子どもの社会性を育てるために家庭でできること

No.73更新日付:2024年4月10日

子どもの成長を願うお母さんから、よく「社会性のある子どもになってほしい」というお話を聞きます。国際化の進む世界で、適切な人間関係や環境への適応をおこなえるようになるように子どもに願うのは当然のことですよね。

『コラムNo.67 子どもの社会性を育てるために幼児期にできること』では、この「社会性」という言葉の定義からはじまり、特に乳幼児期に「社会性」を育てていくための注意点について解説いたしました。

こちらのコラムでは、子どもの社会性を豊かに育むために、特に「家庭でできる取り組み」について具体例をまじえつつ解説していきたいと思います。

この記事でわかること

  • 乳幼児期には経験させるべき小競りあいとは
  • 幼児期の小競り合いの対応方法

乳幼児期には経験させるべき「小競りあい」があり、止めてはいけない

「乳幼児期に経験させたい重要な行動」の中に、一見親が他の子どもとのトラブルだと感じてわが子を規制してしまいがちな事柄があります。ですが、実はその中には「社会性の成長に必要な小競りあい」として重視すべきものがあり、その対応について解説していきます。

1. 他人の髪の毛や腕を引っぱる

これは、かなり幼い時期の行動で、よく見られるのは1歳前後ですが、その頃というのは相手の意識を自分に向けたいだけなので、髪の毛を引っ張ったとしても叱らないであげましょう。

どうしても悪いクセだと感じてやめさせたければ、一番良い方法はお子さんが髪の毛を引っぱった時、何も反応せずに無視することです。そして髪の毛以外の場所を引っぱった時には、優しく笑顔で「なぁに」と答えてあげて下さい。

怒るのも悲しんでみせるのも逆効果

「髪を引っぱられる人の悲しい気持ちを理解させたいから」と、悲しい顔をしてみせるのは逆効果です。この時期の子どもには「いないいないばぁ」と同様の法則性のある遊び、すなわち「髪の毛を引っ張る → お母さんがこの表情をする」という面白い遊びとして認識されてしまい、よけいに何度もくり返すようになってしまいます。

つい反応してしまうことが逆効果だなんて!して欲しくない行動に対しては、心を無にして無反応に徹するようにしよう♪

言葉の理解力が成長したら話してやめさせる

そして子どもの「言葉の理解」がかなり進んできたら、言葉でやめさせることができます。子どもが髪を引っぱった時に、子どもと目の高さを合わせ、真剣かつ優しい表情で穏やかに「髪・痛い・ママはイヤ」と語りかけましょう。「イヤ」という時に同時に首を左右に振るのも良い方法です。

1回で理解するとは限りませんので、また同じことをした時は根気よくくり返しましょう。
そして、「まだ理解は無理かな」と感じた時には思いきってあきらめ、一段階前の「引っぱったら無視する」という対応に戻し、理解できる時期がくるのを待ちましょう。

そしてこの行動は、少し大きくなると、髪を引っぱるかわりに「ねぇ、ねぇ」と呼びかけながら腕や肩を叩く、というスタイルに変化する場合があります。この頃にはもう十分に言葉が理解できるので、「叩かれるとお母さん痛いから、声で呼ぶだけにしてね」と伝えましょう。この行動もすぐには直りません。しかし、そのつど伝え続けることで小学校入学前には必ず修正できることでしょう。

2. オモチャの奪いあいを経験する

こちらの項目は、先述しましたように『コラムNo.67 子どもの社会性を育てるために幼児期にできること』でも詳しくお伝えいたしましたが、平均1歳半頃から見られ、幼稚園年少くらいまで続きます。

とはいえ、この経験が不足していれば小学生になっても続きます。また、「能力が近い子どもとのケンカを経験する」という行動は3歳頃から小学校低学年くらいまで続きますが、男の子の場合は、小学校中学年くらいから「スポーツや学業の競いあい」という姿に形を変えて、成人後まで続きます。

犬も人も幼少期の競いあいが社会化をうながす

これらの経験で得られる能力は「対人関係」だけではなく「集団行動」の面でも非常に重要です。相手と自分との力量差を感じ取る能力が発達するからです。

ここで犬を例にすると、生まれたばかりの子犬をすぐに親犬や兄弟犬から引き離すと、その子犬は他の犬や人間にうまくなじめず、“やたらとかみつく、孤立して非社会的になる、他の犬に攻撃的になったり、極端に物怖じしたりする”のような問題行動を引き起こす、ということはよくいわれています。

そして、アメリカの22の州やイギリス、ドイツ、フランス、オーストラリアなどでは法律によって生後8週齢未満の子犬は母犬から引き離して販売してはならないとされていますが、子犬の8週齢は人間でいえば大体3歳にあたります。

これは、人間も3歳までの期間に、同じ年ごろの子ども達との自然な接触を促すことや、子ども同士の自然な接触を邪魔してしまわないように努めることが、いかに大切かを感じさせてくれる話ではないでしょうか。

また、犬の「社会化期」と呼ばれる時期は生後3か月まで続きますが、人間に当てはめると大体5~6歳だそうです。つまりこの時期に母親から離れて幼稚園や保育園などの集団生活を経験するのはやはり適切といえるでしょう。

そしてこの時期に幼稚園や保育園の友達と経験する様々なトラブルこそが、お子さんの社会性を育みます。親が過剰に介入して貴重な「トラブル経験」をつぶしてしまうことがないように気をつけたいものです。また、トラブルの解決はなるべく幼稚園や保育園の先生に任せ、親は子どもの話を聞いて、話を整理したり共感したりするにとどめましょう。

親が必要以上に介入しないことで子どもに貴重な経験をさせる

過去に、キッズアカデミーに通室するお子さん同士のオモチャによるトラブルでこんなことがありました。3歳になったばかりくらいの、男の子一人と女の子一人です。その日のレッスンが終了して、おむかえに来たお母さんと講師で会話をしていた時、男の子が女の子の使っていたラッパのオモチャを奪ったのでした。

その時、お母さん達はまったく動じることなく笑顔で子ども達の様子を見守り続けていました。女の子が何回も「返して!」と言ってみても男の子は笑ったまま遊び続けて返さず、ついに女の子は泣き出してしまいました。この状態になってもお母さんたちはまだ口出しせずに我慢していました。

女の子が泣いても男の子はしばらく遊び続けていたのですが、やがて次第に女の子の様子を気にし始め、いっぽうの女の子はそれに気づかず下を向いて泣き続けていました。そのうちに男の子は女の子の周りを、どうしたものかと悩むように回り始め、自分の手にしたラッパと女の子を見比べ始め、そして突然オモチャ箱に向かったかと思うと、その中から太鼓を選び、「はい!」と女の子に差し出したのです。

女の子は笑顔になって「ありがとう!」と太鼓を受け取りました。お母さんも講師も顔を見合わせて、子ども達の行動を喜んだものです。この時、男の子はラッパの代わりになるものを探しましたが、もし自分がラッパで十分に遊んだならばラッパを差し出すことができたでしょう。あるいは、自分の気持ちよりも女の子の気持ちを優先しようと思えたならばラッパを渡せたでしょうし、女の子も太鼓をもらっただけでは満足しない場合もあるかもしれません。

しかし、そのような細かい事は重要ではないのです。子ども同士のトラブルに対して、親が介入しなかったからこそ、子ども達は子ども同士で解決するという貴重な経験ができました。

この時お母さん達に要求された力は「忍耐力」と「自分の子ども・相手の子どもを信じる力」です。自分の子どもと相手の子どもの両方を信じて根気強く待ったからこそ、子ども達はすばらしい学習ができました。こういう時、親は子どもが大きな怪我だけは確実に未然に防げる距離で、気を付けて見守ってあげていればよいのです。

途中で仲裁に入りたくなるような場面でも、親側の忍耐力と信じる力がとっても大切なんだね♪

3. 「支配―被支配」の関係を経験する

これも実は子どもの成長過程において非常に重要な必須経験です。「支配―被支配」といっても、王様と家来のような関係ではありません。一つの集団があった時、その集団をまとめるためのリーダーが必ず必要です。

この時、リーダーに求められるのは、
・その集団が「どこへ」「何のために」「何をめざして」進んでいくのかを明確にし、メンバーにきちんと伝えられる力
・目標に向かってメンバーを巻き込み、奮い立たせ、活動を盛りあげる力
・目標にたどりつくためのしくみを作れる力
などでしょう。

そのような力において「自分と相手のどちらが優れているか」あるいは「集団の中で誰がその役割に適任か」を感じ取ることのできる感性は、社会の中で適応して生きていくために大変重要です。その最初のステップが、相手と自分の1対1の関係において、どちらが主導権を握りやすいかを感じる経験なのです。

「集団における自分の役割」を感じ取る力につながっていく

数多くの相手とこの経験を重ねていくと、ただの「支配―被支配」の関係を超えて、「その集団の中で今の自分に向いている役割」といったものまでなんとなく感じ取れるようになり、これは将来のお子さんにとって非常に大きな力となります。

グループというものはリーダー一人きりでは成り立ちません。各メンバーがそれぞれに自分の役割に対してリーダーシップを発揮するからこそ大きな力が得られるのです。ですから、相手との力量差を感じ取ったり、自分に適した役割を判断する能力は、幼いうちから育ててあげるべき貴重な力です。

「支配―被支配の関係」を経験させるためのコツ

もし子どもの身体が大きくて、同年齢の子ども達とではいつも優位に立ってしまう、という場合は、ぜひ少し大きい子ども達が集まる空間にお子さんを連れていってあげてください。そこで自分が一番おチビちゃんである、という経験をすることも重要です。

あるいはまた、小柄でおとなしくていつも他の子どもについて歩いている、というお子さんの場合は、もっと小さい子ども達と遊ばせてみましょう。お兄ちゃん・お姉ちゃんとしての自尊心や、小さい子を守って自分が積極的に働こうとする意欲が育ちます。

子ども同士の関係に親が過剰に介入してはいけない

3歳以上になってくると「うちの子はA君とよく遊んでいるけれど、なんだか家来みたいだし、影でいじめられているようで心配」という相談が増えますが、お子さんから相談してこない限りは、お子さんはA君と友達でいたいと思っているので、心配する必要はありません。

幼稚園児の心は、ストレスに対する強さがグングン育つ時期でもあり、実は大人や大学生よりも遥かに柔軟です。ここで親が過剰な介入をしないようにしましょう。

まとめ:子ども同士の小競りあいに対して寛容になろう

先述のとおり、親が子ども同士の関わりを忍耐強く見守るということは、自分の子どもだけでなく相手の子どもも信じていなければなかなかできないことではあります。しかし、8歳ごろまでの子どもで本当に悪い子なんて皆無といえるでしょう。まだまだ、どの子も成長途中のちびっこアオムシさんで、友達同士の関わりあいから多くのことを学んでいる真っ最中なのです。

まだ中学生や高校生のような複雑な感情もありませんし、ただ自分の気持ちや欲求に正直なだけです。そして、自分の欲求をそのまま他人にぶつけたらどのようなトラブルが生じやすいのかを、体験を通して学ぶべき時期なのです。ぜひ、わが子にだけではなく他の子どもに対しても寛容になり、子どもの心のストレスに対する強さを信じてあげましょう。

さらにコラムNo.142「脳の性差を理解して、子ども社会性の発達を促す方法について」では、男の子・女の子それぞれの性別ごとの社会性の育て方についてもご説明しています。

気になる方はぜひ読んでみてくださいね、

「子どもの社会性」のことに興味があるなら、こちらの記事もオススメです

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/feefe5fc07484cdd9c6bf754c8ed1edb/img01.jpg
1歳~3歳の育児

脳の性差を理解して、子ども社会性の発達を促す方法について

子どもの成長を願うお母さんから、よく「社会性のある子どもになってほしい」というお話を聞きます。国際化の進む世界で、適切な人間関係や環境への適応をおこなえるようになるように子どもに願うのは当然のことですよね。コラムNo.67「子どもの社会性を育てるために幼児期にできること」では、「社会性」の定義や、乳幼児期に子どもの社会性を育てるための基本的な注意点についてご説明いたしました。また、コラムNo.73「子どもの社会性を育てるために家庭でできること」では、一歩進んで各家庭でできる具体的な取り組みについて解説いたしました。こちらのコラムでは、さらに子どもの性別で異なる社会性の発達にスポットライトを当てつつ、子どもの社会性の発達を促す方法についてご説明いたします。よかったら上述のコラムとあわせて読んでみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/883707a84e25408b90947f1aaa23b3cf/img01.jpg
1歳~3歳の育児

子どもの社会性の発達とリーダーシップについて

子どもの社会性を育てていきたいと考えていると、しばしば「リーダーシップ」という言葉を目にします。「リーダーシップ」と聞くとグループのリーダーとして周囲を引っ張っていくことをイメージしがちですが、リーダーとしての役割だけではなく「各々の役割を果たしていくための行動力」というのが本来の意味です。こちらのコラムでは、まさしく子どもの社会性の発達にあたって欠かせない「リーダーシップ」の育て方や、リーダーシップを育てていくにあたっての子どものコミュニケーションの取り方による4つのタイプ分類法などを紹介していきます。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/6a48a38f695e44b994014677e11be24a/img01%20(5).jpg
その他

子どもの社会性はどう伸ばす?親の心構えについても解説

赤ちゃんが成長し子どもと呼ばれる年齢になると、他者とのつながりが増えていきます。この時期は集団生活に向けて社会性を育てる大切な時期です。子どもの社会性は集団生活の中で身につくと考える人もいますが、実は遊びを通して学ぶことが豊富にあります。保育園や幼稚園に通う前の小さな年齢であっても、家庭での遊びの中で社会性を学んでいるのです。本記事では、子どもの社会性を伸ばす遊び方を紹介します。子どもの社会性を伸ばすための親の心構えも紹介しているので、あわせて参考にしてみてください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/4190b31a53cf4e2aa303a26e39963f35/img01.jpg
1歳~3歳の育児

子どもの社会性を育てるために幼児期にできること

子どもの成長を願うお母さんから、よく「社会性のある子どもになってほしい」というお話を聞きます。国際化の進む世界で、適切な人間関係や環境への適応をおこなえるようになるように子どもに願うのは当然のことですよね。ここでは、近年よく聞くワードである「社会性」の定義からはじまり、特に乳幼児期に「社会性」を育てていくための注意点についてまとめていきます。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/fdabfed375a14a5ba7a4c13ebeb71a6c/img01.jpg
3歳~6歳の育児

「小競り合い」の経験がいじめを防ぐ~3歳以降の子どもの社会性の育て方~

子どもが3歳くらいまで成長すると公園でのお友達との遊びに加えて、幼稚園や保育園などで多くの同年代の子どもや大人の方と関わる機会が増えてきます。そうなると、子どもどうしでけんかが起きたり、おもちゃの取り合いになったりと、親としては子どもがちゃんと社会性を持てるようになるのか心配になるシーンが出てくると思います。しかし、そのような心配は必要ありません。子どもにとって幼児期のけんかや小競り合いというのは、その後の人間関係を構築していくにあたって非常に重要な経験なのです。このコラムでは特に3歳以降の幼児期の子どもの社会性を育てていくにあたって必要な親の心構えと、子どもの対人トラブルから見える発達段階について説明していきます。読んでいただき、子どもの成長への心配から解放されると幸いです。

その他」の新着記事

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/4defe3467990434f9c72f46d38e8a3c5/2%E4%BA%BA%E7%9B%AE%E3%81%AE%E5%AD%90%E4%BE%9B%E3%82%92%E6%8C%81%E3%81%A4%E3%81%8B%E6%82%A9%E3%82%80%E6%96%B9%E5%BF%85%E8%A6%8B%20(1).png
その他

2人目の子供を持つか悩む方必見!悩みの理由や一人っ子との違いも解説

多くの家庭で、2人目の子供を持つかどうかは大きな悩みの一つです。1人目の子育て経験を経て、2人目も欲しいけれど、再び新しい命を迎える準備ができているか、経済的、精神的な準備は整っているか、といった不安を感じる方も少なくありません。この記事では、2人目を持つことに悩む理由とその解消法に焦点を当てて、探っていきます。2人目の子供を持つか迷ったら、ぜひ悩み解決のヒントにしてみてください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/43045a81e4ea492187c0ed55686e78ac/%E6%8C%87%E3%81%97%E3%82%83%E3%81%B6%E3%82%8A%E3%81%AF%E3%81%84%E3%81%A4%E3%81%BE%E3%81%A7%E3%81%AB%E3%82%84%E3%82%81%E3%81%95%E3%81%9B%E3%82%8B%E3%81%B9%E3%81%8D%EF%BC%9F.jpg
その他

指しゃぶりはいつまでにやめさせるべき?原因から歯並びへの影響、やめさせ方まで解説

子供の指しゃぶりは、親にとってよくある悩みの一つです。この記事では、指しゃぶりの原因から歯並びへの影響、やめさせる方法までを分かりやすく解説します。いつから始まり、いつまで続くのか、そしてどのようにしてやめさせるべきかについて、詳しくお伝えします。この記事を読んで、指しゃぶりへの対処法を学び、お子さんの成長を上手にサポートしていきましょう!
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/5f019f1d12284dc9851f89ebd7b3f578/3%E4%BA%BA%E7%9B%AE%E3%80%81%E7%94%A3%E3%82%80%EF%BC%9F%E8%AB%A6%E3%82%81%E3%82%8B%EF%BC%9F.jpg
その他

「3人目、産む?諦める?」平均年齢からメリットデメリット、経済面まで!悩む方への徹底ガイド

3人目の子供を迎えるかどうか、悩んでいませんか?この記事では、3人目の子供を持つ際の平均年齢、メリット、デメリット、そして3人目を迎えた家庭のリアルな声まで、幅広くご紹介します。この記事を読んで、3人目の子供を産むべきかどうか、悩んでいる方はご自身で決める際のヒントにして下さい。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/5461c7520a3c42a290d07d39f3e2b56e/NO206-%E2%91%A0.jpeg
その他

「育児ノイローゼ」ってどんな状態? なりやすい人の特徴や、予防法などをご紹介

妊娠中は、近い将来に生まれてくるお子さまのことを想って色々と考えをめぐらせたり、幸せで楽しみなものですよね。ところが実際に子どもが生まれてみると、産後の疲労とダメージのピークの中でいきなり初めての授乳や抱っこ、寝かしつけにトイレの世話と、想像を大きく超えるようなハードな毎日になってしまいます。 じゅうぶん眠ることもできないような怒涛の毎日のなかで、「こんなに子育てって大変なの?」「こんなはずじゃなかった」と、泣きたくなるような気持ちになったことのあるママは多いのではないかと思います。 赤ちゃん時代が終わっても、子育ては毎日想定外の出来事との遭遇の連続です。そんな中で気持ちがまいってしまったり、イライラしたりで、「私って育児ノイローゼなのかな?」と悩まれているお母さんも多いと思います。 こちらのコラムでは、そんな「育児ノイローゼ」について、どんな症状がみられたら要注意なのか、また予防策やなってしまった場合の対処法などをまとめています。「育児ノイローゼ」が疑われる場合、事情は色々あれど「頑張らない」ことがまず大切です。なるべく気持ちを穏やかにできるように、まずはこちらのコラムを無理のない範囲で読んでみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/4327889783f0482f9067a4ec8c4e7737/NO199-%E2%91%A0.jpeg
その他

「メンタルリープ」って何?~その意味や起きる時期、親としてできることを解説!~

近年、育児に関する記事やニュースを読んでいると、「メンタルリープ」という言葉を目にする機会が増えています。 「メンタルリープ」とは、赤ちゃんがその成長の過程のなかで、ある時期急速に脳が発達することという意味で、その時期にさしかかると子どもの様子が変わったり、ぐずって不機嫌になったりといったことが起きるといわれています。 こちらのコラムでは、この「メンタルリープ」が起こるといわれている時期や、その時に見られる兆候や親としての対処法などを説明していきます。赤ちゃんの時は身体もそうですが、脳が非常に急速に発達する時期です。お子さまの成長の手助けになれれば幸いです。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/6adff7972f6f4063914c49f6b6186fc4/img01.jpg
その他

子どもの「公園デビュー」について ~いつ始める?注意点などを解説~

子どもの誕生から2ヶ月くらいが経つと、お出かけもできるようになり抱っこひもを使って徐々に親子でのお散歩などを楽しむ機会が増えてきます。公園で遊ぶ子どもたちを見ながら、うちの子の「公園デビュー」はいつにしようかな?と考える機会が増えてくるのもこのくらいの時期からだと思います。「公園デビュー」とは、幼い子どもが初めて公園に行く経験を指します。パパママが子どもを公園に連れて行き、子どもは遊具や自然で遊びだけでなく、お友達との出会いなど多くの体験をします。公園デビューは、子どもの成長と発達にとって重要な一歩であり、様々な面での学びや体験のよい機会となります。こちらのコラムではそんな「公園デビュー」について、いつから始めるのが適切か?、持ち物はどうしたらよいか?、また公園デビューにあたっての注意点などを簡潔にまとめています。子どもにとって公園が楽しい場所となって健康的に育つように、ぜひ参考にしてみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/296dc3ee395e498980f3ac8e281bc9de/img01.jpg
その他

「パパ見知り」って何? ~始まる時期やよくある現象、対策について解説!~

生後半年を過ぎたころから始まる「人見知り」。ママ以外の人と会うのを怖がったり、近づくのをためらったりと、親の立場としては困ってしまう時もあるかもしれません。ただし、人見知りは子どもの成長の証。自分と相手の存在を正しく認識し、他者に対する「恐怖感」を感じるということは、わが子が正常に成長していることの証明でもあります。今回は人見知りの中でも、特にパパに対しての人見知りである「パパ見知り」についてより深く見ていきます。パパを見ると怖がって泣き出したり、抱っこをされると身をよじって避けようとしたりと、パパにとってはショックな「パパ見知り」。こちらのコラムでは、「パパ見知り」によくみられる現象や対処法などを解説していきます。よかったら参考にしてください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/d1d80ed085364a09ac8202bccb14c295/img01.jpg
その他

「ママ友」の存在がもたらすメリットと上手な付き合い方について

皆さまは「ママ友」と聞くとどのようなイメージをお持ちでしょうか? インターネットの検索で見ると「面倒くさい」「トラブル」などといったワードともに検索されていることが多いようで、どちらかというとネガティブな話題が多いように思われます。しかし、子育てをしていくにあたって「ママ友」の存在はとても心強いものにもなります。こちらのコラムでは、「ママ友」がいることのメリットや、上手な付き合い方について解説していきます。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/ba88ac9d4c06417b82022f134deb8223/img01.jpg
その他

子どもの金銭感覚の育て方~幼少期からお金の勉強をする方法とメリットについて解説

昨今の世間を賑わせるお金の絡んだニュースを見て、うちの子どもにはきちんとした金銭感覚を養わせないといけない、と感じている親御さんも多いと思います。お金はよりよい人生を送るためにとても大切な道具の一つでありますが、いっぽうでお金に飲まれてしまったり、お金だけを大切にして道を誤ってしまったり、といった話は枚挙にいとまがありません。とはいえ、いつからどのように子どもにお金について教えてあげればよいのだろう?と困っている方も多いと思います。このコラムでは子どもへの金銭価格、お金の教え方について、始めるべき時期や具体的方法について説明しています。ぜひ参考にしてみてください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/5347c52eaaee41e9af8f94813f3e6adf/img01.jpg
その他

子どもの幼児期からペットを飼うことのメリットと注意点について

幼児期の子どもを持つお母さん、お父さんには、子どものためにペットを飼ってあげたい、と考えている方も少なくないと思います。子どもにとってペットを育てて生活を共にする経験は大きなものです。住宅環境によって制限はあるものの、どんなペットを飼うべきは迷いますよね。こちらのコラムでは、子どもが何歳くらいになったらペットを飼うのが適切か?ペットを飼うことにはどんなメリットがあるのか? ペットと子どもを一緒に育てる事にどんな注意点があるのか?などを解説していきます。ペット選びの前に参考にしていただけますと幸いです。
ベビーパークは
育児がもっと楽しくなる
親子教室です
「親⼦の絆」をテーマにした
お母さまのための教室

レッスン開始のお歌とごあいさつ。英語の歌を聞いてる!こうやって日常の中に英語を盛り込む事が大切なんですね!

叱らなくてもすむ育児

3歳までの子供を叱ることは百害あって一利ありません。ベビーパークで育った子供たちは叱らなくても良いのです。叱る必要がないのです。

3歳までの心や脳に
最適な育児法

3歳までの環境でお子様の土台ができあがります。言葉を話す能力も、自分の気持ちをコントロールする能力もこの期間にほとんど形成されます。

全国の教室を探す

ベビーパーク、キッズアカデミーは全国に

200教室

(2023年8月時点)

都道府県で探す

北海道・東北エリア
関東エリア
中部エリア
近畿エリア
中国エリア
四国エリア
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
九州・沖縄エリア
無料体験レッスン
受付中!

期間限定で0円(無料)にて
体験レッスンが受講できます

1
オンライン体験前説明会

約30分

0~3歳児教育の秘密や、レッスン内のアクティビティの意味について、お伝えいたします。事前に目的を知った上でアクティビティを⾏うと、その効果は素晴らしいものになります。

2
教室でのレッスン

約50分

実際に生徒さまが通われている本レッスンのクラスに参加いただき、約10分のマザーリングと約40分のレッスンをお楽しみいただきます。
マザーリングでは月齢毎の育児知識が学べます。フルレッスンでは、知能・身体・心の発達に働きかける様々なアクティビティを体験できます。

まずは体験してください。楽しい無料体験レッスン受付中♪ レッスン料最初の2ヵ月無料。入室金無料。無料体験レッスンを詳しく見る

※1 初めご入室頂く方。または退室から6ヵ月を経過して再入室される方が対象。4ヵ月目末まで通室いただく事が条件となります。
※2 体験終了当日に入室意思を頂戴した方が対象。

ベビーパーク
公式LINEアカウント

ベビーパーク
公式Instagram

公式YouTubeチャンネル

ベビーパークのYouTubeチャンネルでは、育児に関する情報や通われているお母さまのインタビューなどをアップしております。