保育園入園式に最適な服装は?マナーや式の流れ、おすすめのコーデまで解説!

No.221更新日付:2024年5月8日

保育園の入園式は、子供の大切な一歩を家族で祝う特別な日です。この日を迎えるにあたり、保護者の皆さんは何を着ていけば良いのか、どのようなマナーが求められるのか、また、式の流れはどうなっているのかなど、様々な疑問や不安をお持ちかもしれません。そんな疑問を解消し、皆さんがより快適に、そして心に残る入園式を迎えられるよう、この記事では保育園入園式における服装選びのポイントからマナーや式の流れ、さらにはおすすめのコーディネートまで、幅広く解説していきます。この記事を読むことで、保育園の入園式に対する理解を深め、当日を家族でスムーズに、そして楽しく過ごすためのヒントにして下さい。

保育園入園式の基本

保育園の入園式は、子供の新しいスタートを祝う大切なイベントです。この日は、子供たちにとってはもちろん、親にとっても記憶に残る一日となるでしょう。そこで大切なのが、式の流れを理解し、マナーを守って式に参加することです。ここでは、保育園入園式の基本的な流れと、知っておきたい式典でのマナーについて詳しく解説します。

保育園入園式の基本の流れ

保育園の入園式は、通常、園の方針説明から始まります。園長先生の挨拶に続き、新入園児の紹介があり、最後に保護者代表の言葉で締めくくられるのが一般的です。式の進行は保育園によって異なるため、事前に園から配布される資料を確認するようにしましょう。また、入園式では子供たちのパフォーマンスが披露される場合もありますので、カメラやビデオカメラを準備すると良いでしょう。ただし、撮影が許可されているかどうかは事前に園に確認しておくと安心です。

知っておきたい式典のマナーについて

入園式には、どのようなマナーを守って参加すればいいのでしょうか。まず、服装は、フォーマルまたはセミフォーマルが基本です。極端にカジュアルな服装は避け、清潔感のある装いを心掛けましょう。また、式中は携帯電話をマナーモードに設定し、必要以上に話すことなく、式に集中するようにしましょう。子供があまりにも騒いでしまった場合は、必要に応じて外に連れ出すなどの対応も必要かもしれませんが、基本的に先生方の指示に従うようにしましょう。入園式は、保護者の方々も含めて、全員が主役の特別な日です。周囲への配慮を忘れずに、この大切な一日を楽しみましょう。

保育園入園式での服装の選び方

保育園の入園式は、お子さんにとっても親にとっても、新しい門出を祝う大切なイベントです。この特別な日にどんな服装をすればいいのか、悩む親御さんも少なくないでしょう。ここでは、親子で快適かつスマートに過ごすための服装選びのポイントと、避けるべきNGファッションについて具体的に解説していきます。

親子で快適かつスマートに過ごすための服装のポイント

入園式での服装選びでは、まず「式典にふさわしいフォーマルさ」を意識することが大切です。しかし、過度に堅苦しいと不自然に感じる場合もあるため、そのバランスを見極める必要があります。母親は、落ち着いた色のスーツや上品なワンピースを選び、父親は、ダークカラーのスーツやジャケットにきれいめのパンツを合わせると良いでしょう。お子さんに関しては、可愛らしさと動きやすさを兼ね備えた服装が望ましいです。また、全体の印象を統一するために、家族で色合いやテーマを合わせるのも一つの方法です。快適さも重視し、特に靴は長時間履いても痛くなりにくいものを選びましょう。

避けるべきNGファッション

入園式では、下記の様なファッションは避けるようにしましょう。


  • カジュアルすぎる服装

あまりにもカジュアルすぎる服装、例えば、Tシャツやデニム、カジュアルなスニーカーなどは、この場には不向きです。


  • 過度に派手な服装やアクセサリー

目立つことは悪くありませんが、周囲との調和を考えて控えめにしましょう。


  • 過度に露出の高い服装

不快感を与えかねないため、避けましょう。


こういった機会を通して、子供にも、晴れの日にはTPOに合わせた服装があるということを伝えたいですね。これらの点を踏まえ、入園式に相応しい、品のある服装を選びましょう。

保育園の入園式におすすめの服装コーディネート

保育園の入園式は、お子さんの新しいスタートを家族みんなで祝う大切な日です。この日をより特別なものにするために、適切な服装を選ぶことが大切です。ここでは、お子さんやご両親、さらには兄弟姉妹におすすめの入園式のコーディネートをご紹介します。これらのアイデアを参考に、家族全員で統一感のある装いを楽しんでください。

【子供】主役を輝かせるための服装のコツ

入園式の主役であるお子さんの服装は、可愛らしさとフォーマル感のバランスが重要です。ここでは、年齢別に保育園入園式に適した服装のポイントをご紹介します。


<0~1歳児>

この年齢の子どもは、普段通りの服装でも問題ありません。新しい場所での緊張を和らげるためにも、動きやすく心地よい素材の服を選びましょう。フォーマルな雰囲気を出したい場合は、タキシード柄やドレス柄のロンパース、スタイなどがおすすめです。また、フリルやスカート付きのロンパース、フォーマル風コーデのロンパースは、おしゃれでありながらも動きやすさを兼ね備えており、人気があります。


<2歳以上>

2歳を超えると、少しフォーマル感を加えた服装を選ぶと良いでしょう。女の子の場合は、ブラウスとスカートの組み合わせに加え、レースやリボンが付いたデザインを選ぶと華やかさが増します。男の子は、半ズボンとシャツの組み合わせに、ネイビーやグレーのジャケットやベストをプラスすると、清潔感のあるスマートな印象になります。

4月初旬はまだ肌寒い日もあるため、男女とも、体温調節用にカーディガンやベストを用意すると安心です。足元は、黒系のスニーカーやセレモニー用の靴、ベーシックカラーの靴下で統一感を出すと全体のバランスが取れます。


<全年齢共通のポイント>


  • 動きやすさ: 子どもが自由に動けるよう、動きやすさを最優先に考える。


  • フォーマル感: せっかくの入園式だからこそ、少しおめかしをしてお祝いの気持ちを表現する。


  • 小物の活用: ヘアアクセサリーやスタイなど、小物を使ってアクセントをつける。


入園式は、子どもにとって新しい門出の日です。服装を通じて、その特別な日をより思い出深いものにしましょう。


【ママ】におすすめの入園式コーディネート

母親の服装は、エレガントでありながらも控えめな美しさが求められます。落ち着いた色合いのスーツや、シンプルなデザインのワンピースは、フォーマルな場にふさわしい選択肢です。アクセサリーは控えめにし、全体のバランスを大切に。シックな色のパンプスで上品さをプラスすると、より洗練された印象になります。

【パパ】におすすめの入園式コーディネート

父親の服装は、清潔感と品格を重視したスタイルが望ましいです。ダークスーツに白や淡い色のシャツを合わせ、ネクタイでアクセントを加えるのが一般的。ただし、スーツがない場合でも、ダークカラーのジャケットにスラックスを合わせることで、フォーマルな雰囲気を演出できます。足元は革靴できちんとまとめましょう。

【兄弟姉妹】におすすめの入園式コーディネート

兄弟姉妹の服装も、この特別な日のムードに合わせたものを選びたいものです。入園する子の服装と色味を合わせることで、家族全体で統一感を出すことができます。カジュアルすぎないきれいめの服装を選び、フォーマルな場に相応しい印象にしましょう。

家族で一体感を出すコーディネートのコツ

保育園の入園式は、子供の新しいスタートを祝う大切な日です。この記念すべき日には、家族全員で一体感を出すコーディネートをするのも、特別感が出るのでおすすめです。ここでは、家族の絆を表現するリンクコーデを取り入れることをおすすめします。リンクコーデとは、色や柄、スタイルなど一定のテーマを共有して、家族全員でお揃い感を出すファッションのことを言います。

リンクコーデで家族の絆を表現するのもおすすめ

リンクコーデを成功させるためのポイントは、「色」「柄」「アイテム」のいずれかで統一感を持たせることです。例えば、全員が同じ色のアイテムを取り入れる、同じ柄のスカーフやネクタイでアクセントをつける、または似たスタイルの服装を選ぶなどです。色を統一する場合は、ネイビーやグレーといった落ち着いた色を基調にすると、フォーマルな場にもふさわしく、かつ家族全員が着こなしやすくなります。


また、リンクコーデをする際は、各自の個性を大切にすることも重要です。家族全員があまりにも似たような服を着ると入園式の場では逆に違和感が出てしまいます。同じ色や柄を取り入れつつ、それぞれの好みやスタイルに合わせたアイテムを選ぶことで、統一感のある中にも個性が光るコーディネートを完成させることができます。

入園式当日をスムーズに過ごすための注意点

保育園の入園式は、子供にとっても親にとっても、忘れられない一日になります。この特別な日をスムーズに、そして心に残るものにするためには、事前の準備をしっかりしなければなりません。以下では、入園式当日を無事に過ごすための具体的な注意点について解説します。これらのポイントを押さえておくことで、安心して式に参加することができるでしょう。

式の流れと時間をしっかり確認しておこう!

入園式の流れや開始時間、所要時間は、保育園によって異なります。事前に保育園から提供される資料をよく読み、当日のスケジュールを把握しておくことが大切です。また、式の開始時間に遅れないよう、余裕を持って家を出るようにしましょう。式が始まる前には、トイレを済ませておく、カメラやビデオカメラを手元に用意しておくなど、準備を整えておくと安心です。

入園式の持ち物チェックリスト

入園式当日に持っていくべきアイテムを事前にリストアップしておくと、当日の準備がスムーズになります。必要な持ち物には、以下のようなものがあります。


  • 招待状や案内状
  • カメラやビデオカメラ
  • ハンカチやティッシュ
  • 折りたたみの扇子や水分
  • 子供の着替え
  • 簡単なおやつや飲み物


これらのアイテムを事前に準備リストに入れておき、前日には全て用意しておくと良いでしょう。また、不測の事態に備えて、絆創膏などを入れた小さな応急処置セットを持っておくのもおすすめです。

まとめ

保育園の入園式は、子供が新たな門出を迎えるに足を踏み入れる記念すべき日です。この大切な日にふさわしい服装を選んで、家族の記憶に残る一日にしましょう。

本記事では、入園式における服装の選び方から、家族全員で一体感を出すコーディネートのコツ、さらには当日をスムーズに過ごすための注意点まで、幅広くご紹介しました。

保育園の入園式は、親にとっても子どもにとっても、人生の新しい章の始まりを告げる特別な日です。皆さんがこの記事を参考に、家族で心に残る入園式の一日を過ごせることを願っています。

「保育園・幼稚園」のことに興味があるなら、こちらの記事もオススメです

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/16f16d46aa164f91a066260434111495/%E6%85%A3%E3%82%89%E3%81%97%E4%BF%9D%E8%82%B2%E3%81%AE%E6%9C%9F%E9%96%93%E3%81%AF%E3%81%84%E3%81%A4%E3%81%BE%E3%81%A7%EF%BC%9F.jpg
1歳~3歳の育児

慣らし保育の期間はいつまで?期間、目的、スムーズなスタートのコツまで教えます!

子どもの成長にとって大きな一歩となる保育園生活。しかし、そのスタートラインに立つ前に、多くの親子が直面するのが「慣らし保育」の期間です。保育園に初めて通う子どもたちにとって、慣れない環境との出会いは、時に大きな不安となります。そのため、スムーズに保育園生活へ適応できるように設けられているのが、この慣らし保育です。では、一体どのくらいの期間が必要なのでしょうか?また、慣らし保育の目的とは具体的に何なのでしょうか?この記事では、慣らし保育期間の目安、その目的、そして家庭でできるスムーズな保育園生活スタートのためのコツを分かりやすくご紹介します。これから保育園に入園する子供をお持ちの親御さんは、ぜひ参考にしてください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/8f066d7fe11645069654541f12f99c02/%E5%B9%BC%E7%A8%9A%E5%9C%92%E3%81%AE%E5%85%A5%E5%9C%92%E5%BC%8F%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%A4%EF%BC%9F.jpg
3歳~6歳の育児

幼稚園の入園式っていつ?日程から服装・式典マナーまで徹底ガイド!

入園式は、子供たちにとっても親にとっても、新しい生活のスタートラインです。この大切な節目を前に、多くの家庭で準備や期待の気持ちが高まっていることでしょう。本記事では、幼稚園の入園式に関わる疑問や不安を解消し、スムーズに当日を迎えられるよう、日程や服装、マナーについて詳しくご紹介します。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/4e4ad788c5434fa38b4d5a09891296b5/%E5%B9%BC%E7%A8%9A%E5%9C%92%E3%81%AF%E4%BD%95%E6%AD%B3%E3%81%8B%E3%82%89%E5%85%A5%E3%82%8C%E3%82%8B%E3%81%B9%E3%81%8D%EF%BC%9F.png
3歳~6歳の育児

幼稚園は何歳から入れるべき?ベストな入園時期と保育年数を徹底ガイド!

赤ちゃんだった子供が1~2歳を迎える頃になると、「幼稚園って何歳から入園できるの?」と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。この記事では、幼稚園入園に関する基礎知識から、保育年数の選び方、さらに幼稚園選びのポイントや入園までの準備について、分かりやすく解説します。あなたの子供にとって最適な集団生活のスタートを切るために、一緒に幼稚園について見ていきましょう!
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/80eb001dd8c149c3808adeae0069f745/img01.jpg
1歳~3歳の育児

保育園入園に必要なアイテムは? 入園準備にしておきたいことも解説

保育園に入園することが決まったら、入園までに必要なアイテムをそろえ始めます。用意するアイテムは保育園によって異なりますし、お子様の年齢によっても必要なものが変わります。本記事では0~3歳までを対象に、共通してそろえるアイテムや年齢別に必要なものなどを詳しく紹介します。入園準備でよくある失敗についても合わせて解説しますので、最後までご覧いただき準備万端の状態で入園を迎えましょう。

1歳~3歳の育児」の新着記事

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/d1b909dd69f84c618e0a41f4f2b16cee/milk%20bottle.jpg
1歳~3歳の育児

卒乳はいつする?スムーズなやり方やタイミング、断乳との違いまで徹底解説!

子育ての大きな節目として、親子にとって特別な意味を持つ「卒乳」。しかし、特に第一子の場合、「卒乳はいつ頃行えばよい?」「スムーズに卒乳を進めるにはどうしたらいいの?」など不安を感じている、という方も多いのではないでしょうか。この記事では卒乳の適切なタイミングやスムーズに進めるための方法、そして断乳との違いまで、わかりやすく解説します。卒乳を成功させるための知識を身につけ、この大切な時期を母子共に穏やかに過ごすための一歩を踏み出しましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/16f16d46aa164f91a066260434111495/%E6%85%A3%E3%82%89%E3%81%97%E4%BF%9D%E8%82%B2%E3%81%AE%E6%9C%9F%E9%96%93%E3%81%AF%E3%81%84%E3%81%A4%E3%81%BE%E3%81%A7%EF%BC%9F.jpg
1歳~3歳の育児

慣らし保育の期間はいつまで?期間、目的、スムーズなスタートのコツまで教えます!

子どもの成長にとって大きな一歩となる保育園生活。しかし、そのスタートラインに立つ前に、多くの親子が直面するのが「慣らし保育」の期間です。保育園に初めて通う子どもたちにとって、慣れない環境との出会いは、時に大きな不安となります。そのため、スムーズに保育園生活へ適応できるように設けられているのが、この慣らし保育です。では、一体どのくらいの期間が必要なのでしょうか?また、慣らし保育の目的とは具体的に何なのでしょうか?この記事では、慣らし保育期間の目安、その目的、そして家庭でできるスムーズな保育園生活スタートのためのコツを分かりやすくご紹介します。これから保育園に入園する子供をお持ちの親御さんは、ぜひ参考にしてください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/ae5209e607004c999883d8c80ac2d193/NO197-%E2%91%A0.jpeg
1歳~3歳の育児

「睡眠退行」ってなに?~その原因や起きる期間、対処法について解説!~

赤ちゃんを育てているご家庭での悩みごとといえば、「子どもがなかなか寝てくれない」「寝ぐずりがひどい」というのは定番ではないでしょうか? 夜いつまでも寝付いてくれなかったり、やっと寝たと思ったら夜泣きを起こしたり…と、お母さんも眠ることができずヘトヘトになってしまいますよね。特に一度は睡眠のリズムが安定してきたと思ったのに、再び不安定な状態に戻ってしまったりすることを「睡眠退行」と呼びます。こちらのコラムでは、この「睡眠退行」について、その原因やいつ起きるのか、そして対処法についてご説明していきます。よかったら参考にしてみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/78e72d1c1cb64888bc35640a04c703d0/img01%20(17).jpg
1歳~3歳の育児

幼児への「生死」の伝えかた~私たちは命を頂いて生きていることを教えてあげましょう~

飼っているペットや身内の方が亡くなった時、両親はしばしば子どもに「死」の意味をどのように伝えるべきか迷う経験をすると思います。一般的に子どもが「生死」について理解できるようになるのは、7歳ごろになってからといわれます。幼児期の「死」とは動かなくなること、いなくなること、どこかに行ってしまうこと、といった単純な理解から、徐々に子どもは生死に対する理解を深めていきます。このように子どもの「生死」へのアプローチは時期によって異なりますが、こちらのコラムでは特に1~3歳の乳幼児期の子どもたちに、初めて「生と死」を伝えるための適切なタイミングや機会について説明していきます。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/48782f2a5795428195908f05b36ede8c/img01.jpg
1歳~3歳の育児

「夜驚症(やきょうしょう)」って何?~夜泣きとの違いや原因、対処法について解説~

子育てをしていると、「夜驚症(やきょうしょう)」という言葉を耳にすることがあると思います。主に2歳~6歳くらいまでの子に見られる睡眠中に起きる障害で、「夜泣き」とあわせて子どもの突然の夜中の発症に悩まされているお母さんも多いと思います。こちらのコラムでは、「夜驚症(やきょうしょう)」が起こる原因とその対処法、よく似た症状である「夜泣き」との違いも含めて説明していきます。よかったら参考にしてみくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/12e4e20f61ce4516b8f6bc8d82e0c770/img01.jpg
1歳~3歳の育児

ひっかいたり、かみついたり…幼児期に攻撃的になってしまう子どもの特徴と対処法について

1~2歳の子どもを持つお母さんのなかには、わが子がお友だちをひっかいたり、かみついたりと、攻撃的なふるまいをすることに困っている方も多いと思います。1~2歳の子どもは自我が芽生えていくいっぽうで、まだ自己表現の方法が拙く、思い通りに自分を表現できないイライラなどから攻撃的な行動に出る事があるようです。一般的には成長とともにそういった行動は減ってくるといわれています。そうはいっても、お友達をひっかいたり、かみついたりはなかなかそのまま容認はしづらいものですよね。こちらのコラムでは、幼児期の子どもが攻撃的になる理由やその対処法について詳しく解説していきます。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/663fb53272af43158ed66041afad1026/img01%20(3).jpg
1歳~3歳の育児

2歳児の「言葉の育て方」②~発達段階別に実践的な方法を紹介~

「言葉の遅れ」は、幼い子どもを持つ親ならば誰もが一度は耳にする話ですし、少なからず多くの親御さんが心配することだと思います。幼児教室ベビーパークに通っていただいているお母さまの多くの心配事でもある「言葉の発達」について、こちらのコラムでは2回にわたって、2歳児の子どもの言葉の発達段階チェックと、段階別の具体的な「言葉の育て方」について解説していきます。2回目の今回は、コラムNo.136「2歳児の「言葉の育て方」~発達段階別に実践的な方法を紹介~①」で解説した2歳児の標準的な言語発達段階において、各レベルに適した取り組みを紹介します。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/346437196ea64dee9428eb123317c9fe/img01%20(2).jpg
1歳~3歳の育児

2歳児の「言葉の育て方」①~発達段階別に実践的な方法を紹介~

「言葉の遅れ」は、幼い子どもを持つ親ならば誰もが一度は耳にする話ですし、少なからず多くの親御さんが心配することだと思います。幼児教室ベビーパークに通っていただいているお母さまの多くの心配事でもある「言葉の発達」について、こちらのコラムでは2回にわたって、2歳児の子どもの言葉の発達段階チェックと、段階別の具体的な「言葉の育て方」について解説していきます。2歳前後のお子さまのいらっしゃる方はぜひ一度読んでみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/7cf925cff1734e0dace52ad5a8899dd2/img01.jpg
1歳~3歳の育児

「イヤイヤ期」の子どもへの効果的な対応方法まとめ~ケース別に具体的にご紹介!

早い子どもでは1歳後半から始まり、2歳をピークに、子どもによっては3~4歳まで続く「イヤイヤ期」。子育てをするお母さんなら、誰もが一度は通る道だと思います。時に何をしてもひたすら「いやー!」と泣き叫ばれて、すっかりヘトヘトに…、ということもあると思います。こんな時に頭ごなしに子どもを叱っても効果がないことは皆さまご存じの通りです。コラムNo.64「【第1次反抗期】(イヤイヤ期)への対処方法」では、イヤイヤが何故起きるのかと、イヤイヤの6つのパターンについて解説いたしましたが、こちらのコラムでは、実際に子どもが「イヤイヤ!」になってしまった時の具体的な対処についてわかりやすくまとめています。少しでも苦労なさっているお母さんの助けになってもらえれば幸いです。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/b620efe5ff374a30860b9729213e99df/img01.jpg
1歳~3歳の育児

「魔の2歳児」いやいや期の具体的な克服方法について

「魔の2歳児」「いやいや期」と聞くと、これから子育てを始めるママは身構えてしまうかもしれません。多くの母親が悩まされる「いやいや期」ですが、子どもにとっては「自我の芽生え」であり、自分自身の「自我」を確立するために必要な時期でもあります。このコラムでは、「いやいや期」を落ち着いて乗り切るために、ケース別の対処法や、「いやいや期」をなるべく軽く乗り切るためのコツなどを掲載しています。子どもが「いやいや」になるのも理由があるものです。適切に原因と対処法を覚えておければ、大きな苦労なく乗り越えていけますよ。
ベビーパークは
育児がもっと楽しくなる
親子教室です
「親⼦の絆」をテーマにした
お母さまのための教室

レッスン開始のお歌とごあいさつ。英語の歌を聞いてる!こうやって日常の中に英語を盛り込む事が大切なんですね!

叱らなくてもすむ育児

3歳までの子供を叱ることは百害あって一利ありません。ベビーパークで育った子供たちは叱らなくても良いのです。叱る必要がないのです。

3歳までの心や脳に
最適な育児法

3歳までの環境でお子様の土台ができあがります。言葉を話す能力も、自分の気持ちをコントロールする能力もこの期間にほとんど形成されます。

全国の教室を探す

ベビーパーク、キッズアカデミーは全国に

200教室

(2023年8月時点)

都道府県で探す

北海道・東北エリア
関東エリア
中部エリア
近畿エリア
中国エリア
四国エリア
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
九州・沖縄エリア
無料体験レッスン
受付中!

期間限定で0円(無料)にて
体験レッスンが受講できます

1
オンライン体験前説明会

約30分

0~3歳児教育の秘密や、レッスン内のアクティビティの意味について、お伝えいたします。事前に目的を知った上でアクティビティを⾏うと、その効果は素晴らしいものになります。

2
教室でのレッスン

約50分

実際に生徒さまが通われている本レッスンのクラスに参加いただき、約10分のマザーリングと約40分のレッスンをお楽しみいただきます。
マザーリングでは月齢毎の育児知識が学べます。フルレッスンでは、知能・身体・心の発達に働きかける様々なアクティビティを体験できます。

まずは体験してください。楽しい無料体験レッスン受付中♪ レッスン料最初の2ヵ月無料。入室金無料。無料体験レッスンを詳しく見る

※1 初めご入室頂く方。または退室から6ヵ月を経過して再入室される方が対象。4ヵ月目末まで通室いただく事が条件となります。
※2 体験終了当日に入室意思を頂戴した方が対象。

ベビーパーク
公式LINEアカウント

ベビーパーク
公式Instagram

公式YouTubeチャンネル

ベビーパークのYouTubeチャンネルでは、育児に関する情報や通われているお母さまのインタビューなどをアップしております。