母子分離不安とは?原因と対応方法を解説

No.39更新日付:2024年7月2日

少し部屋から離れただけで泣き出してしまったり、なかなか一人で遊ばずお母さんの後を付いて回ったり、母子分離不安は子どもが小さなうちはよく見られる現象です。

しかし、通園や通学が始まる年齢で、あまりに母子分離不安が強いと感じられる場合は、さまざまな原因が考えられるため注意する必要があります。子どもの母子分離不安が心配なとき、いったい親は何をどうするべきなのか、詳しく解説します。

この記事でわかること

  • 母子分離とは何か?その不安の原因
  • 母子分離不安による行動例
  • 子どもに母子分離不安が見られた時の対処法

母子分離不安とは?

母子分離不安とは、子どもが母親と離れる状況で極度な不安を示す状態を指します。例えば赤ちゃんの頃に見られる、抱っこしていると眠っているのに布団におろすと起きて泣き出す、などの行動も母子分離不安の一種です。

まだ何も分からない赤ちゃんは、母親とのスキンシップによって愛情を察知しています。そのため、物理的に母親の手から離れることで、母子分離不安が起きるのは普通のことです。

しかし、子どもは成長するにつれてだんだんと自我が芽生え、自分の世界を持つようになります。そうすると母親から離れて自立し始め、そばにいなくても極端な不安は感じなくなるのが一般的です。

3歳頃までは発達上の自然現象とされていますが、ある程度の年齢になってからはストレスの影響で母子分離不安が起こるようになります。3歳以降の母子分離不安は、子どもからの何かしらのサインなので、十分に注意しなければなりません。

母子分離不安の原因

先ほども出てきたように、小さい頃の母子分離不安は、子ども特有の性質と考えて問題ありません。いわば自己防衛本能の一つであり、一時的に母親と離れたとしても、不安に感じる必要がないと気づいて自然と落ち着きます。もし泣き出してしまっても、放っておいてしまう方が逆効果なので、小さな子どもなら当たり前と思ってしっかりと受け止めてあげるのがベストです。

しかし、幼稚園や学校に通う年齢の母子分離不安には、ストレスによる原因も考えられます。例えば通園・通学が始まり、周囲の環境の変化についていけず、慣れない集団生活や家とは違う空間に不安を感じるケースは少なくありません。

母子分離不安は、ちびっ子がママと離れるのが怖くなっちゃうの。でも大丈夫、少しずつ勇気を出して、新しい世界にチャレンジしよう!ママもずっと応援してあげようね!

また、お母さんに甘えづらい環境に変化したことでストレスが溜まり、母子分離不安になる場合もあります。例えば、弟や妹が生まれて下の子に掛かりきりになり、なかなか上の子と遊ぶ時間が取れなかったり、復職して子どもと遊ぶ時間が減ったりというような場合が当てはまります。自分の母親を取られたような気持ちから母子分離不安が起こるケースです。

母子分離不安による行動例

では実際に子どものどのような様子が見られたときに、母子分離不安になっていると考えられるのか、以下の3つの具体的な行動例も見ていきましょう。

  1. 常に母親のそばにいたがる
  2. 寝つきが悪くなる
  3. 一人で出かけるのを嫌がる

常に母親のそばにいたがる

非常に分かりやすいケースではありますが、母親に対して依存的な態度を示すのは母子分離不安の大きな特徴です。何度も抱っこを要求してずっとしがみついていたり、常に膝の上に乗りたがったり、スキンシップが激しくなる傾向もあります。その他にも、着替えやお風呂など、今まで一人でしていたことができなくなるのも、母子分離不安での行動パターンの一つです。

また、母子分離不安では、母親を独占しようとする様子も見られます。母親が一人で出かけるのを嫌がる・常に付いていきたがるなど、そばから離れるのを過度に拒否する行動をします。さらに、父親やきょうだいを敵視するといった姿を見せることもあり、あまりに極端な甘え方をするのも母子分離不安の影響です。

寝つきが悪くなる

母子分離不安では、神経的な負担から、子どもがあまり眠れなくなるケースも見られます。さほどお昼寝もしていないのに寝つきに時間が掛かる・何度も目を覚ますなど、大人のストレス症状とよく似た様子が出始めるのも、母子分離不安の傾向です。場合によっては悪夢にうなされていることもあり、子どもの睡眠の質が悪くなった場合には、母子分離不安の可能性があります。

また、一緒の布団で寝ようとするなど、先ほどの例のように母親のそばにいたがる行動をはじめ、電気を消すのを嫌がったり暗い部屋に一人で行けなくなったりする場合もあります。母子分離不安では、恐怖に対して敏感になる特徴もあり、今まで怖がらなかったことを極端に避けようとするのも特徴の一つです。

一人で出かけるのを嫌がる

母子分離不安のときには、一人になるのを避けたり他の人との関わりを嫌がったりする傾向があります。例えば、今までは一人で公園に遊びに行っていたのに、外に出ようとしなくなるといった行動が当てはまります。母親がそばにいないと何もできない・友だちと遊ぶのを拒否して家に居たがるといった、自分の殻に閉じこもる様子を見せるのも母子分離不安の特徴です。

さらに母親と離れることに極度の不安を感じているため、一人で出かけると迷子になったり誘拐されたりしそう、というように、普段よりも大げさに心配する姿も見られます。同様の心理として、一人での留守番を非常に怖がるケースもあり、人との距離感がうまく取れなくなるのも母子分離不安による影響の一つです。

母子分離不安が強くなると体にも症状が出てくる

母子分離不安になることで子どもにストレスが掛かると、身体的な影響が出てくるケースもあります。例えば幼稚園や学校に行く時間になると、頭痛・腹痛・吐き気などの症状が現れることも。他にも、食欲不振・めまい・夜尿・頻脈というような体調不良で、日常生活に支障をきたす場合も少なくありません。

さらに、母子分離不安が4週間以上続く際には、医師をはじめとした専門家の治療を要する分離不安症の疑いも出てきます。分離不安症は成人でも患う可能性があるもので、家や愛着を持っている人物と離れることに過剰反応を示す病気です。長期的な母子分離不安から転じて発症する場合もあり、あまりに長い期間続いている際には一度診断する必要があるでしょう。

もし分離不安症の心配があるときには、各自治体の子ども家庭支援センターや保健センター、専門のカウンセラーに相談することをおすすめします。状況に応じて医療機関の推薦や、ケアに向けたサポートを受けることが可能です。また小児科や児童精神科など、医師に直接診察してもらうのも一つの手でしょう。

子どもに母子分離不安が見られたときの対処法

ここまでご紹介してきた母子分離不安の傾向が見られたとしても、基本的には適切にケアしていくことで解消できます。特に親側が深刻に悩み過ぎてしまう方が悪影響なので、まずは成長過程の一つと捉えて、焦らずにお子さんに寄り添っていくことが大切です。具体的には、次のようなフォローをしてあげると良いでしょう。

  1. 日常生活で親子の時間を増やす
  2. 段階的に離れられるように促す
  3. 子どもが不安にならないような言葉で誘う
  4. 親が不安な様子を見せない

日常生活で親子の時間を増やす

母子分離不安を取り除くのに重要なのが、親子の信頼関係をしっかりと築くことです。親から深い愛情を注がれていることが理解できれば、だんだんと母子分離不安はなくなっていきます。離れていても確かな安心感を持たせることが大事なので、まずたくさん親子でふれあうことから始めると良いでしょう。

ゆっくりお散歩する時間を作ったり、好きなおもちゃで一緒に遊んだり、何でも構いません。お手伝いをお願いして、共同で何か作業するのも一つの方法です。親子の時間をたっぷりと取って、お互いにじっくりと向き合いやすい機会を増やしていきましょう。

段階的に離れられるように促す

そばにいなくても安心できることが分かるように、少しずつ離れる練習をするのも良い方法でしょう。もちろんただ放置するのではなく、「○○して戻ってくるから少し待っていてね」など、不安にさせない言葉を掛けて慣れてもらうことが大切です。

さらに最初は目に見える位置だったり、トイレに立つくらいの数分にしたりと難易度の低いことから始め、徐々に距離や時間を取っていくようにします。そしてきちんと待っていられた後には、忘れずにきちんと褒めてあげるようにしましょう。

子どもが不安にならないような言葉で誘う

生活が新しく変わるときには、大人にとっても何かしらの心配事は付き物です。特に子どもはあらゆる経験がないため、漠然とした不安に向かっていくことになります。そこで少しでも良いイメージが持てるように、これからの楽しみや期待を分かりやすい言葉で伝えてあげることも重要です。

「幼稚園に行けば○○で遊べるよ」「仲良しの○○ちゃんも一緒だよ」など、ポジティブな言葉であらかじめ誘導して、準備しておくのも一つの方法でしょう。とにかく安心感を与えることが、母子分離不安をやわらげる近道です。

親が不安な様子を見せない

子どもは親のことをとてもよく見ているので、少しでも様子がおかしいと敏感に察知します。親の不安は子どもに自然と伝わってしまうため、あまり気にし過ぎてしまうと、余計に状況を悪化させてしまうでしょう。

悩まない方が難しいかもしれませんが、きちんと親がサポートしてあげれば決して長引くものではありません。親子の今までの関係性があるからこそ、子どもは親と離れたくないと感じてしまうものです。大人でもあるように、少し新しい環境に戸惑っているくらいに捉えて、なるべく気楽に構えているのがベストな対処法でしょう。

うまくできなくても不安に感じず子どもと向き合おう

母子分離不安は誰にでも起こる可能性があるもので、他の子と比べて過剰に心配をすることはありません。まずは何よりも親子の関係を信頼してもらうことが大切なので、むやみに反応し過ぎるのではなく、じっくり向き合って寄り添う姿勢を見せるようにしましょう。

母子分離についてよくある質問

母子分離に関する相談でよくある質問をまとめました。(タップして回答内容を確認)

母子分離不安の原因は、小さい子の自己防衛本能、通園・通学に伴う環境変化や集団生活への適応困難、そして母親の注意が他に向けられる事情(新しい兄弟や母親の復職)などからくるストレスです。
母子分離不安が強くなると、子どもは頭痛、腹痛、吐き気、食欲不振、めまい、夜尿、頻脈などの身体的症状を経験することがあります。
母子分離不安が見られた時の対処法は、親子の信頼関係を築くこと、親子の時間を増やすこと、段階的に離れられるように促すこと、子どもにポジティブな言葉で安心感を与えること、そして親が不安な様子を見せないようにすることです。

「母子分離」のことに興味があるなら、こちらの記事もオススメです

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/85ef626f4a7843e3925feab24b0be4c5/img01.jpg
3歳~6歳の育児

【母子分離】をおこなうには? 適切なタイミングや必要な条件を紹介

子育てをしていると、2~3歳くらいから頻繁に登場するワードである「母子分離不安」。母子分離不安とは、子どもが母親と離れる状況で、極度な不安を示す状態を指します。コラムNo.39【母子分離不安にはどう対応すればいい?】では、「母子分離不安」の概要と、子どもに「母子分離不安」の様子がみられる場合の対処法などを解説いたしましたが、こちらのコラムではより具体的な「母子分離」をおこなう際のタイミングと心構えなどについて説明していきます。

3歳~6歳の育児」の新着記事

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/3bfd16260ec54a4cacb3838077c52068/boy%E2%80%90playing%E2%80%90magnetic%20blocks%20(1).jpg
3歳~6歳の育児

4歳児の発達とは?発達障害のチェックリストや症状、注意すべきサインを解説

お子さんが4歳という年齢になり、一人で色々なことが出来るようになってくると「いつの間にかこんなことも出来るようになったのか」と驚かされることもあるのではないでしょうか。特にこの時期には、子どもの言葉や運動能力、社交的なスキルが急速に発展します。しかし、これらの発展が一定のパターンに従わない場合、どのように対応すれば良いのか、またどのようなサインに注目すべきかを知ることが大切です。この記事では、4歳児の発達の特徴と、発達障害の可能性がある場合のサインや注意点をわかりやすく解説し、お子さんの健やかな成長をサポートする情報をお伝えします。具体的な発達の段階やそれぞれの特徴を詳しく見ていきますので、お子さんの発達についてより深く理解し、適切な育児をするためのヒントにしてください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/26126d1042304f13ae2bf65cb5c69382/Elementary%20school%20entrance%20exam.jpg
3歳~6歳の育児

「お受験」とは?小学校受験はいつから準備すべき?費用、メリット・デメリットも解説

お子さんが小学校に進学する前に、多くの親御さんが考える「お受験」。しかし、「お受験」と一口に言っても、その実態や準備の仕方、かかる費用やメリット・デメリットなど、よく分からないという方も多いのではないでしょうか。本記事では、小学校受験を控えた親御さんに向けて、お受験の基本から、準備のタイミング、さらに成功へのポイントまで、分かりやすく解説します。お受験に必要な情報をしっかりと把握し、子どもの大切な一歩を支えるための準備を始めましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/8f066d7fe11645069654541f12f99c02/%E5%B9%BC%E7%A8%9A%E5%9C%92%E3%81%AE%E5%85%A5%E5%9C%92%E5%BC%8F%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%A4%EF%BC%9F.jpg
3歳~6歳の育児

幼稚園の入園式っていつ?日程から服装・式典マナーまで徹底ガイド!

入園式は、子供たちにとっても親にとっても、新しい生活のスタートラインです。この大切な節目を前に、多くの家庭で準備や期待の気持ちが高まっていることでしょう。本記事では、幼稚園の入園式に関わる疑問や不安を解消し、スムーズに当日を迎えられるよう、日程や服装、マナーについて詳しくご紹介します。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/4e4ad788c5434fa38b4d5a09891296b5/%E5%B9%BC%E7%A8%9A%E5%9C%92%E3%81%AF%E4%BD%95%E6%AD%B3%E3%81%8B%E3%82%89%E5%85%A5%E3%82%8C%E3%82%8B%E3%81%B9%E3%81%8D%EF%BC%9F.png
3歳~6歳の育児

幼稚園は何歳から入れるべき?ベストな入園時期と保育年数を徹底ガイド!

赤ちゃんだった子供が1~2歳を迎える頃になると、「幼稚園って何歳から入園できるの?」と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。この記事では、幼稚園入園に関する基礎知識から、保育年数の選び方、さらに幼稚園選びのポイントや入園までの準備について、分かりやすく解説します。あなたの子供にとって最適な集団生活のスタートを切るために、一緒に幼稚園について見ていきましょう!
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/23c64a049cac4fcb87a17336973ce948/3%E6%AD%B3%E5%8D%8A%E3%81%A7%E3%82%AA%E3%83%A0%E3%83%84%E3%81%8C%E5%8F%96%E3%82%8C%E3%81%AA%E3%81%84%E5%8E%9F%E5%9B%A0%E3%81%A8%E3%81%AF%EF%BC%9F.png
3歳~6歳の育児

3歳半でオムツが取れない原因とは?効果的なトイレトレーニングの進め方

トイレトレーニングは、子どもの成長における大きな節目の一つです。子どもの成長には個人差がありますが、特にトイレトレーニングに関しては、その進み具合に親御さんが不安を感じることも少なくありません。3歳半頃になってもオムツが取れないという場合、何か原因があるのか、親はどのように対応すれば良いか、不安になる方も多いのではないでしょうか。この記事では、トイレトレーニングをスムーズに進めるために、親が知っておくべき情報を詳しくご紹介します。この記事を読んで正しい知識を身につけ、親子で安心してトイレトレーニングに取り組みましょう!
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/2fd816bd0645428eadef8fbe0659c429/3%E6%AD%B3%E3%81%AE%E3%81%B2%E3%81%A9%E3%81%84%E5%A4%9C%E6%B3%A3%E3%81%8D%E3%81%AF%E3%81%84%E3%81%A4%E3%81%BE%E3%81%A7%E7%B6%9A%E3%81%8F%EF%BC%9F%20(1).png
3歳~6歳の育児

3歳のひどい夜泣きはいつまで続く?原因とすぐに試せる安心の対処法

子どもが夜中に突然泣き出す「夜泣き」に、多くの親御さんが悩まされています。特に3歳を過ぎてからも夜泣きが続くと、「まだ夜泣きをするのは普通なのか」「何か病気なのではないか」と心配になるかもしれません。この記事では、夜泣きの理由と、それが起きやすい年齢、ひどい夜泣きがいつまで続くのかについて、詳しく解説します。また、夜泣きに対する具体的な対処法も紹介するので、ぜひこの記事を読んで試してみてください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/0bfe1a37f7cf420a9ca732e5ec685c1a/4%E6%AD%B3%E3%81%AE%E3%81%B2%E3%81%A9%E3%81%84%E7%99%87%E7%99%AA%E3%81%AF%E3%81%84%E3%81%A4%E3%81%BE%E3%81%A7.png
3歳~6歳の育児

4歳のひどい癇癪はいつまで?発達障害との関係や親の対処法

4歳の子供が示す強い感情の爆発、「癇癪」に直面することは、多くの親にとって大きな悩みの種です。この記事を通して、4歳のお子さんの癇癪の背後にある理由、対応策、そして発達障害との関連性について、わかりやすくご説明します。この難しい時期を親子で上手に乗り越えるためのヒントをお伝えしますので、ぜひ最後までご覧ください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/c18cc342f72e4ca7aac9025fc61cf837/%E3%80%8E3%E6%AD%B3%E5%85%90%E7%A5%9E%E8%A9%B1%E3%80%8F%E3%81%AE%E8%B3%9B%E6%88%90%E6%84%8F%E8%A6%8B%E3%81%AF%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%A0%E3%81%91%EF%BC%9F.jpg
3歳~6歳の育児

『3歳児神話』の賛成意見は日本だけ?不安に思う親が心得ておくべきこと

子供の成長に関する「3歳児神話」は、日本の育児界でよく話題になります。この記事では、そんな3歳児神話の起源、日本と外国での受け止め方の違い、そして現代の育児への影響を探ります。さらに、3歳の子供の心と体の発達、現代の育児でのこの神話の位置付け、そして育児をもっと楽しむためのアドバイスについてもお話しします。現代の親が抱えている不安を少しでも和らげ、子育ての楽しさを再発見できるようにする方法を、一緒に見ていきましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/bcf84d903fab4930969178023fd477fd/4%E6%AD%B3%E3%81%AE%E5%8B%89%E5%BC%B7%E3%81%AF%E3%81%A9%E3%81%86%E6%95%99%E3%81%88%E3%82%8B%EF%BC%9F.jpg
3歳~6歳の育児

4歳の勉強はどう教える?楽しみながら学びを深めるコツ

4歳のお子さんがいるご家庭では、勉強の仕方に頭を悩ませることも多いかもしれません。この記事では、そんなお悩みを解決するために、子供が勉強を楽しめるようなアイデアやコツをご紹介します。また、子供が学びに夢中になれるよう、親がどうサポートするかも大切なポイントです。勉強が「しなければならないこと」から「したいこと」へと変わるようなヒントが満載です。この記事を読んで、親子で一緒に勉強の楽しさを見つけていきましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/74e8d0c6b9804b03af701edc7e2f27b7/3%E6%AD%B3%E3%81%AE%E9%A3%9F%E4%BA%8B%E3%80%81%E4%BD%95%E3%81%8C%E6%AD%A3%E8%A7%A3%EF%BC%9F%E5%BF%85%E8%A6%81%E3%81%AA%E6%A0%84%E9%A4%8A%E7%B4%A0%E3%82%84%E3%83%A1%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%80%81%E4%BC%9D%E3%81%88%E3%81%9F%E3%81%84%E9%A3%9F%E4%BA%8B%E3%83%9E%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%81%BE%E3%81%A7%E8%A7%A3%E8%AA%AC.jpg
3歳~6歳の育児

3歳の食事、何が正解?必要な栄養素やメニュー、伝えたい食事マナーまで解説

3歳の子供を持つ親にとって、毎日の食事は悩みの種になりがちです。好き嫌いが多かったり、なかなか集中して食べてくれなかったりと、頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。この記事では、子供の成長に欠かせない栄養素、楽しく健康的な食事メニュー、そして子供に伝えたい食事マナーまで、詳しく解説します。家族での食事のひとときをより心温まる、充実したものにしていくためのヒントを探してみませんか?
ベビーパークは
育児がもっと楽しくなる
親子教室です
「親⼦の絆」をテーマにした
ママ・パパのための教室

レッスン開始のお歌とごあいさつ。英語の歌を聞いてる!こうやって日常の中に英語を盛り込む事が大切なんですね!

叱らなくてもすむ育児

3歳までの子供を叱ることは百害あって一利ありません。ベビーパークで育った子供たちは叱らなくても良いのです。叱る必要がないのです。

3歳までの心や脳に
最適な育児法

3歳までの環境でお子様の土台ができあがります。言葉を話す能力も、自分の気持ちをコントロールする能力もこの期間にほとんど形成されます。

全国の教室を探す

ベビーパーク、キッズアカデミーは全国に

200教室

(2024年5月時点)

都道府県で探す

北海道・東北エリア
関東エリア
中部エリア
近畿エリア
中国エリア
四国エリア
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
九州・沖縄エリア
無料体験レッスン
受付中!

期間限定で0円(無料)にて
体験レッスンが受講できます

1
オンライン体験前説明会

約30分

0~3歳児教育の秘密や、レッスン内のアクティビティの意味について、お伝えいたします。事前に目的を知った上でアクティビティを⾏うと、その効果は素晴らしいものになります。

2
教室でのレッスン

約50分

実際に生徒さまが通われている本レッスンのクラスに参加いただき、約10分のマザーリングと約40分のレッスンをお楽しみいただきます。
マザーリングでは月齢毎の育児知識が学べます。フルレッスンでは、知能・身体・心の発達に働きかける様々なアクティビティを体験できます。

まずは体験してください。楽しい無料体験レッスン受付中♪ レッスン料最初の2ヵ月無料。入室金無料。無料体験レッスンを詳しく見る

※1 初めご入室頂く方。または退室から6ヵ月を経過して再入室される方が対象。4ヵ月目末まで通室いただく事が条件となります。
※2 体験終了当日に入室意思を頂戴した方が対象。

ベビーパーク
公式LINEアカウント

ベビーパーク
公式Instagram

公式YouTubeチャンネル

ベビーパークのYouTubeチャンネルでは、育児に関する情報や通われているお母さまのインタビューなどをアップしております。