「泣く」という大切なメッセージを正しく受け止めよう

No.56更新日付:2024年2月13日

子どもが泣くと、多くの親はすぐに「泣きやませよう」とします。ですが、「泣く」という行為は小さい子ども達からご両親への「大切なメッセージ」です。そのメッセージを受け取る努力をせずに拒絶してしまうと、実は子どもの「心の発達」「言葉の発達」「社会性の発達」においてマイナスな対応を重ねていることになってしまいます。ここでは「泣く」というメッセージの受け止め方について、夜泣きや「泣き」のタイプにあわせて解説いたします。

「どうして泣いているのか」に心を傾けよう

どのような物事においても、「事象の表面だけ」を見てその場だけをしのぐ対応をする、というのは物事の解決にはいたらないものです。例えばお腹が痛い時に、実は「胃に穴が空いている」のにその場しのぎの「痛み止め」を飲み一時的に腹痛を止めると、それは胃の病状を放置してますます悪化させる結果につながります。

いっぽう痛む原因を調べ、病状を正しく把握すれば適切な治療を施すことができます。子どもが「泣く」時も同じで、「なぜ泣いているのか?」の原因を考えるより先に「その場だけ泣き止ませること」を目的にしてしまったり、ましてや「泣かないの!」と叱りつけてしまうと、お母さんの叱る声が怖くてその場は泣き止んだとしても「泣いた理由」は解決されないまま心の奥底に深く沈んでいくのです。

泣き止ませる最も効果的な方法は「なぜ泣いているのか突き止めること」

実は、泣き止ませる最も効果的な方法とは、「なぜ泣いているのかを正しく突き止め、原因を取りのぞくこと」です。「泣き止ませること自体」を目的とせずに、「どうして泣いているのか」に対してまず一番に心を傾けられる親になりたいものです。結果的にはそれがベストな「泣き止ませる方法」になります。

子どもにとって「泣く」は「不快」を訴えるメッセージ

まだ大人ほど「言葉」で流暢に気持ちを伝えられない子ども達にとって、「泣くこと」は大人に気持ちを伝える重要な方法です。特に2歳半前頃の「不快」は、【本能】か【原始的感情】のどちらかに基づいたものです。

【本能】的な不快としては、「お腹がすいた」「オムツがぬれて気持ち悪い」「暑い・寒い」「痛い・苦しい」「眠い」「自由にさせてもらえない」「動きを拘束されている」などです。

もう一方の【原始的感情】による不快としては、「欲しいものが取れない・取られた」「好きな人(特にお母さん)が側にいない」「好きな人が自分以外に好意を向けている(嫉妬の感情)」「見知らぬ場所・相手で不安」などがあります。

満たしてあげられる欲求なら、できる限り満たしてあげる

いずれも「理性・知性」が充分に発達する以前には「叱る必要」などないことばかりです。こういう時は、「満たしてあげられる欲求」ならばできる限り満たしてあげましょう。その方が早い時期に満足し、一定年齢以上になるとその欲求は収まるものです。

欲求を理解し、共感してあげる

また、もし「満たす事のできない欲求」ならば「これがしたいのね」と欲求を理解し、共感してあげたうえで「でも今はできないの。ごめんね」と語りかけましょう。

子どもが、何かを「したい!」と思う心は自由です。「実際におこなうかどうか」は別問題なので、「やりたい心」は認めて受け入れてあげ、「でもそれはできないの」と穏やかに語りかけましょう。また、もしどうしても泣いている理由がわからない時には、抱きしめて「お母さん、わかってあげられなくてごめんね」と言ってみましょう。それだけでも案外すんなりと泣きやんでくれる場合があります。

0歳時など早い時期の「泣き」

0歳期の「泣き」というものは、実は「言葉」で伝えられるようになれば収まるものがほとんどです。「お腹が空いた」という泣きならば、「ぱ(おっぱい)」や「ミ(ミルク)」という言葉で伝えられるようになれば泣かなくてすみます。

しかし、0歳期の発声器官にとって、「おっぱい」という言葉を発音するのはまだ難しく、「ぶらさがり遊び」で筋力の発達を促したり、「ご両親の表情のまねっこ遊び」や「赤ちゃんが出した音をまねして返す会話遊び」によって、発声器官の発達をいくらか促進することはできますが、それでもやはり0歳期に発音できる音は限られています。

0歳児でも使える音で「言葉」を教えると意思を伝えられるようになる

そのため、早い時期から赤ちゃんの使える音だけで「言葉」を教えるのは効果的な方法です。「ママ」と「お母さん」が同じ意味をもつことを教えるのと同様に、「おっぱい、おっぱ、ぱ、おんなじ・おんなじ。ぱ、飲む? おっぱ飲む?おっぱい美味しいね」などと日々語りかけを続けることによって、自然に「ぱ!」という表現で「お腹が空いた」という意思を伝えられるようになるのです。

「泣く以外の方法でコミュニケーションする」段階のスタートです。このような働きかけを意識的におこなわないと、実は1歳半を過ぎても「泣く」という方法によってしか感情を伝えられない場合もあります。ご両親の積極的かつ適切な「語りかけ」がお子さんの言語能力を育てるのです。

ちなみに、「犬」を「ワンワン」と呼ぶような「幼児語」は教える必要がありません。「ワンワン」は「犬の鳴き声」です。「靴」が言えなくて「く!」と呼ぶとしても、「くっく」と呼ぶ必要はありません。「ワンワン」や「くっく」という「いずれは使わなくなる無駄な知識」を覚えるより、他に重要な名詞を覚えた方が無用な遠回りをせずにすみます。

「こどもだまし」はしない

子どもが転んで泣いている時、「痛くない!」と叱りつけているお母さんは多いのではないでしょうか。しかし、子どもにとっては「痛い」のです。本当は痛いのに「痛くないよ」などという「子どもだまし」は教育的効果から考えると実はマイナスな対応です。

痛みや不快の原因を認めあげることが大切

泣きやませるには、まずは「痛み」を「認める」ことから始めましょう。「痛かったね。そうだね。でも大丈夫。痛い、痛い。でもこれは小さい痛いだから大丈夫だよ。ようし強いね。良い子だね」などと語りかけながら抱きしめて泣かせます。

「痛さ」を認めてもらうと、不思議と痛みもいくらか和らいだような気がしてくるものです。予防接種などでも、「ちょっぴりだけ痛いよ。ちょっと痛いけど、でも大丈夫。このくらいの「痛い」は大丈夫なんだよ」と「事実」を語りかけてあげるのが一番です。

このように事前に語りかけてあげるとほとんどの子どもは「針を刺した瞬間」くらいは泣きますが、その後すぐにピタッと泣き止むものです。泣き止んだら大袈裟なくらいたっぷりと褒めてあげましょう。

軽いケガは「痛い」という言葉を教えるチャンス

まだ0歳~1歳半前くらいの子どもがどこかに頭をゴッツンコした時について、もし病院での受診が必要なくらいのケガならば冷静かつ迅速な対応が必要ですが、それほどでもない軽いゴッツンコや、低い高さから落ちた、などというくらいなら心配はいりません。

軽いケガならば親は過剰に不安そうにしない

そこでお母さんがあまりにも「不安そう」にしていると、お母さんの感情は子どもに敏感に伝わり、かえって「臆病」「泣き虫」「心配性」「挑戦しない」といった、特性の脳内回路を育ててしまいます。

そして、心配ない程度の軽いタンコブくらいの場合、「痛い」という「言葉」を教えるビッグチャンスです。抱きしめて「痛いね。痛かったね~。ああ、痛かった、痛かった。痛い、痛いね」とやさしく語りかけます。

「痛い」の意思表示ができるように促してあげる

実はこの「痛い」という意思表示は大変重要なキーワードです。明らかな外傷なら親もすぐにわかりますが、お腹が痛い、頭が痛い、など「眼に見えない痛み」は子どもが小さいうちは大人にはわからず、時には緊急な受診が必要な症状の場合もあります。

ゆえに「痛い」という緊急メッセージについては「表現できること・伝えられること」が何よりも大切です。子どもによって、「発声器官」より「手指の機能」が先に発達していることもありますので、「痛い」だけは、「言葉」と「サイン」の両方を教えると良いでしょう。

一般的なベビーサインでの「痛い」という表現は、両手を握り、人差し指だけを立てて、両手の人差し指同士をくっつけます。

ストレス解消の「泣き」

小さい子が「泣くこと」の目的は大きく分けて2つあります。1つめは前述の通り「メッセージ」の泣きです。これは何か欲求・要求があって泣くので、その欲求を満たしてあげれば収まります。

そしてもう1つは「ストレス解消」の泣きです。実は大人でも、「泣く」という発散行動はストレスマネジメント(ストレスを上手に解消する方法)の一つなのです。筋力を向上させるのに「適切な負荷をかけてトレーニング」することが重要であるように、心の強さを向上させるにも「適切な心理的負荷」である少々のストレスは必要です。

そしてそのストレスを「乗り越える方法」を学び、身に付けていくことが「心の教育」には大変重要です。「泣く」ことは、その「上手なストレス処理方法」の一つなのです。

「問題」が解決しても泣き続ける時は、「ストレス処理の泣き」

そのため、「問題が解決した」はずなのにまだお子さんが大声で泣き続ける時は、もう「ストレス処理の泣き」段階に入っています。「もう泣かないで」と止めずに、思う存分泣かせてあげましょう。そして、出来れば抱きしめて「そうか、~~だったんだね」と共感してあげるとより効果的です。

声かけは様子を見てほどほどに

ただ、「泣きの最後の段階」に入ってきている場合、せっかく気持ちが落ち着いてきたところでよけいな事を言って思い出させるとまた激しく泣いてしまう、という事もあるので「声かけ」は様子をみてほどほどにするのがよいでしょう。「泣かないで」という言葉よりも「泣いていいんだよ」という言葉の方が、結局は「早く泣き止ませる結果」につながるのです。

「夜泣き」について

「夜泣き」だけは前述の事例にあてはまりません。「夜泣き」の原因は未だ科学的に解明されていませんが、バリやボツワナのような「狩猟・採集生活」を続けている人々の村では「夜泣きのない社会」が成立していることも報告されています。

科学文明が発達する以前の、子ども達がほぼ24時間お母さんにおんぶされて好きな時に授乳してもらえる暮らしでは「夜泣き」は存在しないのです。

乳児にとって睡眠中に母親とはぐれることは死を意味する

哺乳動物の乳児にとって睡眠中に母親とはぐれることは、すなわち「死」を意味します。ですから眠っている間、母親のおっぱいに吸い付いている動物は多く、もっとも鋭敏である「舌」の記憶が、大脳の眠っている間にも「ママはここにいるよ。ボクを守ってくれているよ」という確信を伝え、安心に繋がっているように考えられます。

授乳さえすれば安心して寝入ってくれる

ですから母乳育児のリズムが確立している場合はそれほど「夜泣き」は続かず、授乳さえすれば大抵は10分程度で気持ちよく寝入ってくれます。ただし、お母さんの食事が日本人の体質に適していないもの、糖や油脂を多く含む洋風の食事だったりすると「夜泣き」がなかなか収まらないようなので、子どもが3歳までは食事内容に配慮すると良いでしょう。

授乳以外の対策としては、乳首代わりになる「何か特別な柔らかいもの」を見つけた時、穏やかに眠れるようになる子どもも多いようなので、毛布やぬいぐるみなど「子どもにとって特別」になるものを見つけてあげましょう。

また、泣いている時には極力添い寝をしてあげましょう。「夜泣き状態」の時には「知性」は覚醒していないようなので、何時間も収まらない時はいっそ一度、起こしてしまうのも一つの方法です。

「泣く・夜泣き」のことに興味があるなら、こちらの記事もオススメです

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/68c8be1a5df1431eb6dddfb78b01167d/NO200-%E2%91%A0.jpeg
赤ちゃんの育児

赤ちゃんの「黄昏泣き」とは?~その原因や症状、親ができうる対策法について解説~

「黄昏泣き(たそがれなき)」という言葉を知っていますでしょうか? 生後しばらく経った赤ちゃんに見られる、夕暮れ時になると急にぐずり出したり泣き出したりする状態を指します。赤ちゃんが生まれてから怒涛の日々のなかで、ようやく少し育児にも慣れてきたかなという時に、赤ちゃんがこの「黄昏泣き」になってどうしてよいかわからず疲労困ぱい、なんて話もよく聞きます。 こちらのコラムではこの「黄昏泣き」について、夜泣きとの違いやその原因、さらには親ができうる対処策について紹介していきます。少しでも赤ちゃんを育てていく助けになれれば幸いです。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/ae5209e607004c999883d8c80ac2d193/NO197-%E2%91%A0.jpeg
1歳~3歳の育児

「睡眠退行」ってなに?~その原因や起きる期間、対処法について解説!~

赤ちゃんを育てているご家庭での悩みごとといえば、「子どもがなかなか寝てくれない」「寝ぐずりがひどい」というのは定番ではないでしょうか? 夜いつまでも寝付いてくれなかったり、やっと寝たと思ったら夜泣きを起こしたり…と、お母さんも眠ることができずヘトヘトになってしまいますよね。特に一度は睡眠のリズムが安定してきたと思ったのに、再び不安定な状態に戻ってしまったりすることを「睡眠退行」と呼びます。こちらのコラムでは、この「睡眠退行」について、その原因やいつ起きるのか、そして対処法についてご説明していきます。よかったら参考にしてみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/48782f2a5795428195908f05b36ede8c/img01.jpg
1歳~3歳の育児

「夜驚症(やきょうしょう)」って何?~夜泣きとの違いや原因、対処法について解説~

子育てをしていると、「夜驚症(やきょうしょう)」という言葉を耳にすることがあると思います。主に2歳~6歳くらいまでの子に見られる睡眠中に起きる障害で、「夜泣き」とあわせて子どもの突然の夜中の発症に悩まされているお母さんも多いと思います。こちらのコラムでは、「夜驚症(やきょうしょう)」が起こる原因とその対処法、よく似た症状である「夜泣き」との違いも含めて説明していきます。よかったら参考にしてみくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/60b59c6943e34d668c5ffca2cb6efcc8/img01.jpg
その他

幼児がギャン泣きする理由や対応策を紹介

急にお子さんがギャン泣きを始めて「どうすればいいの?」と頭を抱えたり、お手上げ状態になってしまうことがあります。叫んでいるように泣いてしまうと、周りの目も気になり、親のストレスも溜まりやすいです。この記事では、年代別に幼児がギャン泣きする原因や対処法を紹介します。親がすべきではないことや、ギャン泣きを放置した場合にどうなるのかなども解説します。お子さんのギャン泣きに困っている方はぜひお役立てください。あまりにもひどいギャン泣きは病気の可能性もあります。子どもの様子をよく見ましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/8263a0e45d244deaab24dac140089e81/img01.jpg
赤ちゃんの育児

赤ちゃんはなぜ泣くの?理由と対処法を紹介

「赤ちゃんは泣くのが仕事」とよく言われますが、何をしても泣き止まないと「何がいけないのだろう」「もしかして病気かも…」と不安になってしまうところです。理由もわからずにあやし続けていると、パパもママも疲れ切ってしまいますので、赤ちゃんが泣く主な理由と、その対処方法をあらかじめチェックしておきましょう。今回は、赤ちゃんが泣く理由や、やってはいけない対処法、原因がわからないときの対応の仕方について解説します。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/49219885ab634d09a5d90f4d1ddb97f4/img01%20(1).jpg
赤ちゃんの育児

0歳児の夜泣きがつらい…原因と対処法を紹介!

「赤ちゃんは泣くのが仕事」といいますが、昼間に家事や育児をこなしたうえで、夜泣きの面倒まで見続けるのは大変ですよね。何をしても泣きやんでくれない0歳児の夜泣きに、睡眠不足やストレスがたまり、疲労困憊してしまうママやパパは多いようです。そこで今回は、0歳児の夜泣きの原因と対処法を紹介します。「夜泣きの対処法がわからない」と悩んでいるママやパパは、ぜひ参考にしてみてください。

その他」の新着記事

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/5461c7520a3c42a290d07d39f3e2b56e/NO206-%E2%91%A0.jpeg
その他

「育児ノイローゼ」ってどんな状態? なりやすい人の特徴や、予防法などをご紹介

妊娠中は、近い将来に生まれてくるお子さまのことを想って色々と考えをめぐらせたり、幸せで楽しみなものですよね。ところが実際に子どもが生まれてみると、産後の疲労とダメージのピークの中でいきなり初めての授乳や抱っこ、寝かしつけにトイレの世話と、想像を大きく超えるようなハードな毎日になってしまいます。 じゅうぶん眠ることもできないような怒涛の毎日のなかで、「こんなに子育てって大変なの?」「こんなはずじゃなかった」と、泣きたくなるような気持ちになったことのあるママは多いのではないかと思います。 赤ちゃん時代が終わっても、子育ては毎日想定外の出来事との遭遇の連続です。そんな中で気持ちがまいってしまったり、イライラしたりで、「私って育児ノイローゼなのかな?」と悩まれているお母さんも多いと思います。 こちらのコラムでは、そんな「育児ノイローゼ」について、どんな症状がみられたら要注意なのか、また予防策やなってしまった場合の対処法などをまとめています。「育児ノイローゼ」が疑われる場合、事情は色々あれど「頑張らない」ことがまず大切です。なるべく気持ちを穏やかにできるように、まずはこちらのコラムを無理のない範囲で読んでみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/4327889783f0482f9067a4ec8c4e7737/NO199-%E2%91%A0.jpeg
その他

「メンタルリープ」って何?~その意味や起きる時期、親としてできることを解説!~

近年、育児に関する記事やニュースを読んでいると、「メンタルリープ」という言葉を目にする機会が増えています。 「メンタルリープ」とは、赤ちゃんがその成長の過程のなかで、ある時期急速に脳が発達することという意味で、その時期にさしかかると子どもの様子が変わったり、ぐずって不機嫌になったりといったことが起きるといわれています。 こちらのコラムでは、この「メンタルリープ」が起こるといわれている時期や、その時に見られる兆候や親としての対処法などを説明していきます。赤ちゃんの時は身体もそうですが、脳が非常に急速に発達する時期です。お子さまの成長の手助けになれれば幸いです。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/6adff7972f6f4063914c49f6b6186fc4/img01.jpg
その他

子どもの「公園デビュー」について ~いつ始める?注意点などを解説~

子どもの誕生から2ヶ月くらいが経つと、お出かけもできるようになり抱っこひもを使って徐々に親子でのお散歩などを楽しむ機会が増えてきます。公園で遊ぶ子どもたちを見ながら、うちの子の「公園デビュー」はいつにしようかな?と考える機会が増えてくるのもこのくらいの時期からだと思います。「公園デビュー」とは、幼い子どもが初めて公園に行く経験を指します。パパママが子どもを公園に連れて行き、子どもは遊具や自然で遊びだけでなく、お友達との出会いなど多くの体験をします。公園デビューは、子どもの成長と発達にとって重要な一歩であり、様々な面での学びや体験のよい機会となります。こちらのコラムではそんな「公園デビュー」について、いつから始めるのが適切か?、持ち物はどうしたらよいか?、また公園デビューにあたっての注意点などを簡潔にまとめています。子どもにとって公園が楽しい場所となって健康的に育つように、ぜひ参考にしてみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/296dc3ee395e498980f3ac8e281bc9de/img01.jpg
その他

「パパ見知り」って何? ~始まる時期やよくある現象、対策について解説!~

生後半年を過ぎたころから始まる「人見知り」。ママ以外の人と会うのを怖がったり、近づくのをためらったりと、親の立場としては困ってしまう時もあるかもしれません。ただし、人見知りは子どもの成長の証。自分と相手の存在を正しく認識し、他者に対する「恐怖感」を感じるということは、わが子が正常に成長していることの証明でもあります。今回は人見知りの中でも、特にパパに対しての人見知りである「パパ見知り」についてより深く見ていきます。パパを見ると怖がって泣き出したり、抱っこをされると身をよじって避けようとしたりと、パパにとってはショックな「パパ見知り」。こちらのコラムでは、「パパ見知り」によくみられる現象や対処法などを解説していきます。よかったら参考にしてください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/d1d80ed085364a09ac8202bccb14c295/img01.jpg
その他

「ママ友」の存在がもたらすメリットと上手な付き合い方について

皆さまは「ママ友」と聞くとどのようなイメージをお持ちでしょうか? インターネットの検索で見ると「面倒くさい」「トラブル」などといったワードともに検索されていることが多いようで、どちらかというとネガティブな話題が多いように思われます。しかし、子育てをしていくにあたって「ママ友」の存在はとても心強いものにもなります。こちらのコラムでは、「ママ友」がいることのメリットや、上手な付き合い方について解説していきます。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/ba88ac9d4c06417b82022f134deb8223/img01.jpg
その他

子どもの金銭感覚の育て方~幼少期からお金の勉強をする方法とメリットについて解説

昨今の世間を賑わせるお金の絡んだニュースを見て、うちの子どもにはきちんとした金銭感覚を養わせないといけない、と感じている親御さんも多いと思います。お金はよりよい人生を送るためにとても大切な道具の一つでありますが、いっぽうでお金に飲まれてしまったり、お金だけを大切にして道を誤ってしまったり、といった話は枚挙にいとまがありません。とはいえ、いつからどのように子どもにお金について教えてあげればよいのだろう?と困っている方も多いと思います。このコラムでは子どもへの金銭価格、お金の教え方について、始めるべき時期や具体的方法について説明しています。ぜひ参考にしてみてください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/5347c52eaaee41e9af8f94813f3e6adf/img01.jpg
その他

子どもの幼児期からペットを飼うことのメリットと注意点について

幼児期の子どもを持つお母さん、お父さんには、子どものためにペットを飼ってあげたい、と考えている方も少なくないと思います。子どもにとってペットを育てて生活を共にする経験は大きなものです。住宅環境によって制限はあるものの、どんなペットを飼うべきは迷いますよね。こちらのコラムでは、子どもが何歳くらいになったらペットを飼うのが適切か?ペットを飼うことにはどんなメリットがあるのか? ペットと子どもを一緒に育てる事にどんな注意点があるのか?などを解説していきます。ペット選びの前に参考にしていただけますと幸いです。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/7a263159b7ff47acb598849202327297/img01.jpg
その他

子どもの「赤ちゃん返り」~どんな時に起こる?対処法は?詳しく解説します~

第二子が生まれると、上の子どもが突然赤ちゃんのころに戻ったかのようにふるまいだす「赤ちゃん返り」。上の子だって構ってほしいのは理解しつつも、二人めが生まれて毎日忙しいさなかに「赤ちゃん返り」されて大変…、という話はよく聞きますよね。こちらのコラムでは、この「赤ちゃん返り」について、いつ・なぜ起こるのか?と具体的な対処方法についてご説明していきます。これから二人めのお子さまを考えている方もぜひ読んでみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/1cf2359aa76d45aea3c2911d77651694/img01.jpg
その他

「STEM教育」とは? 意味や定義、日本の実践状況や家庭での取り組み方をご紹介!

近年、教育関係の本や記事を読んでいると、「STEM教育」というワードがよく目につくようになりました。国語・算数・理科・社会ができていればよかった昔とは変わって、IT・コンピュータや早期の英語教育、国際的に通用する表現力・思考力など将来必要とされる能力や技能も増えてきて、ママパパとしては可愛い我が子に何を教えてあげればよいのだろう?、と迷ってしまう方も多いと思います。こちらのコラムでは、注目のキーワードとなっている「STEM教育」について、その意味や日本での「STEM教育」の実施状況、子どもに「STEM教育」を受けさせるにはどうすればよいかを解説しています。参考になれば幸いです。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/3056bbe8e295459d8baed6a5093a658b/img01.jpg
その他

「小1プロブレム」について~小学校入学の現状と幼児期からの対策について紹介~

近年「小1プロブレム」という言葉を、ニュース記事や雑誌などで目にすることが増えてきました。「小1プロブレム」とは、子どもたちが保育園や幼稚園を卒園後に、小学校での生活になかなかなじめず、落ち着かない状態になってしまうことをいいます。この「小1プロブレム」に見舞われている学校や生徒が最近増えてきているといわれます。こちらのコラムでは、「小1プロブレム」について、近年増えてきている理由や幼児期からできうる対策についてご説明していきます。来年小学校への入学を控える年長さんの子どもを持つ親御さんだけでなく、年中さんや年少さんの子どもを持つお母さんもぜひ読んでみてくださいね。
ベビーパークは
育児がもっと楽しくなる
親子教室です
「親⼦の絆」をテーマにした
お母さまのための教室

レッスン開始のお歌とごあいさつ。英語の歌を聞いてる!こうやって日常の中に英語を盛り込む事が大切なんですね!

叱らなくてもすむ育児

3歳までの子供を叱ることは百害あって一利ありません。ベビーパークで育った子供たちは叱らなくても良いのです。叱る必要がないのです。

3歳までの心や脳に
最適な育児法

3歳までの環境でお子様の土台ができあがります。言葉を話す能力も、自分の気持ちをコントロールする能力もこの期間にほとんど形成されます。

全国の教室を探す

ベビーパーク、キッズアカデミーは全国に

200教室

(2023年8月時点)

都道府県で探す

北海道・東北エリア
関東エリア
中部エリア
近畿エリア
中国エリア
四国エリア
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
九州・沖縄エリア
無料体験レッスン
受付中!

期間限定で0円(無料)にて
体験レッスンが受講できます

1
オンライン体験前説明会

約30分

0~3歳児教育の秘密や、レッスン内のアクティビティの意味について、お伝えいたします。事前に目的を知った上でアクティビティを⾏うと、その効果は素晴らしいものになります。

2
教室でのレッスン

約50分

実際に生徒さまが通われている本レッスンのクラスに参加いただき、約10分のマザーリングと約40分のレッスンをお楽しみいただきます。
マザーリングでは月齢毎の育児知識が学べます。フルレッスンでは、知能・身体・心の発達に働きかける様々なアクティビティを体験できます。

まずは体験してください。楽しい無料体験レッスン受付中♪ レッスン料最初の2ヵ月無料。入室金無料。無料体験レッスンを詳しく見る

※1 初めご入室頂く方。または退室から6ヵ月を経過して再入室される方が対象。4ヵ月目末まで通室いただく事が条件となります。
※2 体験終了当日に入室意思を頂戴した方が対象。

ベビーパーク
公式LINEアカウント

ベビーパーク
公式Instagram

公式YouTubeチャンネル

ベビーパークのYouTubeチャンネルでは、育児に関する情報や通われているお母さまのインタビューなどをアップしております。