごと遊び」の特徴と、「おままごと遊び」をつうじて伸ばせる子どもの能力について、具体例をまじえながら解説していきます。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/7b9eab319c19455995668b1eb6b1827b/img01.jpg
1歳~3歳の育児

幼児期の「遊び」のみちすじ~「ごっこ遊び」など年齢別の必要な遊びとは~

子どもの「遊び」について、様々な意見を目にすることが増えています。近年では、コロナ禍での子どもの遊びの機会の減少や、騒音などの問題による自由に遊べるスペースの縮小など、どちらかというとネガティブなテーマで子どもの遊びについて取り上げられているニュースが多い印象です。いうまでもなく子どもにとっての「遊び」は勉強であり人生経験であり、子どもたちは遊びを通じて社会性や思いやりを身につけていきます。こちらのコラムでは、特に0歳から2歳の乳幼児期に必要な遊びの「みちすじ」と、その際に親として気をつけておくべき心がけについてまとめています。ぜひ最後まで読んでみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/7fa97bd71f244962bbe0d07f143cc476/img01%20(5).jpg
1歳~3歳の育児

ごっこ遊びを通じて身につく力は?年齢別おすすめのごっこ遊びを紹介

子どもが好きな遊びのひとつが「ごっこ遊び」です。時代が変わっても無くなることのない、遊びの定番ともいえるごっこ遊びですが、実は子どもの成長にとって非常に大切な役割をもっていると言われています。今回はそんなごっこ遊びについて詳しく解説します。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/ee54ab2c8f0e4675b6346cfd58a025a2/img01%20(3).jpg
赤ちゃんの育児

【時期別】親子で楽しめる0歳児遊びの種類や注意点を紹介

0歳児はまだまだ自分でできることが少ないため、「子どもと一緒にどのような遊びをしたらいいのか」と悩んでいる保護者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで本記事では、親子で楽しめる0歳児の遊びの種類や注意点をご紹介します。0歳と一口にいっても、子どもの成長具合は月齢によって大きく違うため、時期別でおすすめの遊びをまとめました。子どもの成長に合わせた遊びをおこなうために、ぜひ参考にしてください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/54505d78d27546fdad3df1da1a99e7d9/img01.jpg
1歳~3歳の育児

幼児期において遊びは発達に大切!効果やポイントについて紹介

幼児期は遊びを通してさまざまなことを学びます。運動機能の基礎を形成したり、自発力や認知能力、創造力、社会性を育んだりなど、幼児の心身の健やかな成長を促すためには、遊びの時間を十分確保することや、特定の遊びばかりでなくさまざまな遊びを取り入れること、年代や発達段階に合わせた遊びを提供することが大切です。幼児期の発達におすすめの遊びとしては、ごっこ遊びや工作、大人数で遊べるゲームなどがあります。今回は、幼児にとっての遊びの重要性やその効果、遊ぶ際のポイントなどを解説します。

その他」の新着記事

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/5461c7520a3c42a290d07d39f3e2b56e/NO206-%E2%91%A0.jpeg
その他

「育児ノイローゼ」ってどんな状態? なりやすい人の特徴や、予防法などをご紹介

妊娠中は、近い将来に生まれてくるお子さまのことを想って色々と考えをめぐらせたり、幸せで楽しみなものですよね。ところが実際に子どもが生まれてみると、産後の疲労とダメージのピークの中でいきなり初めての授乳や抱っこ、寝かしつけにトイレの世話と、想像を大きく超えるようなハードな毎日になってしまいます。 じゅうぶん眠ることもできないような怒涛の毎日のなかで、「こんなに子育てって大変なの?」「こんなはずじゃなかった」と、泣きたくなるような気持ちになったことのあるママは多いのではないかと思います。 赤ちゃん時代が終わっても、子育ては毎日想定外の出来事との遭遇の連続です。そんな中で気持ちがまいってしまったり、イライラしたりで、「私って育児ノイローゼなのかな?」と悩まれているお母さんも多いと思います。 こちらのコラムでは、そんな「育児ノイローゼ」について、どんな症状がみられたら要注意なのか、また予防策やなってしまった場合の対処法などをまとめています。「育児ノイローゼ」が疑われる場合、事情は色々あれど「頑張らない」ことがまず大切です。なるべく気持ちを穏やかにできるように、まずはこちらのコラムを無理のない範囲で読んでみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/4327889783f0482f9067a4ec8c4e7737/NO199-%E2%91%A0.jpeg
その他

「メンタルリープ」って何?~その意味や起きる時期、親としてできることを解説!~

近年、育児に関する記事やニュースを読んでいると、「メンタルリープ」という言葉を目にする機会が増えています。 「メンタルリープ」とは、赤ちゃんがその成長の過程のなかで、ある時期急速に脳が発達することという意味で、その時期にさしかかると子どもの様子が変わったり、ぐずって不機嫌になったりといったことが起きるといわれています。 こちらのコラムでは、この「メンタルリープ」が起こるといわれている時期や、その時に見られる兆候や親としての対処法などを説明していきます。赤ちゃんの時は身体もそうですが、脳が非常に急速に発達する時期です。お子さまの成長の手助けになれれば幸いです。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/6adff7972f6f4063914c49f6b6186fc4/img01.jpg
その他

子どもの「公園デビュー」について ~いつ始める?注意点などを解説~

子どもの誕生から2ヶ月くらいが経つと、お出かけもできるようになり抱っこひもを使って徐々に親子でのお散歩などを楽しむ機会が増えてきます。公園で遊ぶ子どもたちを見ながら、うちの子の「公園デビュー」はいつにしようかな?と考える機会が増えてくるのもこのくらいの時期からだと思います。「公園デビュー」とは、幼い子どもが初めて公園に行く経験を指します。パパママが子どもを公園に連れて行き、子どもは遊具や自然で遊びだけでなく、お友達との出会いなど多くの体験をします。公園デビューは、子どもの成長と発達にとって重要な一歩であり、様々な面での学びや体験のよい機会となります。こちらのコラムではそんな「公園デビュー」について、いつから始めるのが適切か?、持ち物はどうしたらよいか?、また公園デビューにあたっての注意点などを簡潔にまとめています。子どもにとって公園が楽しい場所となって健康的に育つように、ぜひ参考にしてみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/296dc3ee395e498980f3ac8e281bc9de/img01.jpg
その他

「パパ見知り」って何? ~始まる時期やよくある現象、対策について解説!~

生後半年を過ぎたころから始まる「人見知り」。ママ以外の人と会うのを怖がったり、近づくのをためらったりと、親の立場としては困ってしまう時もあるかもしれません。ただし、人見知りは子どもの成長の証。自分と相手の存在を正しく認識し、他者に対する「恐怖感」を感じるということは、わが子が正常に成長していることの証明でもあります。今回は人見知りの中でも、特にパパに対しての人見知りである「パパ見知り」についてより深く見ていきます。パパを見ると怖がって泣き出したり、抱っこをされると身をよじって避けようとしたりと、パパにとってはショックな「パパ見知り」。こちらのコラムでは、「パパ見知り」によくみられる現象や対処法などを解説していきます。よかったら参考にしてください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/d1d80ed085364a09ac8202bccb14c295/img01.jpg
その他

「ママ友」の存在がもたらすメリットと上手な付き合い方について

皆さまは「ママ友」と聞くとどのようなイメージをお持ちでしょうか? インターネットの検索で見ると「面倒くさい」「トラブル」などといったワードともに検索されていることが多いようで、どちらかというとネガティブな話題が多いように思われます。しかし、子育てをしていくにあたって「ママ友」の存在はとても心強いものにもなります。こちらのコラムでは、「ママ友」がいることのメリットや、上手な付き合い方について解説していきます。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/ba88ac9d4c06417b82022f134deb8223/img01.jpg
その他

子どもの金銭感覚の育て方~幼少期からお金の勉強をする方法とメリットについて解説

昨今の世間を賑わせるお金の絡んだニュースを見て、うちの子どもにはきちんとした金銭感覚を養わせないといけない、と感じている親御さんも多いと思います。お金はよりよい人生を送るためにとても大切な道具の一つでありますが、いっぽうでお金に飲まれてしまったり、お金だけを大切にして道を誤ってしまったり、といった話は枚挙にいとまがありません。とはいえ、いつからどのように子どもにお金について教えてあげればよいのだろう?と困っている方も多いと思います。このコラムでは子どもへの金銭価格、お金の教え方について、始めるべき時期や具体的方法について説明しています。ぜひ参考にしてみてください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/5347c52eaaee41e9af8f94813f3e6adf/img01.jpg
その他

子どもの幼児期からペットを飼うことのメリットと注意点について

幼児期の子どもを持つお母さん、お父さんには、子どものためにペットを飼ってあげたい、と考えている方も少なくないと思います。子どもにとってペットを育てて生活を共にする経験は大きなものです。住宅環境によって制限はあるものの、どんなペットを飼うべきは迷いますよね。こちらのコラムでは、子どもが何歳くらいになったらペットを飼うのが適切か?ペットを飼うことにはどんなメリットがあるのか? ペットと子どもを一緒に育てる事にどんな注意点があるのか?などを解説していきます。ペット選びの前に参考にしていただけますと幸いです。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/7a263159b7ff47acb598849202327297/img01.jpg
その他

子どもの「赤ちゃん返り」~どんな時に起こる?対処法は?詳しく解説します~

第二子が生まれると、上の子どもが突然赤ちゃんのころに戻ったかのようにふるまいだす「赤ちゃん返り」。上の子だって構ってほしいのは理解しつつも、二人めが生まれて毎日忙しいさなかに「赤ちゃん返り」されて大変…、という話はよく聞きますよね。こちらのコラムでは、この「赤ちゃん返り」について、いつ・なぜ起こるのか?と具体的な対処方法についてご説明していきます。これから二人めのお子さまを考えている方もぜひ読んでみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/1cf2359aa76d45aea3c2911d77651694/img01.jpg
その他

「STEM教育」とは? 意味や定義、日本の実践状況や家庭での取り組み方をご紹介!

近年、教育関係の本や記事を読んでいると、「STEM教育」というワードがよく目につくようになりました。国語・算数・理科・社会ができていればよかった昔とは変わって、IT・コンピュータや早期の英語教育、国際的に通用する表現力・思考力など将来必要とされる能力や技能も増えてきて、ママパパとしては可愛い我が子に何を教えてあげればよいのだろう?、と迷ってしまう方も多いと思います。こちらのコラムでは、注目のキーワードとなっている「STEM教育」について、その意味や日本での「STEM教育」の実施状況、子どもに「STEM教育」を受けさせるにはどうすればよいかを解説しています。参考になれば幸いです。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/3056bbe8e295459d8baed6a5093a658b/img01.jpg
その他

「小1プロブレム」について~小学校入学の現状と幼児期からの対策について紹介~

近年「小1プロブレム」という言葉を、ニュース記事や雑誌などで目にすることが増えてきました。「小1プロブレム」とは、子どもたちが保育園や幼稚園を卒園後に、小学校での生活になかなかなじめず、落ち着かない状態になってしまうことをいいます。この「小1プロブレム」に見舞われている学校や生徒が最近増えてきているといわれます。こちらのコラムでは、「小1プロブレム」について、近年増えてきている理由や幼児期からできうる対策についてご説明していきます。来年小学校への入学を控える年長さんの子どもを持つ親御さんだけでなく、年中さんや年少さんの子どもを持つお母さんもぜひ読んでみてくださいね。
ベビーパークは
育児がもっと楽しくなる
親子教室です
「親⼦の絆」をテーマにした
お母さまのための教室

レッスン開始のお歌とごあいさつ。英語の歌を聞いてる!こうやって日常の中に英語を盛り込む事が大切なんですね!

叱らなくてもすむ育児

3歳までの子供を叱ることは百害あって一利ありません。ベビーパークで育った子供たちは叱らなくても良いのです。叱る必要がないのです。

3歳までの心や脳に
最適な育児法

3歳までの環境でお子様の土台ができあがります。言葉を話す能力も、自分の気持ちをコントロールする能力もこの期間にほとんど形成されます。

全国の教室を探す

ベビーパーク、キッズアカデミーは全国に

200教室

(2023年8月時点)

都道府県で探す

北海道・東北エリア
関東エリア
中部エリア
近畿エリア
中国エリア
四国エリア
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
九州・沖縄エリア
無料体験レッスン
受付中!

期間限定で0円(無料)にて
体験レッスンが受講できます

1
オンライン体験前説明会

約30分

0~3歳児教育の秘密や、レッスン内のアクティビティの意味について、お伝えいたします。事前に目的を知った上でアクティビティを⾏うと、その効果は素晴らしいものになります。

2
教室でのレッスン

約50分

実際に生徒さまが通われている本レッスンのクラスに参加いただき、約10分のマザーリングと約40分のレッスンをお楽しみいただきます。
マザーリングでは月齢毎の育児知識が学べます。フルレッスンでは、知能・身体・心の発達に働きかける様々なアクティビティを体験できます。

まずは体験してください。楽しい無料体験レッスン受付中♪ レッスン料最初の2ヵ月無料。入室金無料。無料体験レッスンを詳しく見る

※1 初めご入室頂く方。または退室から6ヵ月を経過して再入室される方が対象。4ヵ月目末まで通室いただく事が条件となります。
※2 体験終了当日に入室意思を頂戴した方が対象。

ベビーパーク
公式LINEアカウント

ベビーパーク
公式Instagram

公式YouTubeチャンネル

ベビーパークのYouTubeチャンネルでは、育児に関する情報や通われているお母さまのインタビューなどをアップしております。