3歳のひどい夜泣きはいつまで続く?原因とすぐに試せる安心の対処法

No.215更新日付:2024年4月10日

子どもが夜中に突然泣き出す「夜泣き」に、多くの親御さんが悩まされています。特に3歳を過ぎてからも夜泣きが続くと、「まだ夜泣きをするのは普通なのか」「何か病気なのではないか」と心配になるかもしれません。この記事では、夜泣きの理由と、それが起きやすい年齢、ひどい夜泣きがいつまで続くのかについて、詳しく解説します。また、夜泣きに対する具体的な対処法も紹介するので、ぜひこの記事を読んで試してみてください。

夜泣きとは何か理解しよう

夜泣きは、特に深い睡眠から浅い睡眠に移る際に起こりやすい現象で、子どもが夜中に突然泣き出すことを指します。夜泣きの時は、親御さんがどのように対応しても、子どもはなかなか泣き止まず、安心させることが難しい場合があります。夜泣きの背景には、子どもの発達段階や日々のストレス、睡眠サイクルの成熟度などが関係していることが多いです。ここでは、夜泣きの原因や起こりやすい年齢について詳しく見ていきましょう。

夜泣きはなぜ起こるのか

夜泣きは、子どもの睡眠中の脳の発達過程における一つの表れとされています。睡眠は、浅いレム睡眠と深いノンレム睡眠の2種類があり、一晩の間に数回のサイクルで繰り返されます。特に幼児期には、これらの睡眠の切り替わりが大人よりも頻繁で、その際に夜泣きが起こりやすいとされます。加えて、日中のストレスや急な環境の変化も夜泣きを引き起こす要因となります。この時期の子どもは、睡眠の発達が大人に比べ未熟であり、1歳ごろまでは昼夜の区別なく細切れに睡眠をとり、徐々に夜間睡眠が増えていく過程にあります。2歳を過ぎると、睡眠の周期が整ってきますが、3歳ごろは睡眠周期が大人より短く、1回のサイクルが40~60分と短いため、夜泣きが起きやすい状況にあります。

夜泣きが起きやすい年齢とは

夜泣きは、一般的に生後6~11ヶ月の間に最も頻繁に起こりますが、1歳半から2歳ごろがピークとされています。しかし、3歳になっても夜泣きが続く子どもは珍しくありません。この時期は、言葉や社会性が発達する大切な時期であり、新しい環境や経験への不安が夜泣きを引き起こす要因となることがあります。また、3歳頃は環境の変化や体調不良、情緒の乱れなどが夜泣きの一因となりやすいです。この時期の子どもの睡眠周期は、まだ大人に比べて短く、今までしていた昼寝がなくなる時期でもあり、夜泣きに影響を及ぼす可能性もあります。

また、あまりにも夜泣きが激しい場合は夜驚症の可能性もあります。夜驚症とは、夜中に突然目を覚まし、激しく泣き叫ぶ症状を伴います。このような場合、一度専門医へ相談して下さい。

ひどい夜泣きはいつまで続くのか?

ひどい夜泣きに関しては、子どもによって差が大きいですが、多くの場合、4歳から5歳にかけて徐々に減少し始めます。この時期には、子どもの言葉の理解や表現能力が向上し、自分の感情を上手に伝えられるようになるため、夜中に不安を感じて泣き出すことが少なくなってきます。ただし、個々の発達のペースや感受性には個人差があり、夜泣きの続く期間も異なるため、一概には言えません。重要なのは、夜泣きが病気によるものでない限り、成長の過程の一つと捉え、根気強く対応することです。


このように、3歳の子どもの夜泣きは、彼らの発達段階や日々の経験が深く関わっています。親として知っておくべきことは、夜泣きが一般的な成長の過程であること、そして時間が解決してくれることが多いということです。しかし、その中で親ができることもあります。ここからは、3歳児特有の夜泣きの原因とその背景について詳しく見ていきましょう。

3歳児特有の夜泣きの原因とその背景

3歳のお子さんが夜泣きをする原因は様々ですが、主に発達段階における不安やストレス、日常生活の変化が関係しています。ここでは、これらの原因を深堀りし、3歳児が夜泣きする背景について理解を深めましょう。

3歳の発達段階における不安やストレス

3歳の子どもたちは、自我が芽生え始め、自分と他人の区別がつくようになります。この過程で、自分の感情をうまくコントロールできなかったり、言葉で表現できない不安やストレスを抱えたりすることがあります。特に、日中のさまざまな経験が夢の中で再現され、夜泣きとして表れることもあるのです。この時期は、親との関係や周囲の環境に対する敏感さが高まっており、ちょっとした変化にも強く反応し、夜泣きという形で現れることがあります。

3歳の日常生活の変化とその影響

3歳児は保育園や幼稚園などの集団生活に慣れ始める時期であり、子供は新しい環境やルールに適応しようとします。しかし、これらの変化は同時にストレスとなることもあり、夜間に安心して眠れなくなる原因になることがあります。また、日常生活の中でのルーティンの変化、例えば、引っ越しや家族構成の変化などが、子どもにとって大きなストレスとなることもあります。

3歳児が夜泣きして暴れるのは病気?

多くの場合、3歳児の夜泣きは成長過程で自然に見られる現象ですが、中には注意が必要なケースもあります。例えば、夜泣きが非常に頻繁で、日中の行動や気分にも影響を与える場合、睡眠障害や心理的な問題が潜んでいる可能性があります。また、特に暴れるような激しい夜泣きは「夜驚症」という睡眠障害の一種である場合もあり、専門家による診断が必要です。


このように、3歳児の夜泣きにはさまざまな原因が考えられます。しかし、親御さんが冷静に対応し、日中のストレスを軽減する工夫をすることで、夜泣きは徐々に改善していくことが多いです。お子さんが安心して眠れる環境を整えることが、夜泣き対策の第一歩と言えるでしょう。

夜泣きか夜驚症かの見分け方

夜驚症とは、主に3~6歳の幼児の深い睡眠中に起こる現象で、恐怖やパニックによって無意識のうちに激しく泣いたり叫んだり、場合によっては突然起き上がって歩き回ることがあります。大抵5分から15分程度で治まりますが、見ていて心配になることも多いでしょう。

では、夜泣きと夜驚症はどのように見分ければ良いのでしょうか。夜泣きは通常、3~4カ月から2歳頃に多く見られ、浅い睡眠中に起きる不安や興奮が原因です。一方、夜驚症は3~6歳頃に見られ、深い睡眠中に恐怖やパニックに襲われる状態です。夜驚症の際は、子どもは声をかけても鈍い反応しか示さず、翌朝は何も覚えていないことが特徴です。夜驚症が頻繁に見られる場合は専門家に相談するようにしましょう。

夜驚症は発達障害児に多い睡眠問題?

夜驚症は、発達障害の有無にかかわらず発生しますが、発達障害がある子どもでは睡眠サイクルの乱れや神経系の特性から夜驚症を引き起こしやすい傾向があります。日中の体験が睡眠中の興奮を引き起こし、夜驚症につながることもあります。夜驚症の対処法としては、落ち着いて対応し、危険物を避けて安全を確保すること、規則正しい睡眠習慣を促すことが重要です。また、専門的な治療が必要な場合もあるため、心配と感じたら専門医に相談するようにしましょう。夜驚症は成長に伴い減少する自然な現象の一つであるため、親御さんは穏やかに対応し、子どもの成長を見守ることが大切です。

今夜から試せる!効果的な夜泣き対策法

夜泣きに対処するためには、お子さんが安心して眠れる環境を整えることが大切です。ここでは、今夜から始められる、効果的な対策法をご紹介します。就寝前の対策、そして夜泣きしてしまった時の対応策を知って、お子さんの夜泣きに落ち着いて対処できるようにしましょう。

子供を安心させる就寝前のルーティン

就寝前のルーティンは、お子さんに安心感を与え、質の良い睡眠へと導くのに良いとされています。例えば、以下のような一連の活動を毎晩同じ順番で行うことが効果的です。


  • お風呂でリラックス

暖かいお風呂に入ることで体がリラックスし、睡眠への準備が整います。


  • 絵本の読み聞かせ

親子の絆を深めるとともに、お子さんの想像力を育てます。物語の世界に没頭することで、日中のストレスから離れ、安心して眠りにつくことができます。


  • 静かな音楽を聴く

落ち着いた音楽をBGMにすることで、リラックスした環境を作り出します。心地よいメロディは、お子さんを安心させる効果があります。


これらのルーティンを繰り返すことで、お子さんの体内時計が整い、自然と睡眠のリズムがつかめるようになります。

夜泣き時の冷静な対応と安心させる方法

夜泣きが起きたときの対応も知っておくと慌てずに対処できます。以下に、夜泣き時の対応方法と、お子さんを安心させる方法をご紹介します。


  • 静かに話しかける

大声で叱ったり、無理に起こそうとせず、優しく名前を呼びかけ、安心させる言葉をかけてください。お子さんが感じている不安や恐怖を和らげることができます。


  • 抱きしめる

肌の触れ合いは、お子さんにとって大きな安心材料となります。抱きしめることで、安全であることを感じさせ、心を落ち着かせることができます。


  • 落ち着いた環境を保つ

部屋の明るさを抑え、静かで穏やかな環境を整えることが大切です。また、お子さんが再び安心して眠りにつけるよう、寝室の環境を整えましょう。


これらの対策を講じることで、お子さんの夜泣きを軽減し、質の良い眠りをサポートすることができます。夜泣きは、多くの場合、成長の過程で自然に減少していきます。親御さんが冷静に、そして愛情を持ってサポートすることで、お子さんは安心して成長していくことができます。

夜泣きを引き起こす可能性のある病気

夜泣きは多くの場合、成長の過程において自然に見られる現象ですが、時には特定の健康上の問題が背景にあることもあります。ここでは、夜泣きを引き起こす可能性のある病気とその症状について解説し、また、受診を検討すべきサインについても紹介します。

睡眠障害の種類と症状

1. 睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群は、睡眠中に呼吸が一時的に停止する状態を繰り返す病気です。この症状により、深い睡眠が取れず、昼間の過度の眠気や集中力の低下につながります。子どもの場合、夜泣きの原因となるほか、成長に必要な休息を妨げる可能性があります。


2. 睡眠随伴症状

子供の睡眠随伴症状は、夜間に発生するさまざまな異常行動や体験のことで、主に深いノンレム睡眠中に見られることが多いです。これには夜驚症(突然の泣き叫びや恐怖反応)の他、睡眠歩行(睡眠中に起き上がって歩く)、そして睡眠中の話し言葉などが含まれます。これらの症状は子供が成長するにつれて自然に減少または消失することが多いですが、特に心配な場合や日中の活動に影響が出る場合は、専門家に相談するようにしましょう。



3. 周期性四肢運動障害

この状態は、睡眠中に脚や腕が周期的に動くことが特徴で、これにより睡眠が乱れることがあります。子どもはこの動きによって目が覚め、夜泣きにつながることがあります。

受診を検討すべきサインとは

子どもの夜泣きが以下のような状況に当てはまる場合、専門の医師に相談することをお勧めします。


  • 夜泣きが頻繁に発生し、日中の活動に影響を与える場合
  • 睡眠中に呼吸が止まる、または苦しそうにする様子が見られる場合
  • 夜中に恐怖を感じて目を覚ますことが繰り返される場合
  • 脚や腕が不自然に動き、それによって睡眠が妨げられる場合


これらのサインは、夜泣きの背後に別の健康問題が潜んでいる可能性があることを示しています。早期発見と適切な治療が子どもの健康を守るためには不可欠です。また、こうした症状が見られる場合は、子どもが十分な睡眠を取れていない可能性があり、成長や発達に影響を与えることもあるため、注意が必要です。親が観察と記録を続け、医師と情報を共有することで解決策を見つけやすくなります。

悩みすぎないで!親のストレス管理と休息の重要性

親御さん自身のストレスがお子さんに影響を及ぼすことは、しばしば見過ごされがちです。子どもは親の感情を敏感に察知するため、親がストレスを感じていると、それが直接的または間接的に子どもに伝わり、夜泣きの一因となることがあります。そのため、親自身がストレスを上手に管理できるようにしましょう。ここでは、親のストレス管理に焦点を当ててみていきましょう。

親のストレス管理の方法

  • 自分時間を確保する

日々の忙しさの中で自分自身のための時間を設けることが大切です。趣味の時間や読書、軽い運動など、心を落ち着ける活動を見つけましょう。


  • サポートを求める

家族や友人、地域のサポートグループから助けを求めることは、決して恥ずかしいことではありません。共有することで、負担が軽減されることが多いです。


  • 適切な休息を取る

十分な睡眠はストレス管理に不可欠です。規則正しい睡眠を心がけ、必要であれば短い昼寝を取り入れることも有効です。

親の休息の重要性

親が疲れていると、そのイライラがお子さんに伝わりやすくなります。また、疲労が蓄積すると、お子さんの小さな行動に対しても過剰に反応してしまうことがあります。親自身がリフレッシュすることで、冷静な判断ができ、お子さんへの対応も穏やかになるでしょう。

まとめ

この記事では、3歳児の夜泣きの原因や対処法についてご紹介しました。3歳のお子さんが夜泣きをすることは、成長の過程で自然な現象です。多くの場合、夜泣きは成長とともに自然と減っていきます。しかし、まれにそれが病気のサインである可能性もあるため、注意深く観察し、心配であれば専門医を受診するようにしましょう。そして、親御さん自身のストレス管理と休息も、家族の健康を守るために大切であることを忘れないでください。親が穏やかで笑顔でいることが、お子さんの安心感につながります。夜泣きに悩むすべての親御さんが、この記事を通じて、子供の夜泣きとうまく付き合えるようになることを願っています。

「泣く・夜泣き」のことに興味があるなら、こちらの記事もオススメです

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/68c8be1a5df1431eb6dddfb78b01167d/NO200-%E2%91%A0.jpeg
赤ちゃんの育児

赤ちゃんの「黄昏泣き」とは?~その原因や症状、親ができうる対策法について解説~

「黄昏泣き(たそがれなき)」という言葉を知っていますでしょうか? 生後しばらく経った赤ちゃんに見られる、夕暮れ時になると急にぐずり出したり泣き出したりする状態を指します。赤ちゃんが生まれてから怒涛の日々のなかで、ようやく少し育児にも慣れてきたかなという時に、赤ちゃんがこの「黄昏泣き」になってどうしてよいかわからず疲労困ぱい、なんて話もよく聞きます。 こちらのコラムではこの「黄昏泣き」について、夜泣きとの違いやその原因、さらには親ができうる対処策について紹介していきます。少しでも赤ちゃんを育てていく助けになれれば幸いです。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/ae5209e607004c999883d8c80ac2d193/NO197-%E2%91%A0.jpeg
1歳~3歳の育児

「睡眠退行」ってなに?~その原因や起きる期間、対処法について解説!~

赤ちゃんを育てているご家庭での悩みごとといえば、「子どもがなかなか寝てくれない」「寝ぐずりがひどい」というのは定番ではないでしょうか? 夜いつまでも寝付いてくれなかったり、やっと寝たと思ったら夜泣きを起こしたり…と、お母さんも眠ることができずヘトヘトになってしまいますよね。特に一度は睡眠のリズムが安定してきたと思ったのに、再び不安定な状態に戻ってしまったりすることを「睡眠退行」と呼びます。こちらのコラムでは、この「睡眠退行」について、その原因やいつ起きるのか、そして対処法についてご説明していきます。よかったら参考にしてみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/48782f2a5795428195908f05b36ede8c/img01.jpg
1歳~3歳の育児

「夜驚症(やきょうしょう)」って何?~夜泣きとの違いや原因、対処法について解説~

子育てをしていると、「夜驚症(やきょうしょう)」という言葉を耳にすることがあると思います。主に2歳~6歳くらいまでの子に見られる睡眠中に起きる障害で、「夜泣き」とあわせて子どもの突然の夜中の発症に悩まされているお母さんも多いと思います。こちらのコラムでは、「夜驚症(やきょうしょう)」が起こる原因とその対処法、よく似た症状である「夜泣き」との違いも含めて説明していきます。よかったら参考にしてみくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/60b59c6943e34d668c5ffca2cb6efcc8/img01.jpg
その他

幼児がギャン泣きする理由や対応策を紹介

急にお子さんがギャン泣きを始めて「どうすればいいの?」と頭を抱えたり、お手上げ状態になってしまうことがあります。叫んでいるように泣いてしまうと、周りの目も気になり、親のストレスも溜まりやすいです。この記事では、年代別に幼児がギャン泣きする原因や対処法を紹介します。親がすべきではないことや、ギャン泣きを放置した場合にどうなるのかなども解説します。お子さんのギャン泣きに困っている方はぜひお役立てください。あまりにもひどいギャン泣きは病気の可能性もあります。子どもの様子をよく見ましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/ccfa30f3c8dd4058942a97e1a37808e8/img01%20(1).jpg
その他

「泣く」という大切なメッセージを正しく受け止めよう

子どもが泣くと、多くの親はすぐに「泣きやませよう」とします。ですが、「泣く」という行為は小さい子ども達からご両親への「大切なメッセージ」です。そのメッセージを受け取る努力をせずに拒絶してしまうと、実は子どもの「心の発達」「言葉の発達」「社会性の発達」においてマイナスな対応を重ねていることになってしまいます。ここでは「泣く」というメッセージの受け止め方について、夜泣きや「泣き」のタイプにあわせて解説いたします。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/8263a0e45d244deaab24dac140089e81/img01.jpg
赤ちゃんの育児

赤ちゃんはなぜ泣くの?理由と対処法を紹介

「赤ちゃんは泣くのが仕事」とよく言われますが、何をしても泣き止まないと「何がいけないのだろう」「もしかして病気かも…」と不安になってしまうところです。理由もわからずにあやし続けていると、パパもママも疲れ切ってしまいますので、赤ちゃんが泣く主な理由と、その対処方法をあらかじめチェックしておきましょう。今回は、赤ちゃんが泣く理由や、やってはいけない対処法、原因がわからないときの対応の仕方について解説します。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/49219885ab634d09a5d90f4d1ddb97f4/img01%20(1).jpg
赤ちゃんの育児

0歳児の夜泣きがつらい…原因と対処法を紹介!

「赤ちゃんは泣くのが仕事」といいますが、昼間に家事や育児をこなしたうえで、夜泣きの面倒まで見続けるのは大変ですよね。何をしても泣きやんでくれない0歳児の夜泣きに、睡眠不足やストレスがたまり、疲労困憊してしまうママやパパは多いようです。そこで今回は、0歳児の夜泣きの原因と対処法を紹介します。「夜泣きの対処法がわからない」と悩んでいるママやパパは、ぜひ参考にしてみてください。

3歳~6歳の育児」の新着記事

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/8f066d7fe11645069654541f12f99c02/%E5%B9%BC%E7%A8%9A%E5%9C%92%E3%81%AE%E5%85%A5%E5%9C%92%E5%BC%8F%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%A4%EF%BC%9F.jpg
3歳~6歳の育児

幼稚園の入園式っていつ?日程から服装・式典マナーまで徹底ガイド!

入園式は、子供たちにとっても親にとっても、新しい生活のスタートラインです。この大切な節目を前に、多くの家庭で準備や期待の気持ちが高まっていることでしょう。本記事では、幼稚園の入園式に関わる疑問や不安を解消し、スムーズに当日を迎えられるよう、日程や服装、マナーについて詳しくご紹介します。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/4e4ad788c5434fa38b4d5a09891296b5/%E5%B9%BC%E7%A8%9A%E5%9C%92%E3%81%AF%E4%BD%95%E6%AD%B3%E3%81%8B%E3%82%89%E5%85%A5%E3%82%8C%E3%82%8B%E3%81%B9%E3%81%8D%EF%BC%9F.png
3歳~6歳の育児

幼稚園は何歳から入れるべき?ベストな入園時期と保育年数を徹底ガイド!

赤ちゃんだった子供が1~2歳を迎える頃になると、「幼稚園って何歳から入園できるの?」と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。この記事では、幼稚園入園に関する基礎知識から、保育年数の選び方、さらに幼稚園選びのポイントや入園までの準備について、分かりやすく解説します。あなたの子供にとって最適な集団生活のスタートを切るために、一緒に幼稚園について見ていきましょう!
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/23c64a049cac4fcb87a17336973ce948/3%E6%AD%B3%E5%8D%8A%E3%81%A7%E3%82%AA%E3%83%A0%E3%83%84%E3%81%8C%E5%8F%96%E3%82%8C%E3%81%AA%E3%81%84%E5%8E%9F%E5%9B%A0%E3%81%A8%E3%81%AF%EF%BC%9F.png
3歳~6歳の育児

3歳半でオムツが取れない原因とは?効果的なトイレトレーニングの進め方

トイレトレーニングは、子どもの成長における大きな節目の一つです。子どもの成長には個人差がありますが、特にトイレトレーニングに関しては、その進み具合に親御さんが不安を感じることも少なくありません。3歳半頃になってもオムツが取れないという場合、何か原因があるのか、親はどのように対応すれば良いか、不安になる方も多いのではないでしょうか。この記事では、トイレトレーニングをスムーズに進めるために、親が知っておくべき情報を詳しくご紹介します。この記事を読んで正しい知識を身につけ、親子で安心してトイレトレーニングに取り組みましょう!
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/0bfe1a37f7cf420a9ca732e5ec685c1a/4%E6%AD%B3%E3%81%AE%E3%81%B2%E3%81%A9%E3%81%84%E7%99%87%E7%99%AA%E3%81%AF%E3%81%84%E3%81%A4%E3%81%BE%E3%81%A7.png
3歳~6歳の育児

4歳のひどい癇癪はいつまで?発達障害との関係や親の対処法

4歳の子供が示す強い感情の爆発、「癇癪」に直面することは、多くの親にとって大きな悩みの種です。この記事を通して、4歳のお子さんの癇癪の背後にある理由、対応策、そして発達障害との関連性について、わかりやすくご説明します。この難しい時期を親子で上手に乗り越えるためのヒントをお伝えしますので、ぜひ最後までご覧ください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/c18cc342f72e4ca7aac9025fc61cf837/%E3%80%8E3%E6%AD%B3%E5%85%90%E7%A5%9E%E8%A9%B1%E3%80%8F%E3%81%AE%E8%B3%9B%E6%88%90%E6%84%8F%E8%A6%8B%E3%81%AF%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%A0%E3%81%91%EF%BC%9F.jpg
3歳~6歳の育児

『3歳児神話』の賛成意見は日本だけ?不安に思う親が心得ておくべきこと

子供の成長に関する「3歳児神話」は、日本の育児界でよく話題になります。この記事では、そんな3歳児神話の起源、日本と外国での受け止め方の違い、そして現代の育児への影響を探ります。さらに、3歳の子供の心と体の発達、現代の育児でのこの神話の位置付け、そして育児をもっと楽しむためのアドバイスについてもお話しします。現代の親が抱えている不安を少しでも和らげ、子育ての楽しさを再発見できるようにする方法を、一緒に見ていきましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/bcf84d903fab4930969178023fd477fd/4%E6%AD%B3%E3%81%AE%E5%8B%89%E5%BC%B7%E3%81%AF%E3%81%A9%E3%81%86%E6%95%99%E3%81%88%E3%82%8B%EF%BC%9F.jpg
3歳~6歳の育児

4歳の勉強はどう教える?楽しみながら学びを深めるコツ

4歳のお子さんがいるご家庭では、勉強の仕方に頭を悩ませることも多いかもしれません。この記事では、そんなお悩みを解決するために、子供が勉強を楽しめるようなアイデアやコツをご紹介します。また、子供が学びに夢中になれるよう、親がどうサポートするかも大切なポイントです。勉強が「しなければならないこと」から「したいこと」へと変わるようなヒントが満載です。この記事を読んで、親子で一緒に勉強の楽しさを見つけていきましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/74e8d0c6b9804b03af701edc7e2f27b7/3%E6%AD%B3%E3%81%AE%E9%A3%9F%E4%BA%8B%E3%80%81%E4%BD%95%E3%81%8C%E6%AD%A3%E8%A7%A3%EF%BC%9F%E5%BF%85%E8%A6%81%E3%81%AA%E6%A0%84%E9%A4%8A%E7%B4%A0%E3%82%84%E3%83%A1%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%80%81%E4%BC%9D%E3%81%88%E3%81%9F%E3%81%84%E9%A3%9F%E4%BA%8B%E3%83%9E%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%81%BE%E3%81%A7%E8%A7%A3%E8%AA%AC.jpg
3歳~6歳の育児

3歳の食事、何が正解?必要な栄養素やメニュー、伝えたい食事マナーまで解説

3歳の子供を持つ親にとって、毎日の食事は悩みの種になりがちです。好き嫌いが多かったり、なかなか集中して食べてくれなかったりと、頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。この記事では、子供の成長に欠かせない栄養素、楽しく健康的な食事メニュー、そして子供に伝えたい食事マナーまで、詳しく解説します。家族での食事のひとときをより心温まる、充実したものにしていくためのヒントを探してみませんか?
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/5ac2762d93b743aab0bd1f822bbc9315/%E7%99%87%E7%99%AA%E3%82%92%E8%B5%B7%E3%81%93%E3%81%99%E5%AD%90%E3%81%A9%E3%82%82%E3%81%A8%E6%AF%8D%E8%A6%AA.png
3歳~6歳の育児

3歳児の癇癪、いつまで続く?イヤイヤ期を乗り越える効果的な対処法

3歳のお子さんを持つ親御さんにとって、子供の癇癪は日常生活の大きな悩みです。この記事では、3歳児の癇癪の原因とその対処法、癇癪が落ち着く時期について、ベビーパーク・キッズアカデミーの知見を交えながら、3歳児の癇癪に困っている親御さん向けに解説します。この記事を読んで、親子の毎日を穏やかにし、親子関係を強くするヒントを探りましょう!
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/a4a1bc9b3481419eb45bdeb7f9bd7f08/NO198-%E2%91%A0.jpeg
3歳~6歳の育児

ひらがなはいつから読んだり書いたりできるようになる?~読み書きの目安やNG行動を紹介~

お子さまが3~4歳になると、街の広告看板のひらがなを読んだり、早い子ではひらがなを書き始めたりと、徐々に周りでひらがなを理解できる子どもが増えてくると思います。言葉や文字の理解は個人差が大きいものですが、そのような光景を目にするとつい親としては「うちの子は全然ひらがなに興味ないけど、大丈夫なのかな?」と心配になってしまったりすると思います。 こちらのコラムでは、子どもが一般的に何歳くらいからひらがなを読み書きするようになるのか、ひらがなに興味を持ってもらうにはどうすればよいのか? ひらがなを教える時のNG行動や、小学校入学時の目安についてお伝えしていきます。ぜひ参考にしてみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/02fd02f725aa4b34bd27b5adaf18aa39/NO196-%E2%91%A0.jpeg
3歳~6歳の育児

親子で楽しむ理科実験2キッチン編 ~おうちでできる幼児~小学生向けの理科実験をご紹介!~

幼児教育をお考えの親御さんでしたら、お子さまに楽しく学びの機会を与えることの重要性はよくおわかりかと思います。お子さまの知能を伸ばすポイントとして大切なのは、日々親が子どもに愛情をもって接すること(アタッチメント)と、遊び感覚で本人が楽しみながら学ぶことです。こちらのコラムでは、幼児期から小学生くらいの間におうちでできる簡単な「理科実験」についてご紹介します! 今回は、特にキッチンでできる実験を特集しています。「なんでそうなるんだろう?」と考えることが、論理的な思考力を育てていきます。子ども用の解説についても掲載いたしましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。
ベビーパークは
育児がもっと楽しくなる
親子教室です
「親⼦の絆」をテーマにした
お母さまのための教室

レッスン開始のお歌とごあいさつ。英語の歌を聞いてる!こうやって日常の中に英語を盛り込む事が大切なんですね!

叱らなくてもすむ育児

3歳までの子供を叱ることは百害あって一利ありません。ベビーパークで育った子供たちは叱らなくても良いのです。叱る必要がないのです。

3歳までの心や脳に
最適な育児法

3歳までの環境でお子様の土台ができあがります。言葉を話す能力も、自分の気持ちをコントロールする能力もこの期間にほとんど形成されます。

全国の教室を探す

ベビーパーク、キッズアカデミーは全国に

200教室

(2023年8月時点)

都道府県で探す

北海道・東北エリア
関東エリア
中部エリア
近畿エリア
中国エリア
四国エリア
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
九州・沖縄エリア
無料体験レッスン
受付中!

期間限定で0円(無料)にて
体験レッスンが受講できます

1
オンライン体験前説明会

約30分

0~3歳児教育の秘密や、レッスン内のアクティビティの意味について、お伝えいたします。事前に目的を知った上でアクティビティを⾏うと、その効果は素晴らしいものになります。

2
教室でのレッスン

約50分

実際に生徒さまが通われている本レッスンのクラスに参加いただき、約10分のマザーリングと約40分のレッスンをお楽しみいただきます。
マザーリングでは月齢毎の育児知識が学べます。フルレッスンでは、知能・身体・心の発達に働きかける様々なアクティビティを体験できます。

まずは体験してください。楽しい無料体験レッスン受付中♪ レッスン料最初の2ヵ月無料。入室金無料。無料体験レッスンを詳しく見る

※1 初めご入室頂く方。または退室から6ヵ月を経過して再入室される方が対象。4ヵ月目末まで通室いただく事が条件となります。
※2 体験終了当日に入室意思を頂戴した方が対象。

ベビーパーク
公式LINEアカウント

ベビーパーク
公式Instagram

公式YouTubeチャンネル

ベビーパークのYouTubeチャンネルでは、育児に関する情報や通われているお母さまのインタビューなどをアップしております。