保育園入園に必要なアイテムは? 入園準備にしておきたいことも解説

No.60更新日付:2024年2月13日

保育園に入園することが決まったら、入園までに必要なアイテムをそろえ始めます。用意するアイテムは保育園によって異なりますし、お子様の年齢によっても必要なものが変わります。

本記事では0~3歳までを対象に、共通してそろえるアイテムや年齢別に必要なものなどを詳しく紹介します。入園準備でよくある失敗についても合わせて解説しますので、最後までご覧いただき準備万端の状態で入園を迎えましょう。

保育園の説明会に参加してから必要なものを準備しよう

どの保育園でも共通して必要なものはありますが、保育園ごとに必要なものや持ち物のルールが決まっています。入園が決まったら説明会が行われ、そこで園のルールについても知ることができるため、必要なアイテムをそろえるのは説明会参加後からにしましょう。

説明会に参加する前に動き始めてしまうと、せっかく購入したのに使えないということも起きてしまいます。ただ、説明会の開催時期によっては準備する時間が十分にないこともあるので、ある程度目星をつけておくとスムーズです。

保育園入園に必要なアイテム

さっそく保育園入園に必要なアイテムを紹介していきましょう。まずはどの年齢でも共通して必要なものを紹介しますので、ご自身でもリストを作って買いもれがないようにしてください。

着替え一式

保育園で生活すると、食べこぼしやおもらし、遊んだ時の汚れなどで服を何回か着替えるのは日常茶飯事です。そのため、Tシャツ・トレーナー・下着・靴下などの着替えは保育園に2〜3セット預けておく必要があります。

ワンピースやフードがついたパーカなどは禁止の園が多いようです。説明会でしっかり確認して、ルールの範囲内で着替えを用意してください。

着替えを入れる袋

着替えをまとめて入れておく袋を用意しましょう。冬場は着替えがかさばるので、大きめの袋を用意しておくと安心です。

雨具

雨が降ったときは傘・レインコート・長靴などが必要です。園でルールを設けていることもあります。成長段階に合わせたものを選んであげましょう。

通園バッグ

通園時にお子様が使うバッグも必要です。通園バッグも保育園で指定やルールが決まっている可能性があります。お子様の身体の大きさに合わせて無理なく持てるサイズのものを選びましょう。

ゴム付き帽子

ゴムがついた帽子も欠かせませんが、制服がある場合は園が指定することがほとんどです。制服がない場合も、帽子だけは指定されることがあります。帽子のゴムはお子様にぴったり合うように調節してあげましょう。

ループ付きタオル

保育園で使用するタオルはフックにかけられるループ付きのタオルを指定されることが多いです。名前を書く欄があるタオルだと準備がしやすのでおすすめ。ただ、タオルの大きさを指定されることもあります。

コップ・マグカップ

保育園でお茶などを飲むときは、コップやマグカップが必要です。お子様が持ちやすい形や大きさのものを選んであげましょう。また、コップやマグカップを入れるための袋も一緒に用意しておいてください。

お昼寝用寝具一式

お昼寝用寝具一式に何が含まれるかは園によって異なります。説明会で必要な寝具が伝えられるので、それに合わせて用意しましょう。

おむつが外れているお子様であればおもらしを考慮して、2組用意しておくと安心です。また、週末は家に持ち帰って洗濯をするため、持ち運び用のバッグがあらかじめセットになっているものを選びましょう。

ママバッグ

3歳頃までは毎日持っていくものがたくさんあります。必要なものが全て入るような大きめのママバッグを用意しておきましょう。収納力が高く、仕切りがあるようなタイプで肩からかけられるものなら整頓しやすいですし、持ち運びも楽です。

連絡ノート

保育士と保護者でその日の出来事や気になること、食べたものなどのやりとりをする連絡ノートも必要です。園で用意してくれる場合もありますが、ない場合は用意しなければなりません。指定のサイズなどを確認してから購入しましょう。

汚れたものを入れるビニール袋

汚れた着替えやおむつを入れる袋も必要です。100円ショップやホームセンターなどで売られているビニール袋を用意しておきましょう。

【年齢別】必要なアイテムリスト

お子様の年齢によって必要なアイテムも変わってきます。成長に合わせて用意してあげましょう。

0〜1歳

0〜1歳児に必要なアイテムは以下のとおりです。
●食事用エプロン
●スタイ
●哺乳瓶
●粉ミルク・母乳パック
●離乳食用のスプーン・フォーク
●おむつ・おしり拭き

食事用エプロンはシリコン製や布製がありますが、園によってはシリコン製が禁止のところもあります。スタイは着替え同様、多めに用意しておきましょう。

哺乳瓶は日ごろお子様が飲み慣れているものがおすすめです。基本的には粉ミルクが指定されることが多いようですが、お子様が粉ミルクを飲めない場合は母乳パックでもOKとしている園もあるようです。

2〜3歳

2〜3歳で必要なアイテムは以下のとおりです。
●食事用エプロン
●歯ブラシ・コップ
●トイレトレーニングセット
●上履き
●水筒
●リュックサック

2歳頃であればまだ食事用エプロンが必要なこともあります。園からの説明に合わせて用意しましょう。

園によって異なりますが、2歳頃からはみがきをさせる保育園が多いです。トイレトレーニングセットは、早ければ2歳半頃から必要になります。いつ頃からトイレトレーニングを始めるのか確認しておきましょう。

歩ける年齢になると園の中では上履きを履いて生活するようになります。サイズに合った上履きを用意してあげてください。

また、2〜3歳頃になると園の近くの公園に出かけたり、遠足をしたりする機会も増えてきますので、必要になった時に焦らないよう事前にリュックや水筒を用意しておくと安心です。

保育園入園までにできるようにしておきたいこと

保護者もお子様を保育園に預けることに不安があるはずですが、未知の場所で生活するお子様はさらに不安でいっぱいです。早く保育園になじめるように入園までにチャレンジしておきたいことを紹介します。

保育園のリズムに慣れておく

今まで比較的自由に生活してきたのであれば、保育園のリズムに合わせて規則正しい生活を始めてみましょう。保育園であらかじめ一日の流れを教えてもらえるので、その流れに沿って家でも生活させておくと入園してからなじみやすくなります。

同じ年齢の子どもとふれあう機会を作る

同年代の子どもたちがたくさんいるという環境にびっくりして、なじめないお子様もいます。公園やプレイグラウンドで同年代の子どもとふれあう機会を作っておくと、入園してからもお友達が作りやすいです。また、幼児教室に参加して入園前に集団で過ごすことに慣れておくと、よりスムーズに生活できるでしょう。

短時間預けてみる

これまでお子さまを預けた経験がないのなら、自治体の子育て支援や一時保育、ベビーシッターなどに短時間預けてみるのもおすすめです。ご両親がお子様を誰かに預けることに慣れさせておくことも大切ですし、保育園入園後の気持ちのシミュレーションができます。

保育園準備でよくある失敗

お子様を保育園に預けている先輩ママが保育園準備で経験したよくある失敗を紹介します。失敗例を参考にすれば、後悔しない準備ができるはずです。

不要なものを買いすぎた

「たくさんあれば安心」と不要なものを買いすぎてしまうことがよくあります。必要最低限のものをそろえておき、あとは必要になった時に買い足すようにすれば、お金を無駄にせずに済むでしょう。

購入したものが園のルールに合わなかった

冒頭でも解説しましたが、持ち物には園ごとのルールがあります。説明を聞く前に購入してしまい、結局園では使えなかったという失敗を経験している先輩ママは多くいるようです。

早めに買いすぎてサイズが合わなかった

直前で焦らないように早めに着替えや上履きなどを買ってしまった結果、入園時にサイズアウトしてしまうのもよくある失敗です。また大きめを購入したらサイズが大きすぎたということもあるようです。子どもの成長は早いので、どこで購入するか目星をつけておいた上で入園直前にそろえるようにしましょう。

キャラクターものを購入したらすぐに飽きられた

お子様が保育園で少しでも楽しめるように、好きなキャラクターものでアイテムをそろえてあげるパパ・ママは多いです。ただ、お子様の興味はどんどん変わっていくため、すぐに飽きられてしまうこともあります。

安いものを買ったらすぐに破れた

保育園入園のためにはたくさんのものを購入する必要がありますし、服などはすぐサイズも変わってしまうため、できるだけ節約したいと安いものを購入する方も多くいます。ただ、値段だけをアイテム選びの基準にしてしまうと、すぐに破れて買い替える羽目になってしまい、かえってお金がかかってしまうケースもあります。

まとめ:保育園に必要なアイテムは説明会の後に購入しよう

保育園入園前は、ママ自身も仕事復帰の準備で忙しくなるため、「できるだけ早く購入したい」という方も多いです。しかし園の指定を知らずに用意すると、結局また買い直さなければならなくなってしまいます。実際に購入するのは説明会で必要なものを確認してからにしましょう。それまでにリストを作ったり、目星をつけたりして、時間をかけずに準備ができる用意をしておくのがおすすめです。

お子様を集団生活に慣れさせたい方、保育園入園に向けて子育ての悩みがある方は、ぜひ親子教室・ベビーパークをご利用ください。ベビーパークは「ママのための親子教室」です。保育園入園に向けての相談はもちろん、日々の子育ての悩みも解決できるので、余裕を持って育児を楽しみたい方はぜひ無料体験に参加してみてくださいね。

1歳~3歳の育児」の新着記事

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/ae5209e607004c999883d8c80ac2d193/NO197-%E2%91%A0.jpeg
1歳~3歳の育児

「睡眠退行」ってなに?~その原因や起きる期間、対処法について解説!~

赤ちゃんを育てているご家庭での悩みごとといえば、「子どもがなかなか寝てくれない」「寝ぐずりがひどい」というのは定番ではないでしょうか? 夜いつまでも寝付いてくれなかったり、やっと寝たと思ったら夜泣きを起こしたり…と、お母さんも眠ることができずヘトヘトになってしまいますよね。特に一度は睡眠のリズムが安定してきたと思ったのに、再び不安定な状態に戻ってしまったりすることを「睡眠退行」と呼びます。こちらのコラムでは、この「睡眠退行」について、その原因やいつ起きるのか、そして対処法についてご説明していきます。よかったら参考にしてみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/78e72d1c1cb64888bc35640a04c703d0/img01%20(17).jpg
1歳~3歳の育児

幼児への「生死」の伝えかた~私たちは命を頂いて生きていることを教えてあげましょう~

飼っているペットや身内の方が亡くなった時、両親はしばしば子どもに「死」の意味をどのように伝えるべきか迷う経験をすると思います。一般的に子どもが「生死」について理解できるようになるのは、7歳ごろになってからといわれます。幼児期の「死」とは動かなくなること、いなくなること、どこかに行ってしまうこと、といった単純な理解から、徐々に子どもは生死に対する理解を深めていきます。このように子どもの「生死」へのアプローチは時期によって異なりますが、こちらのコラムでは特に1~3歳の乳幼児期の子どもたちに、初めて「生と死」を伝えるための適切なタイミングや機会について説明していきます。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/48782f2a5795428195908f05b36ede8c/img01.jpg
1歳~3歳の育児

「夜驚症(やきょうしょう)」って何?~夜泣きとの違いや原因、対処法について解説~

子育てをしていると、「夜驚症(やきょうしょう)」という言葉を耳にすることがあると思います。主に2歳~6歳くらいまでの子に見られる睡眠中に起きる障害で、「夜泣き」とあわせて子どもの突然の夜中の発症に悩まされているお母さんも多いと思います。こちらのコラムでは、「夜驚症(やきょうしょう)」が起こる原因とその対処法、よく似た症状である「夜泣き」との違いも含めて説明していきます。よかったら参考にしてみくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/12e4e20f61ce4516b8f6bc8d82e0c770/img01.jpg
1歳~3歳の育児

ひっかいたり、かみついたり…幼児期に攻撃的になってしまう子どもの特徴と対処法について

1~2歳の子どもを持つお母さんのなかには、わが子がお友達をひっかいたり、かみついたりと、攻撃的なふるまいをすることに困っている方も多いと思います。1~2歳の子どもは自我が芽生えていくいっぽうで、まだ自己表現の方法が拙く、思い通りに自分を表現できないイライラなどから攻撃的な行動に出る事があるようです。一般的には成長とともにそういった行動は減ってくるといわれています。そうはいっても、お友達をひっかいたり、かみついたりはなかなかそのまま容認はしづらいものですよね。こちらのコラムでは、幼児期の子どもが攻撃的になる理由やその対処法について詳しく解説していきます。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/663fb53272af43158ed66041afad1026/img01%20(3).jpg
1歳~3歳の育児

2歳児の「言葉の育て方」②~発達段階別に実践的な方法を紹介~

「言葉の遅れ」は、幼い子どもを持つ親ならば誰もが一度は耳にする話ですし、少なからず多くの親御さんが心配することだと思います。幼児教室ベビーパークに通っていただいているお母さまの多くの心配事でもある「言葉の発達」について、こちらのコラムでは2回にわたって、2歳児の子どもの言葉の発達段階チェックと、段階別の具体的な「言葉の育て方」について解説していきます。2回目の今回は、コラムNo.136「2歳児の「言葉の育て方」~発達段階別に実践的な方法を紹介~①」で解説した2歳児の標準的な言語発達段階において、各レベルに適した取り組みを紹介します。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/346437196ea64dee9428eb123317c9fe/img01%20(2).jpg
1歳~3歳の育児

2歳児の「言葉の育て方」①~発達段階別に実践的な方法を紹介~

「言葉の遅れ」は、幼い子どもを持つ親ならば誰もが一度は耳にする話ですし、少なからず多くの親御さんが心配することだと思います。幼児教室ベビーパークに通っていただいているお母さまの多くの心配事でもある「言葉の発達」について、こちらのコラムでは2回にわたって、2歳児の子どもの言葉の発達段階チェックと、段階別の具体的な「言葉の育て方」について解説していきます。2歳前後のお子さまのいらっしゃる方はぜひ一度読んでみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/7cf925cff1734e0dace52ad5a8899dd2/img01.jpg
1歳~3歳の育児

「イヤイヤ期」の子どもへの効果的な対応方法まとめ~ケース別に具体的にご紹介!

早い子どもでは1歳後半から始まり、2歳をピークに、子どもによっては3~4歳まで続く「イヤイヤ期」。子育てをするお母さんなら、誰もが一度は通る道だと思います。時に何をしてもひたすら「いやー!」と泣き叫ばれて、すっかりヘトヘトに…、ということもあると思います。こんな時に頭ごなしに子どもを叱っても効果がないことは皆さまご存じの通りです。コラムNo.64「【第1次反抗期】(イヤイヤ期)への対処方法」では、イヤイヤが何故起きるのかと、イヤイヤの6つのパターンについて解説いたしましたが、こちらのコラムでは、実際に子どもが「イヤイヤ!」になってしまった時の具体的な対処についてわかりやすくまとめています。少しでも苦労なさっているお母さんの助けになってもらえれば幸いです。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/b620efe5ff374a30860b9729213e99df/img01.jpg
1歳~3歳の育児

「魔の2歳児」いやいや期の具体的な克服方法について

「魔の2歳児」「いやいや期」と聞くと、これから子育てを始めるママは身構えてしまうかもしれません。多くの母親が悩まされる「いやいや期」ですが、子どもにとっては「自我の芽生え」であり、自分自身の「自我」を確立するために必要な時期でもあります。このコラムでは、「いやいや期」を落ち着いて乗り切るために、ケース別の対処法や、「いやいや期」をなるべく軽く乗り切るためのコツなどを掲載しています。子どもが「いやいや」になるのも理由があるものです。適切に原因と対処法を覚えておければ、大きな苦労なく乗り越えていけますよ。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/feefe5fc07484cdd9c6bf754c8ed1edb/img01.jpg
1歳~3歳の育児

脳の性差を理解して、子ども社会性の発達を促す方法について

子どもの成長を願うお母さんから、よく「社会性のある子どもになってほしい」というお話を聞きます。国際化の進む世界で、適切な人間関係や環境への適応をおこなえるようになるように子どもに願うのは当然のことですよね。コラムNo.67「子どもの社会性を育てるために幼児期にできること」では、「社会性」の定義や、乳幼児期に子どもの社会性を育てるための基本的な注意点についてご説明いたしました。また、コラムNo.73「子どもの社会性を育てるために家庭でできること」では、一歩進んで各家庭でできる具体的な取り組みについて解説いたしました。こちらのコラムでは、さらに子どもの性別で異なる社会性の発達にスポットライトを当てつつ、子どもの社会性の発達を促す方法についてご説明いたします。よかったら上述のコラムとあわせて読んでみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/2f42c6aa031841a4a966789e6b391195/img01.jpg
1歳~3歳の育児

幼児期における「白砂糖」摂取の弊害について

近年「白砂糖は健康によくない」という記事や評判をひんぱんに目にするようになったと感じます。健康に気を使っている方は、肥満防止のために白砂糖を控えめにしている人も多いと思います。では、特に幼児期の子どもが白砂糖を過剰に摂取するとどうなるのでしょうか? こちらの記事では、特に幼児期の子どもが早い段階から白砂糖を過剰に摂取してしまうことの弊害について、虫歯予防の観点や健康の観点から説明しています。
ベビーパークは
育児がもっと楽しくなる
親子教室です
「親⼦の絆」をテーマにした
お母さまのための教室

レッスン開始のお歌とごあいさつ。英語の歌を聞いてる!こうやって日常の中に英語を盛り込む事が大切なんですね!

叱らなくてもすむ育児

3歳までの子供を叱ることは百害あって一利ありません。ベビーパークで育った子供たちは叱らなくても良いのです。叱る必要がないのです。

3歳までの心や脳に
最適な育児法

3歳までの環境でお子様の土台ができあがります。言葉を話す能力も、自分の気持ちをコントロールする能力もこの期間にほとんど形成されます。

全国の教室を探す

ベビーパーク、キッズアカデミーは全国に

200教室

(2023年8月時点)

都道府県で探す

北海道・東北エリア
関東エリア
中部エリア
近畿エリア
中国エリア
四国エリア
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
九州・沖縄エリア
無料体験レッスン
受付中!

期間限定で0円(無料)にて
体験レッスンが受講できます

1
オンライン体験前説明会

約30分

0~3歳児教育の秘密や、レッスン内のアクティビティの意味について、お伝えいたします。事前に目的を知った上でアクティビティを⾏うと、その効果は素晴らしいものになります。

2
教室でのレッスン

約50分

実際に生徒さまが通われている本レッスンのクラスに参加いただき、約10分のマザーリングと約40分のレッスンをお楽しみいただきます。
マザーリングでは月齢毎の育児知識が学べます。フルレッスンでは、知能・身体・心の発達に働きかける様々なアクティビティを体験できます。

まずは体験してください。楽しい無料体験レッスン受付中♪ レッスン料最初の2ヵ月無料。入室金無料。無料体験レッスンを詳しく見る

※1 初めご入室頂く方。または退室から6ヵ月を経過して再入室される方が対象。4ヵ月目末まで通室いただく事が条件となります。
※2 体験終了当日に入室意思を頂戴した方が対象。

ベビーパーク
公式LINEアカウント

ベビーパーク
公式Instagram

公式YouTubeチャンネル

ベビーパークのYouTubeチャンネルでは、育児に関する情報や通われているお母さまのインタビューなどをアップしております。