読書好きな子に育てるコツ

No.164更新日付:2024年5月21日

一般的に読書をする子どもは学力が高いと言われています。 本を読むだけで学力が伸びるなら、うちの子にもたくさん本を読ませたい!とは思うものの、実際に子どもに本を読ませるのはなかなか大変なことです。

インターネットで調べていても「1週間で10冊は読もう」とか「年間1000冊読ませました!」とか「そんなの無理」と思うような情報がいっぱいです。親自身が本を読むメリットを感じられていなければ、それこそ子どもに本を読ませるのは至難の業です。

でも諦めなくて大丈夫。今からでもやり始めれば、小学生になるころには「うちの子、本ばっかり読んでいるのよね」と言えるようになる方法を紹介します。読書のメリットを理解して、お子さまと一緒に読書を始めましょう。

本を読むことのメリット

文部科学省のHPを見ると次のように書いてあります。
「読書は、人類が獲得した文化である。読書により我々は、楽しく、知識が付き、ものを考えることができる。また、あらゆる分野が用意され、簡単に享受でき、しかもそれほど費用が掛からないという特色を有する。読書習慣を身に付けることは、国語力を向上させるばかりでなく、一生の財産として生きる力ともなり,楽しみの基ともなるものである。
国語力を身に付けるための読書活動の在り方

読書は、知識を得たり、物語を楽しんだり、さまざまなことを考えるために役立つ、ということですね。では、読書のメリットと学力向上にはどのような関係があるのでしょうか。

1.言葉の数が増える

たくさんの本を読めば、それだけたくさんの言葉に出会うことになります。5~6歳になれば、意味はわからなくても、文脈から「こういう意味かな?」と予測して読むこともできるようになります。新しい単語やフレーズを学ぶことで、日常の生活の中で使える言葉も増えてきます。そうすると、TPOに合わせた言葉遣いができるようになったり、3歳くらいのお子さまでも自分の気持ちを表現することが上手になっていくのです。

時々お子さまがとても難しい言葉を使って、「そんな言葉知っているの?すごいね」ということがありますよね。お子さまは明確な意味はわかっていなくても、何となくこういう場面で使うものだ、ということを学んでいるのです。その積み重ねが、文章を理解する力や、書く力を高めることにつながっていくのです。

2.知識が増える

何かについて調べたい時、何かをもっと知りたい時に、本を手にする人も多いのではないでしょうか。3~6歳のお子さまであれば、捕まえた昆虫を図鑑で調べたり、伝記を読んだり、「〇〇のしくみ」などの本を読むことでたくさんの知識を得ることができます。勉強と意識せずに学ぶことができるのは、本を読むことの大きなメリットと言えるでしょう。

例えば、テレビでニュースを見る時も、知識がない状態でみていれば、意味も分からないつまらない番組となるでしょう。しかし、知識がある状態でみれば、「なんでこんなことが起こるんだろう」と考えたり、「こうしたら、こんな事件は起きなかったのにね」と自分の意見を持てるようになります。「これは知らなかった」という場合には、さらなる知識を吸収することもできますね。

本を読んで知識を身に付けることは、思考力を育てるためにも大切なことなのです。

3.想像力が育つ

物語を読んでいると、頭の中にその場面が思い浮かぶことがあります。ここで、世界的に有名なハリーポッターの一場面をみてみましょう。ハリーが魔法学校に到着した時のシーンです。

狭い道が急に開け、大きな黒い湖のほとりに出た。向こう岸に高い山がそびえ、そのてっぺんに壮大な城が見えた。大小さまざまな塔が立ち並び、キラキラと輝く窓が星空に浮かび上がっていた。
(ハリーポッターと賢者の石より抜粋)

いかがですか。映画をみたことがなくても、まるで自分がそこにいるかのように、情景が目の前に広がってくるのではないでしょうか。このような情景はもちろん、見たこともないような魔法や、生き物、それらとの会話を通して、どんどん想像力を膨らませていくことができるのです。

読書を通じて想像力を養うことは、新しいアイデアや視点を生み出すのに役立ち、問題解決能力を高めてくれるのです。

4.集中力がアップする

読書は集中力を向上させるのにも役立ちます。集中力とは、ひとつの物事に対する注意を持続させる力のこと。これは学校や試験の勉強においても非常に重要な能力です。

本の面白さに気付いたお子さまは「さっきから呼んでいるのに全然気付かない!」というくらい集中してしまうこともあります。お子さまが没頭できる本に出会えたら、万々歳ですね。

5.コミュニケーション能力を伸ばす

子どもは本の中で疑似体験をすることで、色々な立場の人の気持ちを知ったり、問題の解決方法を学んだり、思い通りにならない歯がゆさを学んだりします。そして、どんな風に伝えれば相手に理解してもらえるのかを、身に付けた語彙力や想像力をつかって学んでいきます。そうすることで、コミュニケーション能力を伸ばしていくのです。

家族と過ごす時間の多いお子さまであればなおさら、自分や家族とは違う相手がいることを認識したり気持ちを知ることで、相手の立場に立った言動ができるようになったり、感情をコントロールする能力が身に付いたりするでしょう。「自分」を中心としたコミュニケーションから「相手」も意識したコミュニケーションができるようになったらいいですね。

年齢別 読書への取り組み方

読書のメリットはお分かりいただけたと思います。ここからは、お子さまがひとりでも本を読めるようになるための読書への取り組み方をお伝えしましょう。

3~4歳のお子さまの場合

3~4歳のお子さまに自分で読ませるなら、まずは短い絵本から始めましょう。赤ちゃんの時に読み聞かせていた、単語の少ない本がおすすめです。「じゃあじゃあびりびり」などの簡単な絵本を選びます。

「赤ちゃんの本なのに…」なんて思わないでください。赤ちゃんの時にはお母さんが読んで、絵を見たり音から学ぶことに使っていた絵本ですが、自分で文字として捉え、音読して学ぶには絶好の教材なのです。自分で読めるようになると、子どもは嬉しくて何度でも何度でも同じ本を読み続けます。繰り返し読むことで、ひとつひとつの文字が単語として認識されていきます。

5~6歳のお子さまの場合

5〜6歳になると、ほとんど不自由なく言葉でコミュニケーションがとれるようになります。本を読むことで空想の世界を楽しみながら、物語の内容をより深く理解することができるようになってきます。

この年齢になったら、これまでよりストーリーにボリュームがある絵本に挑戦してみましょう。長く複雑な物語の世界に触れることで好奇心がかき立てられ、想像する力もますますふくらみます。図書館を利用して、できるだけ多くの物語絵本に触れるのがおすすめです。興味があると思う本があれば、どんどん読ませていきましょう。

まだ、自分で読むことが難しいお子さまには、読み聞かせでも大丈夫です。自分が興味のある本であれば、いつもは親が読み聞かせをしていたのにある日突然自分で読んでいた、ということもありますから楽しみですね。

本を与える時の注意点

大人は同じ絵本を繰り返し読ませるより、新しい絵本やもっと難しい絵本を読ませようとしてしまいがちです。しかし子どもは、「新しいもの」と同じくらい「おなじみのもの」を大事にします。何度でも読みたがるのは、何か心を満たしてくれる力がその絵本にあるからです。

3~6歳のお子さまは、次々と新しい絵本に出会うより、「これは自分の本」としっかり抱きかかえて離さない絵本を持てることが大切です。お子さまもいつかは必ず別の本に興味を示す時がきますから、焦らずゆっくりと待ってあげましょう。

どうしても本を読むのが苦手なお子さまへの対処

本を読むのが好きではないお子さまは、文字を単語でとらえるのが苦手という場合が多いようです。ですからまずは、お子さまと一緒に遊びながら短い文章で練習をしていきましょう。

1.かるた遊び

お子さまにかるたの読み札を読ませて、親がその札を取ります。キャラクターのかるたは簡単な文章になっていますし、ことわざかるたなら、親がお子さまにことわざの意味も読んであげれば、遊びながら言葉を覚えることもできます。

2.すごろく遊び

すごろくで止まったマスに書いてある指示を大きな声で読んでもらいます。最近はすごろくBOOKのようなものもありますし、バリエーションが豊富ですから、それだけ目にする単語も多くなります。

まとめ:大人が楽しみながら取り組むことが大切

お子さまが読書をするかどうかは、ご家庭の環境も大きく影響しています。大人が読み聞かせをすることや自分が本を読むことを負担に感じてしまうと、お子さまも本を読むことがイヤになってしまいます。

寝る前など、読書タイムを決めて大人が楽しみながら読み聞かせをしたり、読んでいる姿を見せてあげれば、きっとお子さまも読書が好きになりますよ。

「読書・読み聞かせ」のことに興味があるなら、こちらの記事もオススメです

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/60c928346e1b4208bfed903958bdbacc/NO191-%E2%91%A0.jpeg
3歳~6歳の育児

絵本から児童書へ ~絵本の読み聞かせから活字に移行するために必要なことを解説~

現在、3~6歳くらいの保育園や幼稚園に通っているお子さまに、積極的に絵本の読み聞かせをおこなっている親御さんは多いと思います。「読み聞かせ」が子どもの成長に大きな効果があることは、コラムNo.148「「読み聞かせ」の効果は?~その驚くべき成長効果と、注意点について紹介~」でもご説明いたしました。子どもが読み聞かせに慣れてくると一緒に文字を読んだりするようになって、そのすらすらと読めている我が子の姿を見ると、そろそろ絵本だけでなく児童書を読ませてあげてもよいのかな?と感じたりすることがあると思います。こちらのコラムでは、子どもが絵本から児童書に移行していくにあたって、どのような能力が必要なのか、またその育て方について解説しています。子どもの適切な成長の参考になっていただければ幸いです。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/0afc30ff82c54e928b0535f226f71feb/img01.jpg
その他

「読み聞かせ」の効果は?~その驚くべき成長効果と、注意点について紹介~

子育てをしているお母さんなら、「読み聞かせ」について一度は聞いたことがあると思います。とはいえ、子どもの成長に大きな効果があると聞いて取り入れているものの、このやり方で本当によいのかな?、効果はあるのかな?と感じている方も多いのではないでしょうか?こちらのコラムでは、気になる「読み聞かせ」について、始めるべきタイミングやその効果性、また「読み聞かせ」をおこなう際に気を付けるポイントなどを解説していきます。結論からいうと、やはり子どもの成長に大きな効果のある「読み聞かせ」、ぜひこちらのコラムで疑問を解消して、子どもにしてあげてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/c361fbe27b9448358527a0d9e6241879/img01.jpg
1歳~3歳の育児

本を大好きな子供に育てるには~幼児期の読書について~

よく世間でもいわれるように、幼児期から読書の習慣をつけることは子どもの感性や学力を伸ばすのに非常に有効であるといえます。お母さんの読み聞かせから始まり、日常の中に絵本があることで子どもは本になじみ、自然と読書好きになっていきます。この記事では、幼児期からの読書がもたらすすばらしい効果、子どもを本好きにさせるポイントや読み聞かせのコツをご紹介いたします。ぜひ参考にしてみてくださいね。

3歳~6歳の育児」の新着記事

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/26126d1042304f13ae2bf65cb5c69382/Elementary%20school%20entrance%20exam.jpg
3歳~6歳の育児

「お受験」とは?小学校受験はいつから準備すべき?費用、メリット・デメリットも解説

お子さんが小学校に進学する前に、多くの親御さんが考える「お受験」。しかし、「お受験」と一口に言っても、その実態や準備の仕方、かかる費用やメリット・デメリットなど、よく分からないという方も多いのではないでしょうか。本記事では、小学校受験を控えた親御さんに向けて、お受験の基本から、準備のタイミング、さらに成功へのポイントまで、分かりやすく解説します。お受験に必要な情報をしっかりと把握し、子どもの大切な一歩を支えるための準備を始めましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/8f066d7fe11645069654541f12f99c02/%E5%B9%BC%E7%A8%9A%E5%9C%92%E3%81%AE%E5%85%A5%E5%9C%92%E5%BC%8F%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%A4%EF%BC%9F.jpg
3歳~6歳の育児

幼稚園の入園式っていつ?日程から服装・式典マナーまで徹底ガイド!

入園式は、子供たちにとっても親にとっても、新しい生活のスタートラインです。この大切な節目を前に、多くの家庭で準備や期待の気持ちが高まっていることでしょう。本記事では、幼稚園の入園式に関わる疑問や不安を解消し、スムーズに当日を迎えられるよう、日程や服装、マナーについて詳しくご紹介します。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/4e4ad788c5434fa38b4d5a09891296b5/%E5%B9%BC%E7%A8%9A%E5%9C%92%E3%81%AF%E4%BD%95%E6%AD%B3%E3%81%8B%E3%82%89%E5%85%A5%E3%82%8C%E3%82%8B%E3%81%B9%E3%81%8D%EF%BC%9F.png
3歳~6歳の育児

幼稚園は何歳から入れるべき?ベストな入園時期と保育年数を徹底ガイド!

赤ちゃんだった子供が1~2歳を迎える頃になると、「幼稚園って何歳から入園できるの?」と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。この記事では、幼稚園入園に関する基礎知識から、保育年数の選び方、さらに幼稚園選びのポイントや入園までの準備について、分かりやすく解説します。あなたの子供にとって最適な集団生活のスタートを切るために、一緒に幼稚園について見ていきましょう!
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/23c64a049cac4fcb87a17336973ce948/3%E6%AD%B3%E5%8D%8A%E3%81%A7%E3%82%AA%E3%83%A0%E3%83%84%E3%81%8C%E5%8F%96%E3%82%8C%E3%81%AA%E3%81%84%E5%8E%9F%E5%9B%A0%E3%81%A8%E3%81%AF%EF%BC%9F.png
3歳~6歳の育児

3歳半でオムツが取れない原因とは?効果的なトイレトレーニングの進め方

トイレトレーニングは、子どもの成長における大きな節目の一つです。子どもの成長には個人差がありますが、特にトイレトレーニングに関しては、その進み具合に親御さんが不安を感じることも少なくありません。3歳半頃になってもオムツが取れないという場合、何か原因があるのか、親はどのように対応すれば良いか、不安になる方も多いのではないでしょうか。この記事では、トイレトレーニングをスムーズに進めるために、親が知っておくべき情報を詳しくご紹介します。この記事を読んで正しい知識を身につけ、親子で安心してトイレトレーニングに取り組みましょう!
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/2fd816bd0645428eadef8fbe0659c429/3%E6%AD%B3%E3%81%AE%E3%81%B2%E3%81%A9%E3%81%84%E5%A4%9C%E6%B3%A3%E3%81%8D%E3%81%AF%E3%81%84%E3%81%A4%E3%81%BE%E3%81%A7%E7%B6%9A%E3%81%8F%EF%BC%9F%20(1).png
3歳~6歳の育児

3歳のひどい夜泣きはいつまで続く?原因とすぐに試せる安心の対処法

子どもが夜中に突然泣き出す「夜泣き」に、多くの親御さんが悩まされています。特に3歳を過ぎてからも夜泣きが続くと、「まだ夜泣きをするのは普通なのか」「何か病気なのではないか」と心配になるかもしれません。この記事では、夜泣きの理由と、それが起きやすい年齢、ひどい夜泣きがいつまで続くのかについて、詳しく解説します。また、夜泣きに対する具体的な対処法も紹介するので、ぜひこの記事を読んで試してみてください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/0bfe1a37f7cf420a9ca732e5ec685c1a/4%E6%AD%B3%E3%81%AE%E3%81%B2%E3%81%A9%E3%81%84%E7%99%87%E7%99%AA%E3%81%AF%E3%81%84%E3%81%A4%E3%81%BE%E3%81%A7.png
3歳~6歳の育児

4歳のひどい癇癪はいつまで?発達障害との関係や親の対処法

4歳の子供が示す強い感情の爆発、「癇癪」に直面することは、多くの親にとって大きな悩みの種です。この記事を通して、4歳のお子さんの癇癪の背後にある理由、対応策、そして発達障害との関連性について、わかりやすくご説明します。この難しい時期を親子で上手に乗り越えるためのヒントをお伝えしますので、ぜひ最後までご覧ください。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/c18cc342f72e4ca7aac9025fc61cf837/%E3%80%8E3%E6%AD%B3%E5%85%90%E7%A5%9E%E8%A9%B1%E3%80%8F%E3%81%AE%E8%B3%9B%E6%88%90%E6%84%8F%E8%A6%8B%E3%81%AF%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%A0%E3%81%91%EF%BC%9F.jpg
3歳~6歳の育児

『3歳児神話』の賛成意見は日本だけ?不安に思う親が心得ておくべきこと

子供の成長に関する「3歳児神話」は、日本の育児界でよく話題になります。この記事では、そんな3歳児神話の起源、日本と外国での受け止め方の違い、そして現代の育児への影響を探ります。さらに、3歳の子供の心と体の発達、現代の育児でのこの神話の位置付け、そして育児をもっと楽しむためのアドバイスについてもお話しします。現代の親が抱えている不安を少しでも和らげ、子育ての楽しさを再発見できるようにする方法を、一緒に見ていきましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/bcf84d903fab4930969178023fd477fd/4%E6%AD%B3%E3%81%AE%E5%8B%89%E5%BC%B7%E3%81%AF%E3%81%A9%E3%81%86%E6%95%99%E3%81%88%E3%82%8B%EF%BC%9F.jpg
3歳~6歳の育児

4歳の勉強はどう教える?楽しみながら学びを深めるコツ

4歳のお子さんがいるご家庭では、勉強の仕方に頭を悩ませることも多いかもしれません。この記事では、そんなお悩みを解決するために、子供が勉強を楽しめるようなアイデアやコツをご紹介します。また、子供が学びに夢中になれるよう、親がどうサポートするかも大切なポイントです。勉強が「しなければならないこと」から「したいこと」へと変わるようなヒントが満載です。この記事を読んで、親子で一緒に勉強の楽しさを見つけていきましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/74e8d0c6b9804b03af701edc7e2f27b7/3%E6%AD%B3%E3%81%AE%E9%A3%9F%E4%BA%8B%E3%80%81%E4%BD%95%E3%81%8C%E6%AD%A3%E8%A7%A3%EF%BC%9F%E5%BF%85%E8%A6%81%E3%81%AA%E6%A0%84%E9%A4%8A%E7%B4%A0%E3%82%84%E3%83%A1%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%80%81%E4%BC%9D%E3%81%88%E3%81%9F%E3%81%84%E9%A3%9F%E4%BA%8B%E3%83%9E%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%81%BE%E3%81%A7%E8%A7%A3%E8%AA%AC.jpg
3歳~6歳の育児

3歳の食事、何が正解?必要な栄養素やメニュー、伝えたい食事マナーまで解説

3歳の子供を持つ親にとって、毎日の食事は悩みの種になりがちです。好き嫌いが多かったり、なかなか集中して食べてくれなかったりと、頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。この記事では、子供の成長に欠かせない栄養素、楽しく健康的な食事メニュー、そして子供に伝えたい食事マナーまで、詳しく解説します。家族での食事のひとときをより心温まる、充実したものにしていくためのヒントを探してみませんか?
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/5ac2762d93b743aab0bd1f822bbc9315/%E7%99%87%E7%99%AA%E3%82%92%E8%B5%B7%E3%81%93%E3%81%99%E5%AD%90%E3%81%A9%E3%82%82%E3%81%A8%E6%AF%8D%E8%A6%AA.png
3歳~6歳の育児

3歳児の癇癪、いつまで続く?イヤイヤ期を乗り越える効果的な対処法

3歳のお子さんを持つ親御さんにとって、子供の癇癪は日常生活の大きな悩みです。この記事では、3歳児の癇癪の原因とその対処法、癇癪が落ち着く時期について、ベビーパーク・キッズアカデミーの知見を交えながら、3歳児の癇癪に困っている親御さん向けに解説します。この記事を読んで、親子の毎日を穏やかにし、親子関係を強くするヒントを探りましょう!
ベビーパークは
育児がもっと楽しくなる
親子教室です
「親⼦の絆」をテーマにした
お母さまのための教室

レッスン開始のお歌とごあいさつ。英語の歌を聞いてる!こうやって日常の中に英語を盛り込む事が大切なんですね!

叱らなくてもすむ育児

3歳までの子供を叱ることは百害あって一利ありません。ベビーパークで育った子供たちは叱らなくても良いのです。叱る必要がないのです。

3歳までの心や脳に
最適な育児法

3歳までの環境でお子様の土台ができあがります。言葉を話す能力も、自分の気持ちをコントロールする能力もこの期間にほとんど形成されます。

全国の教室を探す

ベビーパーク、キッズアカデミーは全国に

200教室

(2024年5月時点)

都道府県で探す

北海道・東北エリア
関東エリア
中部エリア
近畿エリア
中国エリア
四国エリア
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
九州・沖縄エリア
無料体験レッスン
受付中!

期間限定で0円(無料)にて
体験レッスンが受講できます

1
オンライン体験前説明会

約30分

0~3歳児教育の秘密や、レッスン内のアクティビティの意味について、お伝えいたします。事前に目的を知った上でアクティビティを⾏うと、その効果は素晴らしいものになります。

2
教室でのレッスン

約50分

実際に生徒さまが通われている本レッスンのクラスに参加いただき、約10分のマザーリングと約40分のレッスンをお楽しみいただきます。
マザーリングでは月齢毎の育児知識が学べます。フルレッスンでは、知能・身体・心の発達に働きかける様々なアクティビティを体験できます。

まずは体験してください。楽しい無料体験レッスン受付中♪ レッスン料最初の2ヵ月無料。入室金無料。無料体験レッスンを詳しく見る

※1 初めご入室頂く方。または退室から6ヵ月を経過して再入室される方が対象。4ヵ月目末まで通室いただく事が条件となります。
※2 体験終了当日に入室意思を頂戴した方が対象。

ベビーパーク
公式LINEアカウント

ベビーパーク
公式Instagram

公式YouTubeチャンネル

ベビーパークのYouTubeチャンネルでは、育児に関する情報や通われているお母さまのインタビューなどをアップしております。