母乳育児は難しくない①~赤ちゃんにとっては母乳育児が一番!~

No.113更新日付:2024年5月21日

「母乳育児」と聞くと、皆さまはどのような印象を持つでしょうか? 「大切なこと」だとは感じつつも、なかなかおっぱいが出ない、子どもが飲んでくれない、夜中の授乳が大変など、「つらい」という感情をお持ちの方も多いと思います。

ですが、この「つらい」の原因になっている感情は、実は本当は悩む必要のないことで悩んでしまっていることが多いのです。

こちらのコラムでは、母乳育児についての正しい知識やメリットをまとめています。特にはじめての授乳だと慣れないことも多いものですが、必要以上に「つらい」と感じず母乳育児が進められる手助けになれれば、と思います。

母乳育児を正しく知ろう~出産直後は母乳が出なくて当たり前

先述しましたように、最近多くのお母さんが母乳育児に苦労する最大の要因として、母乳育児についての正しい知識が世の中に広まっていないことが挙げられます。哺乳動物の妊娠したすべてのメスが乳汁を分泌するというのは大自然の摂理です。人間だけがその摂理から外れるはずがあるでしょうか。

産後48時間以内に3ccでも乳汁が分泌したならば、それは間違いなく母乳の出るおっぱいです。この重要な基本原則を多くの医療関係者までもが誤解していることも、母乳育児の苦労の原因の一つといえるでしょう。

新生児に粉ミルクや糖水を与えることは自然な母乳育児の確率を妨げる医療介入の一つなのです。出産後24時間は母乳が一滴も出ない、退院する頃まで1日の分泌量は30㏄未満でも何の心配もいりません。当たり前の状態なのです。

母乳育児のすばらしい仕組み

赤ちゃんにとって母乳がもっともすぐれた栄養源であるということは疑う余地がありません。母乳の知識をより詳しく知ることで、赤ちゃんをより一層健康的に育てることが可能だと考えます。

母乳は子どもの状態に合わせてオーダーメイドされている

例えば、早産のお母さまの母乳は正期産の場合と比べて脂肪濃度が高く、タンパク質やナトリウムの量も多いのです。つまり未熟に生まれた赤ちゃんの成長を助けるように母乳成分が自然に調整されているのです。

また、1回の授乳中にも母乳の成分は変化しています。飲み始めの母乳は脂肪量が比較的少なく味は淡泊なので食欲が進むようになっています。ところが飲み終わる頃になると脂肪の量が増えて濃厚な味になるので赤ちゃんは自然に満腹感を覚えます。ですから適正な母乳育児の赤ちゃんは肥満になる心配がありません。

さらに、不思議なことに前回飲んだ量を母親の脳は記憶しており、次回の授乳時には前回の量をわずかに上回る程度の母乳が分泌されます。母乳育児の解説書などで、「授乳後には乳房にたまったお乳を搾乳して空っぽにしておきましょう」と書かれてあるものがありますが、極力それは避けるべきだと考えます。

空っぽにしてしまうと、お母さまの脳は赤ちゃんがそれだけの量を飲んだと勘違いして、現在の赤ちゃんに必要な量以上の母乳を分泌してしまいます。その結果、悪循環を生み出し、乳腺炎などおっぱいトラブルの原因になります。「ほぼ空っぽだけど、まだほんのわずか残っている」と感じる程度で授乳を終えるのがベストと考えます。

世間の「標準」を気にする必要はない

赤ちゃんは一人一人生まれてきた時の体重も、日中の活動量もまったく異なりますから、粉ミルクのように「標準」が同じとは限らないのです。母乳はまさにその子ただ一人のためだけに調整された栄養バランスであり、分泌量はお子さまの成長に合わせて細かく自然制御されるのです。

世間では、これまた「標準」と比較して「赤ちゃんの体重の増えが悪い場合には粉ミルクを足す」という指導法が蔓延していますが、この考え方は危険だと思います。世間の「標準」など気にせず、わが子のありのままをつぶさに観察して、「わが子限定の普段の様子」を見つけ出すことが大切です。

赤ちゃんが母乳を吸いだすにはある程度練習が必要です。ですから生後すぐの赤ちゃんは乳頭をくわえていてもほぼお乳が飲めないまま疲れて眠り、でもお腹が空いていればすぐにまた起きておっぱいに挑戦します。これを何度も繰り返すうちに、赤ちゃんは必要な動きも筋力も身に付けるのです。

生後5日間程度で分泌される初乳は成乳(通常の母乳)と比べると、成長に必要なタンパク質を倍以上も含んでいますから、産後3日くらいは母乳が10cc程度しか出なくても赤ちゃんの体重が減ってもまったく心配いりません。この時期に病院で粉ミルクを与えられてしまうことが、母乳育児が軌道に乗らない要因の一つでもあるように思います。

母乳育児をすることでスキンシップが増える

母乳育児の他のすばらしい点は、スキンシップ量が増えることです。現在すっかりミルクで育児なさっている方でもまだまだ母乳が出る可能性は十分にありますが、様々な事情で母乳はやめてミルク育児を決めた場合もあるでしょう。

1回のミルク量が多いのでよく眠るのは大人にとって大変ありがたいものですが、母乳育児と比較するとどうしても刺激を与えてあげる、抱っこをする回数が減ってしまうこと等が懸念されます。それを補完するためにはできるだけ意図的にスキンシップをとるようにしましょう。

母乳育児は赤ちゃんを病気から守り、丈夫な体に育てる

最近の粉ミルクは栄養面ではかなり母乳に近づける研究がなされています。しかし、赤ちゃんを病原菌から守る感染防御因子の存在までは真似することができません。

不幸にして病気で亡くなられた赤ちゃんの死亡率を調べると、粉ミルクの子は母乳の子の4倍であることが統計的に報告されています。初乳には、細菌やウイルスやアレルギーの原因となる物質の侵入を防ぎ、体内に侵入した異物を退治する効果があります。そしてこれらの免疫物質は成乳にも含まれています。

栄養摂取の主体が母乳から食事に切り替わっていけば、1日の授乳回数は格段に少なくなります。食事量に合わせて授乳回数を次第に減らし、2歳では1日1~2回、健康保管食品・病気予防薬だと思って3歳の誕生日ごろまで与え続けたいものなのです。

母乳育児は大脳皮質をめざましく育てる

人間の赤ちゃんは運動機能よりも大脳皮質を発達させていきます。生後3年間に複雑で豊かな感情を学び、人見知りを通して他人との高度なコミュニケーションの基盤を作り、そして言語能力と知能を驚くほど発達させていきます。

母乳は脳の発達に必要な乳糖が非常に多く含まれている

このような人間特有の発育過程に応じて、母乳には牛乳に比べて筋肉や体を作るタンパク質が少なく、かわりに脳が発達するためのエネルギーである乳糖が非常に多く含まれています。さらに脳や目の発達に欠かせないタウリンというアミノ酸も豊富に含まれており、てんかん発作を抑える働きや、心臓や肺の機能を正常に保つ働きもあります。そして乳児発育に適切な量のカルシウムとリンも含んでいます。

牛乳に比べ母乳はミネラル含有量が少ないと言われますが、ミネラル分が多いと腎機能に負担がかかります。子どもの腎機能が十分に発達するのは8~9歳ごろといわれているので、母乳のミネラル含有量が理想的なのです。

近年、母乳育児は見直されている

母乳育児のよさが改めて見なおされるようになった結果、ある大手育児用品メーカーが実施したアンケートによると、2004年には、母乳育児が44%、混合が23%、ミルクのみが33%だったのに対し、2007年には母乳56%、混合41%、ミルクのみはなんと3%にまで激減していました。

混合の方でも27%はほぼ母乳がメインでミルクも足すということですので、数ヵ月で完全母乳に移行可能です。するとほぼミルクのみという方は17%ということになり、よって83%の人がほぼ母乳メインで育児できるようになったのです。3年間で2倍に増えていることになります。お母さまや医療関係者、そして世の中全体の意識さえ変われば、誰にでも母乳育児は可能だということの証明ではないでしょうか。

ふたたび母乳育児を試してみる時の方法

生後8ヵ月未満でミルク育児をしていて、もしもまだ母乳育児できないか試してみたいという方は、ミルクの前に30秒~1分程度お母さんの乳首をくわえさせてみましょう。

母乳が分泌されるためには、お母さんの脳の中で赤ちゃんの反応に応じて信号が発信されるシステムを作り上げなければなりません。母乳が作られるにはプロラクチンというホルモンの分泌が不可欠ですが、これは妊娠・出産したからといって十分な量が出るものではありません。赤ちゃんが何回も乳頭に刺激を与えることでようやく少しずつ分泌されるようになってきます。

このシステムは出産直後がもっとも確立しやすく、今まったく母乳が出る気配がない、ということでしたら3~4ヵ月かかるかもしれないですし、今からでは出ない可能性もあります。ダメもとでやってみようという方は、子どもが病気にならないおまじないというつもりで気楽にチャレンジしてみましょう。

まとめ:自然の摂理を信じて、構えずに母乳育児をしよう

いかがでしたでしょうか?

母乳を与えるということが、いかに各々の子どもの状態に適するように制御されるかということ、それゆえに世間の「標準」に無理に合わせるほうが母子双方によくない部分がある、ということが理解できたかと思います。

どうしても最初はおっぱいが出ないと不安になったり、赤ちゃんがおっぱいを飲まないと不安になりますが、必要以上に心配せず、長年の大自然の摂理を信じて大きく構えて母乳育児をしてみましょう。

次のコラムNo.114「母乳育児は難しくない②~母乳育児のコツを学ぼう~」では、母乳育児をしていくなかで、よく出てくる悩みにスポットを当てて、対処法や心構えを記載しています。よかったらあわせて読んでみくださいね。

「授乳・母乳育児」のことに興味があるなら、こちらの記事もオススメです

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/50ec53247f10477291dff6d42d6c9085/breast-milk-jewelry.jpg
赤ちゃんの育児

乳児の断乳マニュアル!赤ちゃんもママも快適なやり方とタイミングを解説

断乳は母親にとって大きなチャレンジであると共に、赤ちゃんの成長にとっても重要なステップになります。この記事では、断乳の正しいやり方やタイミングについて詳しく解説します。断乳と卒乳の違いから断乳のおすすめ時期や断乳中のママのおっぱいケア方法など、具体的で役に立つアドバイスをお伝えします。断乳をスムーズに進めるためのコツやパパとの協力方法も紹介しますので、初めての断乳に不安を感じているママも安心して実践できる内容です。ぜひこのガイドを参考にして、赤ちゃんと一緒にスムーズな断乳を目指しましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/68a0baf9b99e4bb4838e9e162aa3a147/when-stop-formula-transition-baby.jpg
赤ちゃんの育児

赤ちゃんのミルクはいつまで必要?適正タイミングや量の減らし方などスムーズにやめる方法をご紹介

子育ての中で「赤ちゃんにミルクはいつまで与えるべきか」という疑問を抱える親御さんは少なくないでしょう。特に初めての育児では、ミルクのやめるタイミングや適切なフォローアップミルクの選び方が分からず、不安を感じることも少なくありません。この記事では、赤ちゃんの成長に合わせたミルクの与え方や、スムーズにミルクを卒業するための方法をわかりやすくご紹介します。赤ちゃんの成長に合ったミルクのあげ方を理解し、安心して次のステップに進むことができるようになるでしょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/d1b909dd69f84c618e0a41f4f2b16cee/milk%20bottle.jpg
1歳~3歳の育児

卒乳はいつする?スムーズなやり方やタイミング、断乳との違いまで徹底解説!

子育ての大きな節目として、親子にとって特別な意味を持つ「卒乳」。しかし、特に第一子の場合、「卒乳はいつ頃行えばよい?」「スムーズに卒乳を進めるにはどうしたらいいの?」など不安を感じている、という方も多いのではないでしょうか。この記事では卒乳の適切なタイミングやスムーズに進めるための方法、そして断乳との違いまで、わかりやすく解説します。卒乳を成功させるための知識を身につけ、この大切な時期を母子共に穏やかに過ごすための一歩を踏み出しましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/0e6046204b664d83a09ca3f095b57608/img01%20(18).jpg
赤ちゃんの育児

おっぱいが出ない、子どもがおっぱいを飲まない…原因や対処法を紹介

出産したらすぐにおっぱいが出ると思っていたママも多いでしょう。しかし、思うようにおっぱいがでないケースもあり、個人差が大きいものです。またせっかくおっぱいが出ても子どもが飲まないこともあります。子どもにおっぱいをあげられないと不安になりますよね。今思うようにおっぱいが出なくてもできることがあります。子どもが思うようにおっぱいを飲まないときにもできることがあります。今回はそんな授乳の悩みについて、原因や対処法について解説いたします。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/9b2e592601ae4746888a63a1e54d0882/img01%20(16).jpg
赤ちゃんの育児

母乳育児は難しくない②~母乳育児のコツを学ぼう~

「母乳育児」と聞くと、皆さまはどのような印象を持つでしょうか? 「大切なこと」だとは感じつつも、なかなかおっぱいが出ない、子どもが飲んでくれない、夜中の授乳が大変など、「つらい」という感情をお持ちの方も多いと思います。ですが、この「つらい」の原因になっている感情は、実は本当は悩む必要のないことで悩んでしまっていることが多いのです。前回のコラムNo.113「母乳育児は難しくない①~赤ちゃんにとっては母乳育児が一番!~」では、母乳育児のメリットや正しい知識についてまとめています。今回は、主に母乳育児をしていくなかで出てくるお悩みについて、その対処法やコツをまとめています。あわせて参考にしてみてくださいね。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/73e7aa0d6dc442a8ba5e571952fcb410/img01%20(1).jpg
赤ちゃんの育児

母乳育児は難しくない③~母乳育児成功の秘訣について~

「母乳育児」と聞くと、皆さまはどのような印象を持つでしょうか? 「大切なこと」だとは感じつつも、なかなかおっぱいが出ない、子どもが飲んでくれない、夜中の授乳が大変など、「つらい」という感情をお持ちの方も多いと思います。これまで、コラムNo.113「母乳育児は難しくない①~赤ちゃんにとっては母乳育児が一番!~」では、母乳育児のメリットや正しい知識についてまとめています。また、コラムNo.114「母乳育児は難しくない②~母乳育児のコツを学ぼう~」では、主に母乳育児をしていくなかで出てくるお悩みについて、その対処法やコツをまとめています。そしてこちらのコラムでは、さらに具体的な母乳育児時の対処法について事例ごとにまとめています。併せて参考にしてみてくださいね。

赤ちゃんの育児」の新着記事

https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/9c331303739840b29fa7dda48d6687f4/baby%E2%80%90with%E2%80%90eyes%E2%80%90closed.jpg
赤ちゃんの育児

赤ちゃんが首を左右に振るのはなぜ?その意味や理由を解説します

赤ちゃんが首を左右に振ると、その行動に戸惑う親御さんも多いでしょう。首を振る行動が激しかったりあまり頻繁だったりすると「首を振るのは異常?」「いつまで続くの?」といった疑問を持つ親も少なくありません。この記事では、赤ちゃんが首を振る理由や注意すべきポイント、対応方法について詳しく解説します。赤ちゃんの首振り行動の背景にある理由をお伝えします。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/9c75fe264a754244a07f627388d36537/zuribai%E2%80%90baby.jpg
赤ちゃんの育児

赤ちゃんのずり這いはいつから?平均的な時期の目安や前兆・練習方法までガイド

赤ちゃんの成長の中で、多くの親が心待ちにするのが「ずり這い」の時期です。ずり這い(ずりばい)は、赤ちゃんが自分の力で移動し始める最初のステップであり、発達の重要な節目です。親として日々赤ちゃんの成長を間近で見ていると、「ずり這いはいつから始まるのか?」、「お座りとどちらが先なのか?」、「早い子と遅い子の違いは?」といった様々な疑問が出てくるのではないでしょうか。この記事では、ずり這いの平均的な時期やその前兆、ずり這いをしない場合の練習方法などについて詳しく解説します。これを読んで、赤ちゃんの成長に関する不安や疑問を解消し、自信を持ってサポートできるようになりましょう!
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/50ec53247f10477291dff6d42d6c9085/breast-milk-jewelry.jpg
赤ちゃんの育児

乳児の断乳マニュアル!赤ちゃんもママも快適なやり方とタイミングを解説

断乳は母親にとって大きなチャレンジであると共に、赤ちゃんの成長にとっても重要なステップになります。この記事では、断乳の正しいやり方やタイミングについて詳しく解説します。断乳と卒乳の違いから断乳のおすすめ時期や断乳中のママのおっぱいケア方法など、具体的で役に立つアドバイスをお伝えします。断乳をスムーズに進めるためのコツやパパとの協力方法も紹介しますので、初めての断乳に不安を感じているママも安心して実践できる内容です。ぜひこのガイドを参考にして、赤ちゃんと一緒にスムーズな断乳を目指しましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/68a0baf9b99e4bb4838e9e162aa3a147/when-stop-formula-transition-baby.jpg
赤ちゃんの育児

赤ちゃんのミルクはいつまで必要?適正タイミングや量の減らし方などスムーズにやめる方法をご紹介

子育ての中で「赤ちゃんにミルクはいつまで与えるべきか」という疑問を抱える親御さんは少なくないでしょう。特に初めての育児では、ミルクのやめるタイミングや適切なフォローアップミルクの選び方が分からず、不安を感じることも少なくありません。この記事では、赤ちゃんの成長に合わせたミルクの与え方や、スムーズにミルクを卒業するための方法をわかりやすくご紹介します。赤ちゃんの成長に合ったミルクのあげ方を理解し、安心して次のステップに進むことができるようになるでしょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/897108153eff47d89b0361dcd9c07370/troubled%20mother%20and%20a%20child%20having%20fun.jpg
赤ちゃんの育児

後追いはいつから始まっていつ終わる?行動の理由やベストな対応策も紹介

初めは寝てばかりいた赤ちゃんが、ハイハイできるようになる頃から始まる「後追い」。子供の成長は嬉しいけれど、あまりにも後追いがひどいとどのように対応すれば良いのか、いつまで続くのか・・・、と悩む親も多いでしょう。この記事では、赤ちゃんがなぜ後追いを始めるのか、その行動の背後にある心理や発達のメカニズム、そして後追いが自然に減っていく時期や対処法について詳しく解説します。親子の毎日をより良くするヒントを見つけましょう!
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/27e2e9e3bdf74f15b265836c01956384/ducks%20hot%20spring.jpg
赤ちゃんの育児

赤ちゃんとの温泉旅行、いつからOK?必要な準備や注意点を知って安全に楽しもう!

子供が生まれると、家族での旅行も一つの大きなイベントです。特に、赤ちゃんを連れての温泉旅行は、親子の大切なふれあいの時間となりますが「赤ちゃんには温泉はいつから安全なの?」や「どんな準備をしていけばいいの?」といった疑問を持つ方も多いのではないでしょうか。この記事では、赤ちゃんとの温泉デビューに最適な時期や温泉に入る際の注意点を分かりやすく解説します。赤ちゃんが快適に温泉を楽しむための知識を身につけ、安心して温泉旅行を楽しむための第一歩を踏み出しましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/822c0728f00f43d1be83e8ae3477a160/baby%20pointing.jpg
赤ちゃんの育児

赤ちゃんの指差しサインはいつから?その意味や指さしをしない場合の理由を解説!

赤ちゃんが何かを伝えたい時、言葉を使う前にしばしば見せる行動が「指差し」です。この小さなジェスチャーには、さまざまな意味や目的が込められていることをご存知でしょうか? 赤ちゃんが初めて指を差すのはいつからか、また、その後どのように進化していくのか、そして、指差しをしない場合、その理由にはどのようなものがあるのか。これらの疑問にお答えします。この記事を通じて、赤ちゃんの指差しに込められた「メッセージ」を理解し、赤ちゃんとのコミュニケーションをさらに深めましょう。それでは、さっそく詳しく説明します。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/f47eca0d70944162a7ea3133ecddffaa/baby%20brushing%20teeth.jpg
赤ちゃんの育児

赤ちゃんの歯磨きはいつから始める?ガーゼや歯ブラシの使用方法や嫌がる時の解決策まで徹底解説!

親にとって、赤ちゃんの健康は何よりも大切です。赤ちゃんに初めて小さな乳歯が生えてきたとき、その成長を喜ぶと共に、歯磨きについての疑問も出てくるのではないでしょうか。この記事では、赤ちゃんの歯磨きをいつから始めれば良いのか、そしてどのようにして進めれば良いのか、分かりやすく説明します。使用するべきツールや、赤ちゃんが歯磨きを嫌がる場合の対処法についてもご紹介。赤ちゃんの歯磨きに関してよくある疑問を解消し、健康な歯を育む第一歩を踏み出しましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/2291b6ac9899493289c1c9758c9aa3af/%E3%82%AB%E3%82%A6%E3%83%97%E6%8C%87%E6%95%B0%E3%81%A8%E3%81%AF%EF%BC%9F%E8%B5%A4%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93%E3%81%AE%E8%82%A5%E6%BA%80%E3%81%AE%E5%88%A4%E6%96%AD%E5%9F%BA%E6%BA%96%E3%83%BB%E5%B9%B4%E9%BD%A2%E5%88%A5%E6%A8%99%E6%BA%96%E5%80%A4%E3%80%81%E8%82%A5%E6%BA%80%E4%BA%88%E9%98%B2%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6%E8%A7%A3%E8%AA%AC%20(1).jpg
赤ちゃんの育児

カウプ指数とは?赤ちゃんの肥満の判断基準・年齢別標準値、肥満予防について解説

健康な体を維持するためには、適切な体重管理が大切です。特に成長期にある赤ちゃんにとって、体重と身長のバランスを見ることは重要な健康管理方法の一つとなります。この記事では、赤ちゃんの健康状態を把握するための重要な指標であるカウプ指数について詳しく解説します。カウプ指数を理解することで、赤ちゃんの健康管理に役立てていきましょう。
https://images.microcms-assets.io/assets/6c64954891644003a572887d8ebf23fb/5e0b1ed731194c899f17cc93ad1a6d03/%E8%B5%A4%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93%E3%81%AE%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%80%81%E3%81%84%E3%81%A4%E3%81%8B%E3%82%89%EF%BC%9F.jpg
赤ちゃんの育児

赤ちゃんのファーストシューズ、いつから?選び方とサイズ、履かせるベストタイミングまで徹底ガイド

赤ちゃんが初めて靴を履く瞬間は、親にとっても子供の成長を感じる大きな節目です。しかし、いつからファーストシューズを履かせるべきか、どのように選べば良いのか、サイズはどう判断するのか、など迷うことも多いのではないでしょうか。この記事では、こうした疑問について、分かりやすく詳しく説明します。お子様の足の健康を守り、快適に歩き始めるための第一歩を、一緒に踏み出しましょう!
ベビーパークは
育児がもっと楽しくなる
親子教室です
「親⼦の絆」をテーマにした
お母さまのための教室

レッスン開始のお歌とごあいさつ。英語の歌を聞いてる!こうやって日常の中に英語を盛り込む事が大切なんですね!

叱らなくてもすむ育児

3歳までの子供を叱ることは百害あって一利ありません。ベビーパークで育った子供たちは叱らなくても良いのです。叱る必要がないのです。

3歳までの心や脳に
最適な育児法

3歳までの環境でお子様の土台ができあがります。言葉を話す能力も、自分の気持ちをコントロールする能力もこの期間にほとんど形成されます。

全国の教室を探す

ベビーパーク、キッズアカデミーは全国に

200教室

(2024年5月時点)

都道府県で探す

北海道・東北エリア
関東エリア
中部エリア
近畿エリア
中国エリア
四国エリア
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
九州・沖縄エリア
無料体験レッスン
受付中!

期間限定で0円(無料)にて
体験レッスンが受講できます

1
オンライン体験前説明会

約30分

0~3歳児教育の秘密や、レッスン内のアクティビティの意味について、お伝えいたします。事前に目的を知った上でアクティビティを⾏うと、その効果は素晴らしいものになります。

2
教室でのレッスン

約50分

実際に生徒さまが通われている本レッスンのクラスに参加いただき、約10分のマザーリングと約40分のレッスンをお楽しみいただきます。
マザーリングでは月齢毎の育児知識が学べます。フルレッスンでは、知能・身体・心の発達に働きかける様々なアクティビティを体験できます。

まずは体験してください。楽しい無料体験レッスン受付中♪ レッスン料最初の2ヵ月無料。入室金無料。無料体験レッスンを詳しく見る

※1 初めご入室頂く方。または退室から6ヵ月を経過して再入室される方が対象。4ヵ月目末まで通室いただく事が条件となります。
※2 体験終了当日に入室意思を頂戴した方が対象。

ベビーパーク
公式LINEアカウント

ベビーパーク
公式Instagram

公式YouTubeチャンネル

ベビーパークのYouTubeチャンネルでは、育児に関する情報や通われているお母さまのインタビューなどをアップしております。